ど変態

e0296801_3254919.jpg
人の趣味趣向や感性は自由ですし、自分も含めて皆何かしらの偏りがあるのが人間です。そういう意味では皆変態でもあるのだけれど、それでも自身の率直な感性からすれば「ど変態」としか思えない生理的嫌悪感を催す習性の人もいて、その人が忌み嫌われるのも感覚的に分かり過ぎてしまう時があります。
私的には差別を憎む者として自問自答させられる瞬間。

「生理的嫌悪感」の範疇は人それぞれ異なっているのですが、多分、それが自分の「生理的嫌悪感」とも重なっていて、尚且つ周囲の社会の最大公約数的にもそのように見える場合に「ど変態」と認識してしまうのでしょう。
ですが、「生理的嫌悪感」はその人の感覚だから、「そう感じるな」と強制することもできないし、まあ、実際は最大公約数なんかに合致していなくとも、みんな自分なりに「これは珍しくもないけど、自分的には堪え難い」と感じる範囲を、各自かなり幅広く持っているのが現実だと思います。
衛生観念や食事マナー、性的事柄などの、直接生理感覚に訴えるものほど、否定し難い個人差が生まれる、という一般傾向にはありますが、それが価値判断の根深いところにまで及んでいるのも事実です。

感性の相違を自覚し合ってこそ、自分とは違う相手の多様性を認められるのだけれど、日本人が一番歴然と鈍いのはそこだ、と私は常々感じています。
基本、自分と人とが大して違わないと捉えていて、違っている相手は協調できる圏内にいない異物で「悪い存在」だ、と短絡しやすい文化風潮の中で育ってきているのです。

これは戦後の画一化された教育や人権意識の貧困というものがまずあって、具体例を挙げていくと、教室の中でも多数決を取って決める訓練をしてきたので、少数の意見や習性の人物の個性を認める、という方向の認識が未発達だ、というのもあるし、そもそも独立した生活体系を持つ宗教や民族毎の相違が比較的軽い中央集権国家の島国で、相手の空気を読んで忖度で物事を決めていく、という文化の問題も大きい気がします。
それらの諸問題の集積が、議論した上で合議を図る民主主義社会に必須の下地が未だに不十分、という状態を作り出してしまっています。

ですが、文化の問題のせいなどにせずとも、自分とは異なる相手に迫害や強制は極力避けながらも、どう距離を保ちつつ並存して暮らすか、というところこそ、実は人間の理性が日常的に一番要求される瞬間であり、そこは人間存在にとって世界共通のテーマであるようにも思えます。

私はアキバ系オタクのある種の踊りや喋り方がどうしても好ましくは感じないかも知れないし、相手は私の大好きなカレーの匂いを嗅いだだけで吐き気を催すなど、私とはまるっきり感性・感覚が違うかも知れません。
それでも、そういう生理的嫌悪感や感覚差だけで、相手を小馬鹿にしたり、非難する理由をこじつけて攻撃することがあってはならない訳です、少なくとも同じ場所に共存して社会を営む上での原則としては。

ですが、やっぱり美意識とか感性は理屈だけでは共有しようがないものです。ここは人間の真実として認めるべきです。
なので、例えば戦争反対とか原発反対と書かれたステッカーの意図には賛同できても、そこに描かれている絵柄が自分の趣味に合わない最近のアニメの萌えキャクターか何かだったら、私は色々理由をつけてそれを使わないと思います。

主張の論理的な中身には賛同できるのに、どうにも気持ち悪く感じてしまう集団のカラーというのさえあります。もう、そういう場合は一番自分の生理的感覚の好き嫌いを直接口にできない。
でも、短期間、特定の目的のためだけに協調していくことは可能でも、深く長く関わっていくとなると、やはり感性の問題も無視できないはずです。効率は気乗りするかしないかで大いに違ってくるものです。黙って他の場所に行った方がいい話だと思います。

結構、そういう感覚の次元を否定していると、道義的な理由とは異なった次元でお互いに衝突しやすくもなるのが人間です。自分の趣味趣向や感性を相手に押し付けるのに、別次元の大義名分を探し出して、無意識のうちにわがままになったりするのです。特に男性は四角四面でそこの部分を自覚するのが遅い傾向にあるので、要注意な気もします。
人間が自己欺瞞なく行動するのは難しいからこそ、自覚や自問自答は大切ですね。
[PR]
by catalyticmonk | 2016-02-04 00:24 | 異端者を作り出し疎外する社会 | Comments(0)


溢れ出る部分を勝手にやっています。異端者のあなた、多分私はあなたの味方か仲間です。 河元玲太朗


by catalyticmonk

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
インド生活
貨幣経済
学校教育
チャップリン
経済開発と環境破壊
忘れ物
輪廻転生
言論の自由と情報リテラシー
自己経歴
名古屋及び尾張地方の土地柄
貧困差別・人権教育
不安夢
旅の糧
異端者を作り出し疎外する社会
瞑想センター
大量消費社会の本質
読書
Drawling Stone
ネアンデルタール人
盗作事件
プロパガンダ報道
ゆとり社会
皆影響され翻弄される
人間は必ず過ちを犯す
地球人
優越感の生物学的功罪
グローバリゼーションと全体主義
衆愚政治の回避と個の確立
季節の変わり目
ネグレクト、児童虐待
生と死のリテラシー
宗教の救済性と排他性
地元意識と首都
ブラック企業
反戦
湯宿ファンタジー
福島第一原発事故
陰謀論とオカルト
魔女狩り
性の分断
ジェンダー
依存症
ネオテニー論
ゲマインシャフト
希望社会
意思疎通
メディアリテラシー
個の尊重と人権
イスラエル
風俗業
集団的自衛権
嫌韓嫌中
サイコパス
ごみ屋敷
呪術
ファッション
食品添加物
ポジティブ思考
表現の自由
太鼓持ち芸人
無縁社会
経済と個人の実存
ヤンキー文化
精神医療
監視社会
相互抑圧
思想の自発的更新性
消費課税
高度情報化社会とSNSに感ずる諸々
草の根市民運動と選挙
マイノリティー差別
喫煙
人間の尊厳
支配構造
地震
食事
セクシャリティ
推敲
オトコ
アイドル
未分類

フォロー中のブログ

最新のコメント

https://www...
by catalyticmonk at 14:52
しかし、この内容でFac..
by catalyticmonk at 13:08
そう、普段の生活からやっ..
by catalyticmonk at 02:00
日本人って、価値観が異な..
by あ# at 16:50
分かります。 それが便..
by catalyticmonk at 17:51
その力が国民にはあるから..
by catalyticmonk at 17:32
総理は社長かもしれません..
by きょうかいな at 22:42
ども(・Д・)ノ
by catalyticmonk at 18:36
本当の自分の強みや弱味っ..
by 双子ママのErin at 22:46
なんかどことなく高円寺の..
by catalyticmonk at 19:34

メモ帳

最新のトラックバック

venushack.com
from venushack.com
venushack.com
from venushack.com
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
呪術師,寄合,メディア
from 哲学はなぜ間違うのか
シールズ関西のブログ記事
from 御言葉をください2

ライフログ

検索

ブログパーツ

最新の記事

癒着と平等
at 2017-09-07 00:12
女は怖い
at 2017-08-21 00:29
秘訣は変わる
at 2017-08-21 00:17
気が遠くなる幸せ
at 2017-08-21 00:02
「神」という呼び方についての私見
at 2017-08-16 00:33
従順な冷酷
at 2017-08-15 21:09
アイドル文化について
at 2017-08-08 02:04
既存の左翼文化・自称リベラル..
at 2017-08-08 00:40
他人の不幸は蜜の味、という言..
at 2017-08-04 00:02
生命倫理としてのガン
at 2017-08-03 23:47
繰り返さないために忘れてはな..
at 2017-07-26 00:42
ゴシップ嗜好と日本の民主主義
at 2017-07-21 20:50
自己アピールとひがみ
at 2017-07-21 20:37
ひとと違う意見は罪な国
at 2017-07-21 20:14
自己啓発本の罠
at 2017-07-21 20:00
トンデモさん
at 2017-07-21 19:41
民主主義未満
at 2017-06-19 01:29
自由と命の爪跡
at 2017-06-19 00:11
市民共闘
at 2017-06-18 06:07
私が病気をしてから日本の政治..
at 2017-05-23 23:37

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

健康・医療
哲学・思想

画像一覧