多様性と共生社会

e0296801_12531299.jpg
パリの家にはカーテンがない、とか、知らない人と話す事が多様性を認め合う社会になる、みたいな内容の記事があり、SNS上でシェアしたら、いろんな意見が出ていて。
ただ、それらがかなり微妙な話である気もして、私自身がフランス通な訳でもないのですが、現代の日本人の他人との距離を俯瞰する上でも、あまりいい加減なコメントはしない方がいいな、と思ったので、別途、いくらか書いてみようと思った次第です。

他の方も書いておられましたが、海外に行くと気軽に挨拶されるのでほっとします。これは、翻って今の日本の、特に都会の事情をよく表している気がします。
逆に、日本のように表面上の愛想を重んじる社会も少ない。もちろん、一定の社交辞令や礼儀は存在するのだけれど、それを日本人ほど強い意識で維持しようとする世界は極めて稀です。

気に入らない相手には挨拶されても堂々と無視するような距離感は日本では珍しい訳ですが、そうすれば無視された側は無理しなくても、そういうところには近づかない方が無難だと知るサインにもなります。インドでも西洋社会でも、基本、多種多様な価値観や異なる人種、共同体の人がいますからね、日本みたいに一々相手に頑張って合わせようとする方が無理なんです。だから、その分、もっと割り切った面も大きくなる。

相手側の多様性を認めつつも、同じ空間に共生している、という、程々の距離が気持ちいい訳ですが、これは相手も自分と大きくは異らず、互いに気遣ったり忖度で協調性を図っていこうとする文化が根強い日本人には、体験しないとなかなか理解出来ない感覚かも知れません。

私が垣間見て知っただけでも、フランス人は相当特殊かつ複雑で、矛盾に満ちた興味深い人々でした。アジア的な共生社会の尺度とはまるで違うので簡単には言えないでしょうね。
私がフランス語が全く話せないのに、フランス人の彼女がいただけで超仲間扱いされたり、その私よりもドイツ語圏の人間を毛嫌いしていたり。複雑かと思えばアイコンタクトや微妙な動作だけでテレパティックに自分の感情や意思を伝える能力に長けていたり。

シャンペン職人のおじさんとも仲良くなりましたが、彼がなぜインドやムスリム圏が好きなのかという理由が「ムスリムの人達はとても親切で礼儀正しく温かい。インドでも年長者だというだけで、みんなホスピタリティが高くて丁寧に扱ってくれるし、気さくだ。でも、もし君がフランスにいたら、誰も君を助けてくれないだろうよ!」という事でした。
他の仲良くなった体育教師の夫婦も同じような事を言っていて、「フランス人は何かを信じているんだよ。もし、俺の庭をかき乱したら、俺はお前をぶっ殺す、うん、これだな!」と言っていました。

多分、それぞれのプライバシーを守る、自分達の家の空間を大切にする、というところを重視しているみたいなんですね。その代わり、その生活圏内部の同胞にはムチャクチャ開放的だし、気が利いている、といった感じで、日本人とまるで違う物差しな気がします。

でも、私もそれに近いところはあります。まず、知らない相手に話しかけるのは平気。ただ、気取ったよそよそしい雰囲気の連中とは、もう5分と一緒に居たくない気分になります。
ずっと一人暮らしだし、日本の学校が大嫌いだったので、集団生活は苦手なんだろう、と思っていたら、インドの瞑想センターとか、韓国人のルームメイトと共同生活する前にも韓国人集団の中に紛れ込むとか、病院生活が結構快適とか、どうにも毎回人一倍集団生活に順応が早くて。

なんでかなあ、と不思議だったんですが、よくよく思い返してみると、まず私は最初に母の実家の農家で育っていて、そこが大家族で、人の出入りが多く、私には自分の部屋がなかった。その影響は絶大な気がします。
反面、母の実家にもきちんと所属していない外孫という居候の立場、と位置付けられていて、そこに根を張って生きられない、というのも分かっていました。
また母の実家自体が蔵や納屋、田んぼや畑、川が周辺に並んでいるかなり独立した空間で、母の実家が一族の本家である旧家だったので親戚は大勢出入りする一方で、隣の別の農家とは長年仲が悪くて行き来がない、といった感じで、家風としてもまさにフランス人の「もし俺の庭をかき乱したら、俺はお前をぶっ殺す」の精神に近かったのかも知れません。

多様性と共生のバランスは国や地域だけでなく、一つの社会の中でも家庭環境や成育環境毎にも多種多様だ、というところでしょう。ですが程よい距離と緩やかな共存・協力関係を築く、という綱渡りを人間社会は模索するより他ないのではないでしょうか。


[PR]
by catalyticmonk | 2017-04-24 12:53 | ゲマインシャフト | Comments(0)


溢れ出る部分を勝手にやっています。異端者のあなた、多分私はあなたの味方か仲間です。 河元玲太朗


by catalyticmonk

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
インド生活
貨幣経済
学校教育
チャップリン
経済開発と環境破壊
忘れ物
輪廻転生
言論の自由と情報リテラシー
自己経歴
名古屋及び尾張地方の土地柄
貧困差別・人権教育
不安夢
旅の糧
異端者を作り出し疎外する社会
瞑想センター
大量消費社会の本質
読書
Drawling Stone
ネアンデルタール人
盗作事件
プロパガンダ報道
ゆとり社会
皆影響され翻弄される
人間は必ず過ちを犯す
地球人
優越感の生物学的功罪
グローバリゼーションと全体主義
衆愚政治の回避と個の確立
季節の変わり目
ネグレクト、児童虐待
生と死のリテラシー
宗教の救済性と排他性
地元意識と首都
ブラック企業
反戦
湯宿ファンタジー
福島第一原発事故
陰謀論とオカルト
魔女狩り
性の分断
ジェンダー
依存症
ネオテニー論
ゲマインシャフト
希望社会
意思疎通
メディアリテラシー
個の尊重と人権
イスラエル
風俗業
集団的自衛権
嫌韓嫌中
サイコパス
ごみ屋敷
呪術
ファッション
食品添加物
ポジティブ思考
表現の自由
太鼓持ち芸人
無縁社会
経済と個人の実存
ヤンキー文化
精神医療
監視社会
相互抑圧
思想の自発的更新性
消費課税
高度情報化社会とSNSに感ずる諸々
草の根市民運動と選挙
マイノリティー差別
喫煙
人間の尊厳
支配構造
地震
食事
セクシャリティ
推敲
オトコ
未分類

フォロー中のブログ

最新のコメント

そう、普段の生活からやっ..
by catalyticmonk at 02:00
日本人って、価値観が異な..
by あ# at 16:50
分かります。 それが便..
by catalyticmonk at 17:51
その力が国民にはあるから..
by catalyticmonk at 17:32
総理は社長かもしれません..
by きょうかいな at 22:42
ども(・Д・)ノ
by catalyticmonk at 18:36
本当の自分の強みや弱味っ..
by 双子ママのErin at 22:46
なんかどことなく高円寺の..
by catalyticmonk at 19:34
コメントありがとうござい..
by catalyticmonk at 19:23
個人的に楽しむ次元」だと..
by ガス抜き at 23:08

メモ帳

最新のトラックバック

venushack.com
from venushack.com
venushack.com
from venushack.com
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
呪術師,寄合,メディア
from 哲学はなぜ間違うのか
シールズ関西のブログ記事
from 御言葉をください2

ライフログ

検索

ブログパーツ

最新の記事

民主主義未満
at 2017-06-19 01:29
自由と命の爪跡
at 2017-06-19 00:11
市民共闘
at 2017-06-18 06:07
私が病気をしてから日本の政治..
at 2017-05-23 23:37
忘れ物
at 2017-05-23 23:06
いいじゃんか、ちょっとふっく..
at 2017-05-23 22:37
手法の相違と大同団結
at 2017-05-23 22:27
差別意識と社会構造
at 2017-05-19 12:43
死を忌み嫌うマナー
at 2017-05-15 00:58
精神論の適用可能範囲
at 2017-05-14 01:41
いじめ社会
at 2017-05-12 00:18
手術前日の夢
at 2017-05-10 00:34
外づらのいい日本人と共生社会
at 2017-05-09 00:07
個人の自由と公共性の間にあるもの
at 2017-05-04 10:38
「ファム・ファタール」が表す..
at 2017-05-01 23:27
ワイドショー的な文化
at 2017-05-01 02:25
陰謀論と社会運動
at 2017-05-01 00:38
多様性と共生社会
at 2017-04-24 12:53
民主社会と内輪ノリ
at 2017-04-24 01:43
便利で華やかな貧しさについて
at 2017-04-24 01:30

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

健康・医療
哲学・思想

画像一覧