カテゴリ:ゆとり社会( 2 )

報酬と経済のゲーム性

まあ、保守的というか今さらながらに新自由主義的というか、大変な世の中になって来ていて、ある種の人達と話してみたり、隣で話されている会話の内容を聞いていると絶句してしまうような時もあるわけですが。

経済の再分配には「倫理」と「努力に応じた報酬」の両方が必要だと思います。そして、そのどちらの場合の根幹に大切なのは「公平性」だとも。
誰も彼も年老いたり病気になったりするのですから、福祉が大切なのは当然のこと。弱者をお情けで助けてあげる、というような高飛車な理屈でもないと思うんです。
逆に頑張ったら報酬が得られてもいいと思うし、それが歪んだ道理だとも感じないのですが、例えば一人が百人分千人分も富を独占するのもおかしい。そこには努力に見合った報酬以上の経済のゲーム性という抽象的なマジックが介在していて、そこはやはり野放しにされてはいけないはずです。
そういうものは社会が人工的に作り出したものです。一人の人間の実力だけで生み出される次元のものではない。だからこそ、社会が一部の権力者の所有物のようになって、社会が社会としての公共性を失わないよう、一定のブレーキを掛ける必要があるんだと思います。

取り敢えず私が新自由主義的な風潮の全般に対して感じるのは、社会の経済的底辺に行くほど税金を払うだけ払わされ搾り取られるばかりで、いざという時にほとんど援助を得られない、という状況を推し広める理不尽さ。
搾取労働させられまくった挙句に病気になったり障害を負ったり、或いは単に年老いただけであっても、稼ぎが減れば身内や世間からも白い眼で見られ、国はハードルを上げまくって公的支援の窓口に辿り着けるのはほんの一握りでまともに援助もしてくれないはではお話になりません。そんな社会や公共機関ならカツアゲするチンピラか追い剥ぎと変わらないじゃないか、ということです。
まず何よりそういう不公平をやめようよ、と。本当にそういうシンプルで当たり前の話をみんなもっと直視しようよ、と思うだけなんです。
難しい理屈や高い教養がないと分からないことでもないですよね。
[PR]
by catalyticmonk | 2014-07-12 08:57 | ゆとり社会 | Comments(0)

ゆとり社会と民主主義

e0296801_11574369.jpg
私は世界中を隈なく見てきたような人間では到底ないのですが、それでもアメリカでも働いていたし、インドのような発展途上国にも三年ばかり住んで、その他の国々も多少垣間見る機会はありました。色々な外国人の意見も耳にしました。その印象の限りでは日本より忙しく人々が生活している国は、多分世界中どこにもありません。せいぜいニューヨークくらいじゃあ......。
とにかく、その根底にあるものが能率至上主義なのか競走社会なのか、高度成長した市場経済の物質中心性なのか、なんであれ、この異常な忙しさこそが、直接的に日本人からきちんと立ち止まって考え生きる心のゆとりを奪っている原因だと私は思います。

この国では文化や芸術といったものが商業的利益や権力者の都合で作られた流行・経済効率といったもの主導で動いていますが、人々をそれに盲従させ得るのも、立ち止まり自発的に考えれないほどの異常な忙しさの魔力です。忙しいから自分の狭い立ち位置でしか世の中を見れないんです。

e0296801_11405816.jpg政治的にも日本人が真の主体性に目覚めるには、まずゆとり社会を築いていかなければ心許ない面があるのでしょう。
会社の上司があの政党に入れれば公共事業が削減されなくて自分達の仕事にとっていいと話していたとか、景気が悪くて給料減ったから原発停止したらもっと不景気になるってテレビや新聞でも言っていたぞとか、気に入らない隣国にも勇ましい態度でスカッとさせてくれるあの候補者を支持しよう等々、自分で何かを自発的に調べたり考える余裕もないほど日々がんじがらめなので、そんな目先の話に終わりがちになってしまい、問題の抜本的改革にまでなかなか世の中の流れが進まないのです。
こんなに物質的に豊かで清潔で安全な国もないのですが、その素晴らしい日本の長所も今や足元から揺らいでいる気がします。経済の長期停滞と格差社会の進行が何をもたらしているかは言うに及ばず、新自由主義的従米政党の躍進とともに過剰に管理・制約されたアメリカ型競争社会の足音が聞こえてきています。

目の前の職場環境を変えていければ一番なのですが、それはあまりにも生活を人質に取られていて、現実問題として庶民には強大過ぎるハードルです。既成の権力構造を変革しようにも民意を左右する情報が根本的に操作されているので、社会的に広く支持された大規模な連帯を築いていくのが非常に難しかったりもします。

ゆとり社会を作り出すには、まず最初に人々の洗脳を解くために、この国の中で既存大手メディア以外の新しい情報発信のあり方を普及させる必要があるはずだと思うとともに、そもそも人々の情報に対するリテラシーや取捨選択の認識が大きく個の確立の方向に脱皮して変わらなければならないのでしょう。
正直、私に確実な妙案はありません。しかし、一人一人がその人なりに声を上げていかなければ何も始まらないとは思うのです。そして声を集めて模索しなければならない。まさにそういう形の目覚めが社会総体として興らなければならないし、その認識が私達の希望となるでしょう。
e0296801_1274340.jpg

[PR]
by catalyticmonk | 2014-01-08 00:04 | ゆとり社会 | Comments(0)


溢れ出る部分を勝手にやっています。異端者のあなた、多分私はあなたの味方か仲間です。 河元玲太朗


by catalyticmonk

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
インド生活
貨幣経済
学校教育
チャップリン
経済開発と環境破壊
忘れ物
輪廻転生
言論の自由と情報リテラシー
自己経歴
名古屋及び尾張地方の土地柄
貧困差別・人権教育
不安夢
旅の糧
異端者を作り出し疎外する社会
瞑想センター
大量消費社会の本質
読書
Drawling Stone
ネアンデルタール人
盗作事件
プロパガンダ報道
ゆとり社会
皆影響され翻弄される
人間は必ず過ちを犯す
地球人
優越感の生物学的功罪
グローバリゼーションと全体主義
衆愚政治の回避と個の確立
季節の変わり目
ネグレクト、児童虐待
生と死のリテラシー
宗教の救済性と排他性
地元意識と首都
ブラック企業
反戦
湯宿ファンタジー
福島第一原発事故
陰謀論とオカルト
魔女狩り
性の分断
ジェンダー
依存症
ネオテニー論
ゲマインシャフト
希望社会
意思疎通
メディアリテラシー
個の尊重と人権
イスラエル
風俗業
集団的自衛権
嫌韓嫌中
サイコパス
ごみ屋敷
呪術
ファッション
食品添加物
ポジティブ思考
表現の自由
太鼓持ち芸人
無縁社会
経済と個人の実存
ヤンキー文化
精神医療
監視社会
相互抑圧
思想の自発的更新性
消費課税
高度情報化社会とSNSに感ずる諸々
草の根市民運動と選挙
マイノリティー差別
喫煙
人間の尊厳
支配構造
地震
食事
セクシャリティ
推敲
オトコ
未分類

フォロー中のブログ

最新のコメント

そう、普段の生活からやっ..
by catalyticmonk at 02:00
日本人って、価値観が異な..
by あ# at 16:50
分かります。 それが便..
by catalyticmonk at 17:51
その力が国民にはあるから..
by catalyticmonk at 17:32
総理は社長かもしれません..
by きょうかいな at 22:42
ども(・Д・)ノ
by catalyticmonk at 18:36
本当の自分の強みや弱味っ..
by 双子ママのErin at 22:46
なんかどことなく高円寺の..
by catalyticmonk at 19:34
コメントありがとうござい..
by catalyticmonk at 19:23
個人的に楽しむ次元」だと..
by ガス抜き at 23:08

メモ帳

最新のトラックバック

venushack.com
from venushack.com
venushack.com
from venushack.com
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
呪術師,寄合,メディア
from 哲学はなぜ間違うのか
シールズ関西のブログ記事
from 御言葉をください2

ライフログ

検索

タグ

ブログパーツ

最新の記事

民主主義未満
at 2017-06-19 01:29
自由と命の爪跡
at 2017-06-19 00:11
市民共闘
at 2017-06-18 06:07
私が病気をしてから日本の政治..
at 2017-05-23 23:37
忘れ物
at 2017-05-23 23:06
いいじゃんか、ちょっとふっく..
at 2017-05-23 22:37
手法の相違と大同団結
at 2017-05-23 22:27
差別意識と社会構造
at 2017-05-19 12:43
死を忌み嫌うマナー
at 2017-05-15 00:58
精神論の適用可能範囲
at 2017-05-14 01:41
いじめ社会
at 2017-05-12 00:18
手術前日の夢
at 2017-05-10 00:34
外づらのいい日本人と共生社会
at 2017-05-09 00:07
個人の自由と公共性の間にあるもの
at 2017-05-04 10:38
「ファム・ファタール」が表す..
at 2017-05-01 23:27
ワイドショー的な文化
at 2017-05-01 02:25
陰謀論と社会運動
at 2017-05-01 00:38
多様性と共生社会
at 2017-04-24 12:53
民主社会と内輪ノリ
at 2017-04-24 01:43
便利で華やかな貧しさについて
at 2017-04-24 01:30

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

健康・医療
哲学・思想

画像一覧