カテゴリ:ブラック企業( 2 )

ブラック企業

参院決算委 吉良よし子議員の質問
https://m.youtube.com/watch?feature=youtu.be&v=SZ3JkwYNmyw

こんなものを観たら、私からしたらありがとう、としか言いようがありません。

フレッシュネスバーガーとかなか卯とかすき家などとバンバン具体的な企業名を上げてブラックな就労実態を告発、総理にタイムカードを押すのは何番目なのか答えて下さい、と詰め寄り、とうとう最初に押すべきもの、と答えさせているところなど痛快です。
就労前に着替えや社訓の唱和諸々の行為の後でタイムカードを押せ、というのは明らかな違法行為でありながら全国に蔓延しているのであり、こういう社会規模でなし崩しにされている不正を、クイズ形式だ何だと揶揄されながらも一国の総理大臣に違法だと認めざるを得なく仕向けるというのはさすが。

ハローワークなんかへ行ってもかなりの高確率でブラック企業を紹介されてしまう、というのも現実ですよね。問題があると把握されていた企業すら紹介してしまう現実があるのではどうしようもない。
新卒採用向けには不適切だと思われる企業の社名を公表しなければブラック企業など根絶出来ない、というのも真っ当な話。バレていても黙認される社会でどうしてなくなるものか。
それを「貴重なご意見として賜りたいと思います」なんて答えるのがどんな慇懃無礼で不誠実な政府としての態度か、これは観た人なら誰でも分かりますよね?

私が隊長を務めていた夜間工事の現場へ無理な配番を事務所から押し付けられて、早朝持病の喘息の発作を起こして薬が切れていて病院も開いていなくてそのまま亡くなってしまった中野さん。
拒食症になっていて渾身の気力を振り絞って再就職したのに、痩せ衰えた容姿を気味悪がられ、たった2日で自主退社させられ、その翌々日に心臓発作で死んでしまったフクコ。
現場でユン棒で足を引かれたのに工事中止になりたくなくて救急搬送でなく懇意の病院に連れて行こうと朝まで監督の車の中に寝かせられて、結局半年も働けなくなってうつ病になってしまったNさん。
大阪のコンピューター会社が最後夜逃げ倒産した時、私がその空っぽの会社の鍵を開けて呆然としていたら、残されたホワイトボードに「帰ってやる!絶対に帰ってやる!何年かかっても必ず北海道に帰ってやる」となぐり書きをしていった、経済弱者として会社の夜逃げにまで付き合わされたらしい私のかつての同僚女性(http://catalytic.exblog.jp/20971369/)。

散々低賃金で搾取労働させられて来た挙句に障害や病気を抱えても、親戚に資産家がいるからなんてどうでもいい理由で何の社会的援助も受けられず、人にも言えないようなセコいせどり商売とかしていて社会的にも完全孤立しているとか、養わなければならない要介護の親兄弟や精神障害の家族がいるけれど年金だけではどうにもならない、などといった理由で、自身はまともに病院へも通えず自殺行為に等しい生活を送る人生もあります。

私が落ちぶれて風俗店で働いていた時の風俗嬢の人たちの経済弱者として性搾取される女性たちの惨状は言うに及ばず、です(http://catalytic.exblog.jp/22193424/)。
私はあの体験があるから、日本は性の文化が豊かだ、なんて喜んで水商売や風俗を無邪気に肯定する気になれない。
今、この社会環境の中で仕方なくそうした選択をして頑張っている人たちを見下すようなことは決してあってはならない。ですが、現実はたいてい真逆なのです。そうした性搾取的構造を利用して楽しんでいる者たち自身が、一番そうした職業で働く人たちを一段違った別世界の住人で自分たちとは対等でない何者かであると、恐らくはその根底では人間ではなく「商品」であるとして見なしているのです!

彼らに努力の足りなさがあったのか?
仮に落ち度もあったとしても、あんな風に追い込まれた人がみんな器用に自己努力だけで人生を挽回出来たのか?
そして、彼らの塗炭の苦しみの上に築かれた豊かさの中で安住している人々が、どの顔を下げて彼らに「自己責任」なんて観念まで植え付け、さらに自分たちの暮らしを支えてくれている人たちを惨めな思いに陥れるのか?

おーい、みんな、聞いているかい?
今、みんなのために、私たちの味わった無念を晴らすために、この国の腐敗した社会構造の本丸と戦ってくれている人がいるよ!
[PR]
by catalyticmonk | 2015-02-07 21:33 | ブラック企業 | Comments(0)

ブラック企業撲滅を! 〜夜逃げ倒産の思い出

e0296801_12183736.jpg
この記事は基本、私個人の体験談でしかないのですが、勤めていた会社に夜逃げ倒産された時の記憶を、黙って書かないでいるより書いてみた方が何かしら抗議につながるのではないかと思って書いてみたものです。


私は十数年前に大阪のIT企業でコミュニケート・ライターをしていた時に夜逃げ倒産に遭って、最後二ヵ月半分の給料が未払いになるということがあったのですが、その際はノート・パソコンにタイムカード代わりのデータが残っていたので十ヶ月後くらいだったかな?最後には労基署が全額立替払いをしてくれました。
しかし、それは私がかなり運のいいほうだったのだろうし、実際十ヶ月も入るか入らないかも分からないではどうしようもなくて、住んでいたマンションの部屋を追い出されてまたよその土地で急場しのぎの職に就かざるを得なくなって、まあ結構大変でした。

でも、そんなのが一部の裏社会のことだけでもなくて、この国の大企業もそうだったりもしますから、「いやあ、こんな馬鹿みたいな目に遭ってさあ」なんて笑い話じゃ済まないんです。実のところ、会社って潰れる直前には漫画みたいな出来事が山のように起きるものなのですが。
人間は追い詰められるとその人の地が出ます。
勤労と愛社精神について訓示していた上司から先に部下に何も言わず消えていなくなったり、会社がヤクザビルに引っ越して「ここなら取立てにも来れない」なんて言ってたのにしっかり取り立てのヤクザが来たり。下っ端社員ほど金がないからやばいと思ってもなかなか身動き取れないわけですが、その中でも夜逃げ倒産の片棒まで担がされた連中もいるようで...。


私は倒産直前には銀行融資用の事業計画書とそのデータ作成をさせられて、文字通り不眠不休の長時間労働となっていました。それはSEや事務なども含めた他の同僚も同じでした。何ヶ月と給料が滞っているので、十万とか家賃分だけとか仮払いしてもらって働いているわけですね。
それで会長から、「君らが頑張ってくれたおかげで銀行融資が通った。今まで寝ずに頑張ってもらったから、土日祝日併せての連休にする」と言われて、でも私は変な予感がしたので会社の自分用のノート・パソコンだけは強引に持って帰ったわけです。
四日後、出勤してきて会社の入っているフロアの鍵を開けたところ、いくつかのデスクとホワイトボード以外はもぬけの殻で。
「うわあ。」
と一人静かに叫びにもならない声を漏らしたのだけれど、ホワイトボードを見ると何かが殴り書きしてあります。若い女性の字でした。
「帰ってやる!帰ってやる!何年かかっても必ず帰ってやる!北海道に帰ってやる!ゼッタイに、ゼッタイに帰ってやる!」

その会社は本社が札幌だったので、七割がたが北海道出身者でした。私はその赤裸々な心の叫びがそのまま伝わってくるような筆跡の殴り書きを読んで、自分を裏切った同僚を恨むより可哀そうな気分になりました。だって、私はもうここから先はどんなに不利でも自分一人でなんとかやっていくしかないので、こんなたちの悪い茶番劇からは解放され縁も切れるでしょうが、搾取労働者たる上にある種の視野狭窄状態に陥っているらしい彼らは、まだまだ地獄めぐりを続けなければならない様子に思えたからです。

そんな連中が馬鹿なんだ、と笑わないで欲しいです。
底辺の労働者が生活がかかっていると、特に仕事でよその見知らぬ土地に転勤してきた他の職業の経験もない若い女性なんて、技術や経験、財力がなければ三十、四十の男にしたって、本当に無防備で無力なものなのです。吹けば飛ぶような暮らしなんですよ。
私も不眠症と慢性腸炎になって、しばらく睡眠薬中毒になっていましたね。うつ病にこそなりませんでしたが、多分、元々そういうタイプではないようです。悩むよりも前に、浅ましいので死ぬのが怖いという感じでしょうか、私は(笑)。そんな生きるのが大好きな私でも不眠症になるくらいだった、ということです。

本当、ブラック企業撲滅!ですよ。

[PR]
by catalyticmonk | 2014-03-11 01:19 | ブラック企業 | Comments(0)


溢れ出る部分を勝手にやっています。異端者のあなた、多分私はあなたの味方か仲間です。 河元玲太朗


by catalyticmonk

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
インド生活
貨幣経済
学校教育
チャップリン
経済開発と環境破壊
忘れ物
輪廻転生
言論の自由と情報リテラシー
自己経歴
名古屋及び尾張地方の土地柄
貧困差別・人権教育
不安夢
旅の糧
異端者を作り出し疎外する社会
瞑想センター
大量消費社会の本質
読書
Drawling Stone
ネアンデルタール人
盗作事件
プロパガンダ報道
ゆとり社会
皆影響され翻弄される
人間は必ず過ちを犯す
地球人
優越感の生物学的功罪
グローバリゼーションと全体主義
衆愚政治の回避と個の確立
季節の変わり目
ネグレクト、児童虐待
生と死のリテラシー
宗教の救済性と排他性
地元意識と首都
ブラック企業
反戦
湯宿ファンタジー
福島第一原発事故
陰謀論とオカルト
魔女狩り
性の分断
ジェンダー
依存症
ネオテニー論
ゲマインシャフト
希望社会
意思疎通
メディアリテラシー
個の尊重と人権
イスラエル
風俗業
集団的自衛権
嫌韓嫌中
サイコパス
ごみ屋敷
呪術
ファッション
食品添加物
ポジティブ思考
表現の自由
太鼓持ち芸人
無縁社会
経済と個人の実存
ヤンキー文化
精神医療
監視社会
相互抑圧
思想の自発的更新性
消費課税
高度情報化社会とSNSに感ずる諸々
草の根市民運動と選挙
マイノリティー差別
喫煙
人間の尊厳
支配構造
地震
食事
セクシャリティ
推敲
オトコ
アイドル
未分類

フォロー中のブログ

最新のコメント

https://www...
by catalyticmonk at 14:52
しかし、この内容でFac..
by catalyticmonk at 13:08
そう、普段の生活からやっ..
by catalyticmonk at 02:00
日本人って、価値観が異な..
by あ# at 16:50
分かります。 それが便..
by catalyticmonk at 17:51
その力が国民にはあるから..
by catalyticmonk at 17:32
総理は社長かもしれません..
by きょうかいな at 22:42
ども(・Д・)ノ
by catalyticmonk at 18:36
本当の自分の強みや弱味っ..
by 双子ママのErin at 22:46
なんかどことなく高円寺の..
by catalyticmonk at 19:34

メモ帳

最新のトラックバック

venushack.com
from venushack.com
venushack.com
from venushack.com
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
呪術師,寄合,メディア
from 哲学はなぜ間違うのか
シールズ関西のブログ記事
from 御言葉をください2

ライフログ

検索

ブログパーツ

最新の記事

癒着と平等
at 2017-09-07 00:12
女は怖い
at 2017-08-21 00:29
秘訣は変わる
at 2017-08-21 00:17
気が遠くなる幸せ
at 2017-08-21 00:02
「神」という呼び方についての私見
at 2017-08-16 00:33
従順な冷酷
at 2017-08-15 21:09
アイドル文化について
at 2017-08-08 02:04
既存の左翼文化・自称リベラル..
at 2017-08-08 00:40
他人の不幸は蜜の味、という言..
at 2017-08-04 00:02
生命倫理としてのガン
at 2017-08-03 23:47
繰り返さないために忘れてはな..
at 2017-07-26 00:42
ゴシップ嗜好と日本の民主主義
at 2017-07-21 20:50
自己アピールとひがみ
at 2017-07-21 20:37
ひとと違う意見は罪な国
at 2017-07-21 20:14
自己啓発本の罠
at 2017-07-21 20:00
トンデモさん
at 2017-07-21 19:41
民主主義未満
at 2017-06-19 01:29
自由と命の爪跡
at 2017-06-19 00:11
市民共闘
at 2017-06-18 06:07
私が病気をしてから日本の政治..
at 2017-05-23 23:37

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

健康・医療
哲学・思想

画像一覧