インドのカルトヴェリ

e0296801_15273317.jpg
e0296801_16105381.jpg
https://m.youtube.com/watch?v=YH262xCtKHQ

グルジア人の男の友達なら一人とても仲のいいのがいたけど、グルジアの歌ってこんな感じなんだ!(◎_◎;)
地中海人種っぽいなあ。でもロシアというか、スラブ民族の雰囲気にも近いし(スラブ系ではないのですが)、お、お、面白い!
因みに、グルジアというのはロシア語読みなので、彼らにはどちらかと言うと英語読みで「ジョージア」と呼んだ方が好まれるようです。自分達のことを「カルトヴェリ」と呼びます。

e0296801_01193425.jpge0296801_16350490.jpg先述の仲の良かったカルトヴェリの友人の名はダビド、通称デイヴィッドと言って、何事にも動じない誠実で友達思いの男で、おまけに超のつく美青年でした。インド滞在中、瞑想センターなどの施設が北部の山側では全部閉鎖されてしまう冬の時期の越冬で南インドに行った際に、モルジン・ビーチという所のロシア人が経営するカフェの従業員として働いていた彼と知り合い、仲良くなったのでした。
「もしお前がロシアに生まれてモスクワに住んでいたら、それはとてもとてもラッキーなんだ。ジョージアは物凄く貧しいから、物価の安いインドで働いてバイクに乗ったり、好きな時に海へ行き、友達と会い、飲食も自由に出来る、そんな自由があるここの暮らしの方が俺の人生に取っちゃ素晴らしいのさ。そんな暮らし、ジョージアで一生働いていたって出来ないよ。お金を稼いで生活を向上させる望みがあるのは星粒のようにわずかな恵まれた家庭環境の奴らだけだ。
ロシア人やジョージアの仲間だってここに旅行に来た連中と会って話も出来るから寂しくもないし、こうやって生まれた場所は違えど肩を並べて心置きなく一緒に飲めるお前だって仲間だ。人種も生きる場所も関係ないんだ。自由だよ。それを選ぶのは俺達なんだ」
そう彼は語っていました。

e0296801_06505292.jpge0296801_01445030.jpgそんなふうにこのジョージアの歌の動画を観た機会に日本では馴染みの薄いカルトヴェリの友だちのことを思い出したら、異民族と接する際に感じる皮膚感覚としてかなりリアルな部分の記憶まで色々とフラッシュバックして来ました。自分の生まれ育った生活環境の範囲内でなら言い辛いから感じているのに話題にせず抑圧されてしまうような感覚に避け難く直面するのが異文化交流の面白いところだったりします。自分の内側で眠っていた何かまで意識の表層に掘り出されてくるんですね。なので、この機会に大真面目に生々しいこともいくらか書いてみようと思います。

e0296801_01413111.jpge0296801_14461730.jpgまず前置きとして私は普段あまり男臭い感じが好きでないのです。どうやら子どもの頃に父親から虐待を受けていた過去と関係しているようです。
潜在意識として、男に気安く触られたくない、という刷り込みがあったらしく、同性に触られることと自分の父親から暴力で屈服させられていた屈辱的な幼い頃の体験がどうしても自動的にリンクしてしまうので、こういう習性が身のついたようです。
もっと若い頃は冗談で頭をポンと叩かれただけでついカッとなって、本気で相手に殴り返してしまう、というようなトラブルも時折ありましたが、今はそんなボロ切れみたいな無茶をするほど若くありません。
やや話は横道に逸れますが、過去の被虐体験が暴力の連鎖を引き起こしやすくなる、というのは、第二次世界大戦中にホロコーストでの大虐殺を受けたはずのユダヤ民族の子孫であるイスラエル人が、現在パレスチナ人に行っている虐殺行為を見聞きしても簡単に起こり得ることなんだなあ、と感じます。そこはやはり体験したことを意識化して成熟するしかないわけです。

話を戻します。
が、そのカルトヴェリの友人のデイヴィッドも、あとロシア人の友人達も、少なくとも仲のいい友人に限って言えばみんなギトギトしていなかったんですね。だから生理的に彼らとは長時間そばにいても苦になりませんでした。そう、なんでかまた、ロシア人の男友達ともそんな感じだったんですよねえ。息苦しくならないという感じ。
デイヴィッドは何かむさっ苦しい感じが一切しないと言うか、それでお互い相手を見つけては大喜びしていましたから、今考えると日本でなら相当ホモっぽく見えていたことでしょう。男臭い空気に浸かるのが好きでない私にしては珍しかったわけです。
しかし、LGBTの方々を差別する気はないのですが、私のジェンダー観が誤認されても無用の混乱を招くので一応弁明させていただきますと、デイヴィッドも普通に女性が好きな20代の若者でしたし、なかなかいなせな男でした。威勢が良くさっぱりとしたきっぷの男が美青年なのだから無敵ですよ。私も当時はまだいろんなことがありました。

ところがそれがドイツ人やイタリア人やイギリス人の男友達となるとですね、仲良くなる友達はたくさんいるのですけど、何かが違うわけです。
好き嫌いや理屈とは関係なしに、下手すると日本人男性よりも身体間隔を空けたくなるのです(笑)。あくまで私個人が生理的に感じた部分での感想で悪意はない点をご理解願いたいのですが、男同士の正常なテリトリー意識の発生の頻度が増えてくる、とでも表現すればかなり語弊も減るでしょう?
人間同士は基本、個人対個人の関係が一番肝心で、そこに人種・民族は関係ないと思うのですが、それにしても歴然と感じる傾向というものはありまして、ああいう生理感覚の差というものはどこから来るのか、未だに謎です。
単純に民族や人種ごとに体温や発汗量が違う、なんて種類の理由だったりしてな〜^_^;
e0296801_16191006.jpg

by catalyticmonk | 2014-09-16 00:06 | 地球人 | Comments(0)


溢れ出る部分を勝手にやっています。異端者のあなた、多分私はあなたの味方か仲間です。 河元玲太朗


by catalyticmonk

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
インド生活
貨幣経済
学校教育
チャップリン
経済開発と環境破壊
忘れ物
輪廻転生
言論の自由と情報リテラシー
自己経歴
名古屋及び尾張地方の土地柄
貧困差別・人権教育
不安夢
旅の糧
異端者を作り出し疎外する社会
瞑想センター
大量消費社会の本質
読書
Drawling Stone
ネアンデルタール人
盗作事件
プロパガンダ報道
ゆとり社会
皆影響され翻弄される
人間は必ず過ちを犯す
地球人
優越感の生物学的功罪
グローバリゼーションと全体主義
衆愚政治の回避と個の確立
季節の変わり目
ネグレクト、児童虐待
生と死のリテラシー
宗教の救済性と排他性
地元意識と首都
ブラック企業
反戦
湯宿ファンタジー
福島第一原発事故
陰謀論とオカルト
魔女狩り
性の分断
ジェンダー
依存症
ネオテニー論
ゲマインシャフト
希望社会
意思疎通
メディアリテラシー
個の尊重と人権
イスラエル
風俗業
集団的自衛権
嫌韓嫌中
サイコパス
ごみ屋敷
呪術
ファッション
食品添加物
ポジティブ思考
表現の自由
太鼓持ち芸人
無縁社会
経済と個人の実存
ヤンキー文化
精神医療
監視社会
相互抑圧
思想の自発的更新性
消費課税
高度情報化社会とSNSに感ずる諸々
草の根市民運動と選挙
マイノリティー差別
喫煙
人間の尊厳
支配構造
地震
食事
セクシャリティ
推敲
オトコ
アイドル
人権
医療問題
ハリウッド
ハイコンテクスト文化
神道とヒンドゥー教
いじめ問題
トンデモ情報
マイノリティー
ヤンキー文化とオタク文化
未分類

フォロー中のブログ

最新のコメント

また、それもよくありそう..
by catalyticmonk at 23:27
接客していても、買い物を..
by 通りすがり at 03:10
> 23さん 確かに、..
by catalyticmonk at 15:25
10代、20代の馬鹿女に..
by 23 at 11:22
管理人さんは「右翼思想犯..
by 脊髄反射を厭う右の人間より at 09:47
私だったら、ストレートに..
by catalyticmonk at 03:26
さて、その上でここから先..
by catalyticmonk at 01:07
別にそういう事はいくらで..
by catalyticmonk at 01:06
大学4年男です。 自分..
by dai at 15:08
ありがとうございます! ..
by catalyticmonk at 11:13

メモ帳

最新のトラックバック

venushack.com
from venushack.com
venushack.com
from venushack.com
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
呪術師,寄合,メディア
from 哲学はなぜ間違うのか
シールズ関西のブログ記事
from 御言葉をください2

ライフログ

検索

ブログパーツ

最新の記事

服従させるための精神論の罠
at 2018-12-15 23:02
服従させるための精神論の罠
at 2018-12-15 23:02
超管理社会と人間性の屈折
at 2018-12-10 23:32
人はそれぞれの背景ごとに違う..
at 2018-12-06 00:37
ヤンキー VS オタク
at 2018-11-27 23:51
流通とアライアンス
at 2018-11-27 23:41
生き辛さと政治行動
at 2018-11-08 00:32
話にうわの空になるオトコ
at 2018-11-07 23:40
付きまといといじめ心理
at 2018-10-15 23:50
議論と寛容
at 2018-10-01 00:24
トラウマを乗り越えることにつ..
at 2018-09-30 23:08
トラウマを乗り越えることにつ..
at 2018-09-29 00:12
トラウマを乗り越えることつい..
at 2018-09-28 22:39
異なる正義のあなたと私が共に..
at 2018-09-25 00:26
協調性に満ちた吊し上げ社会
at 2018-08-28 00:50
エホバの証人
at 2018-08-16 23:02
信頼と絆の根
at 2018-08-16 12:36
このいじめ体験の告白動画、感..
at 2018-08-07 00:44
私がトンデモ情報に慎重な理由
at 2018-08-06 00:03
強い個性を求めない日本の大衆文化
at 2018-08-05 11:29

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

健康・医療
哲学・思想

画像一覧