都政監視委員会:12月18日都議会傍聴

e0296801_17480347.jpg
都政監視委員会による12月18日都議会傍聴と、その後の交流会に私も初参加しました。
都議会の中は許可を取らない限り写真撮影が禁止されているので、議会の様子そのものの写真はありません。

私は都議会の傍聴は初めてだったのですが、まず感じたのは自民党議員席側からの全然盛り上がっていない時に上がる「よくやった!」「いいぞお」などといった空々しい掛け声。

自民党、公明党の質問時、延々と曖昧模糊とした質問と答弁が続き、居眠りする議員、スマホを弄る議員など多数。
共産党議員の質問になって急に質問内容が具体的に。また、都議会に社民党都議がいない事実にも気付き驚きました。

例えば共産党尾崎あや子都議の質問は、東村山市のコミュニティーバスが100円から180円に値上げされ、乗客数が25%も減った、交通網も不便で高齢者も多いのでシルバーパスなど検討して欲しい、などといった非常に具体的なもの。
このような重要な交通政策に対してきちんとした対策を練るのは必須のはず。しかし、都の答弁は「民間企業に委託しているから関知しない」といった意味合いのことをなんとも湾曲的な言い回しで答えて終わり。

都議会とはこんなおざなりなものなのか、と初めて傍聴した私が呆れていると。
宇都宮けんじさん「毎回こんなもんなんだよ。一問一答形式で議論を進めていく議会の進め方になっていないのも、会議が双方の意見発表を棒読みして活発な議論にならない大きな原因だね。
だから都民がもっとしっかり仕事しろ、と監視して圧力を掛けていかなければならない。」

都議会傍聴後は同建物内のレストランで宇都宮さんと都政監視委員会参加者で食事会。

まず私が今回の選挙で共産党の応援に続き、社民党の比例候補の応援にも回られた真意を宇都宮さんに率直に尋ねてみました。

「うん、確かにね、比例代表では二人には投票出来ないわけだけど、社民党にも頑張ってもらいたかったから応援した、ということだよ。

ただ、今度の選挙で民主党が伸び悩んだのは自民党との対決軸を鮮明に出来なかったところも大きいよね。
共産党は大幅に議席を伸ばしたけれど、それは自民党との対決姿勢を明確にして、対案をきちんと提示出来たからだ。
でも、やはりばらばらのままでは勝てないから、議会で多数派を取れる運動にしていかなければならない。

その辺は韓国の市民運動に学ぶべきだよ。層の厚い市民運動が存在する。
まず、日本の市民運動は全国的な指令部を持っていない。だから、各地でばらばらに行動している。資金繰りが貧弱で、個々の活動に分かれてしまって有機的なつながりのある大きな運動を生み出せていないから、対案をきちんと説得力のある形でまとめて提示することも十分出来ていない。
それはね、日本の市民運動が政治を毛嫌いしている部分がある、ということでもあるんだよね。
韓国の市民運動は、向こうは長らく軍事政権が続いて来たから、そうしたものと闘ってきて鍛えられているところがある。弾圧や拘束を恐れない。度胸が据わっていて、だから韓国の市民運動は強いんだ。ソウル市長のパク・ウォンスンさんでも誰でも、長年活動してきている活動家の人達はみんな何度も投獄されて来ているからね。
立場やイデオロギーの違いを乗り越えながら、同時にその運動が政治的でなければいけない。
例えば司法権力が市民運動の側の味方につくような、そういう運動の作り方が大切。裁判官を監視する組織なども必要だよ。

貧困をなくすような運動が成功していないのも問題。
社会保障の問題は財源の問題でもあるから、来年からは市民税調みたいな組織を作る運動を始める計画をしている。」

その後、参加者の様々な意見表明やスピーチなども交えて、前回の高円寺Grainグレインで行なわれたイベント「民主主義の足腰の鍛え方」の時とかなり重なる内容のレクチャーが参加者全員にされたのですが、そこも非常に重要な内容なので、もし宜しかったら以下のリンク先「民主主義の足腰の鍛え方」の拙文レポートも参照してみてください。

今回も宇都宮さんの税制の問題点やからくりの解説は非常に熱が入っていて、それを多くの人間に周知させ、為政者・富裕層の嘘を大きな国民運動として糾弾していける体勢を作り上げていくべき、と意欲的に語られていました。そのための運動も来年から考えている、とのことです。

また、都政の監視にとどまらず、特に公権力の威嚇、といったことには十分な知恵と情報の共有が大きな力となると思います。ですから、こうした集まりによって市民同士の横のつながり、ネットワークを広げ強めていくことは、今一層重要になってきている、とも感じます。

再び宇都宮さん。
「特定秘密保護法が施行されたり、与党が衆議院で三分の二の議席を獲得して長期政権になる見通しが強まっていることから、安倍政権の強引な政権運営はまだまだ続くと思われます。
しかし、我々はまだ戦前の小林多喜二みたいに治安維持法で捕まって殺されるような時代に生きているわけではないし、手立ては様々に持っている。
むしろ状況が厳しくなってくれば韓国の市民運動のように鍛えられてくる面もあるだろうし、より多くの市民の覚醒も十分期待される。

クレサラ問題やってた時なんて、本当にこっちは武道の達人でもない、銃や刀も持っていない丸腰でヤクザや右翼と対決してきたんだけれど、それでも怯まず堂々と、自然体で、言うべきことを言って闘っていけば勝って来れたんだ。最初のうちは、私はそれをほとんど一人でやっていた。でもあなた方は一人じゃあない。仲間がいるんだ。
少々脅しがあってもだからなんだ、というくらいの度胸を持たなきゃダメだよ。秘密保護法だからって向こうが何かやって来たらその時こそ相手の落ち度、尻尾を掴むことも出来る。
普通の会社員なんかだとちょっと捕まったらもう自分の経歴に傷がついて終わりだ、となって、だから企業やマスコミなんかでも自己規制をしたりしてしまうことが多いんだけど、それこそ向こうの思う壺なんだ。だから怯むことなく声を上げ続けること、もし捕まっても刑務所の中で勉強する時間が出来た、くらいに大きく構えていくことだよ。
とにかくびびったり、暗くなって自分たちから絶望してしまわない限り、いずれ結果はちゃーんとついてくるもんなんだ!」
e0296801_17484086.jpg

by catalyticmonk | 2014-12-22 00:44 | 希望社会 | Comments(0)


溢れ出る部分を勝手にやっています。異端者のあなた、多分私はあなたの味方か仲間です。 河元玲太朗


by catalyticmonk

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
インド生活
貨幣経済
学校教育
チャップリン
経済開発と環境破壊
忘れ物
輪廻転生
言論の自由と情報リテラシー
自己経歴
名古屋及び尾張地方の土地柄
貧困差別・人権教育
不安夢
旅の糧
異端者を作り出し疎外する社会
瞑想センター
大量消費社会の本質
読書
Drawling Stone
ネアンデルタール人
盗作事件
プロパガンダ報道
ゆとり社会
皆影響され翻弄される
人間は必ず過ちを犯す
地球人
優越感の生物学的功罪
グローバリゼーションと全体主義
衆愚政治の回避と個の確立
季節の変わり目
ネグレクト、児童虐待
生と死のリテラシー
宗教の救済性と排他性
地元意識と首都
ブラック企業
反戦
湯宿ファンタジー
福島第一原発事故
陰謀論とオカルト
魔女狩り
性の分断
ジェンダー
依存症
ネオテニー論
ゲマインシャフト
希望社会
意思疎通
メディアリテラシー
個の尊重と人権
イスラエル
風俗業
集団的自衛権
嫌韓嫌中
サイコパス
ごみ屋敷
呪術
ファッション
食品添加物
ポジティブ思考
表現の自由
太鼓持ち芸人
無縁社会
経済と個人の実存
ヤンキー文化
精神医療
監視社会
相互抑圧
思想の自発的更新性
消費課税
高度情報化社会とSNSに感ずる諸々
草の根市民運動と選挙
マイノリティー差別
喫煙
人間の尊厳
支配構造
地震
食事
セクシャリティ
推敲
オトコ
アイドル
人権
医療問題
ハリウッド
ハイコンテクスト文化
神道とヒンドゥー教
いじめ問題
トンデモ情報
マイノリティー
ヤンキー文化とオタク文化
未分類

フォロー中のブログ

最新のコメント

また、それもよくありそう..
by catalyticmonk at 23:27
接客していても、買い物を..
by 通りすがり at 03:10
> 23さん 確かに、..
by catalyticmonk at 15:25
10代、20代の馬鹿女に..
by 23 at 11:22
管理人さんは「右翼思想犯..
by 脊髄反射を厭う右の人間より at 09:47
私だったら、ストレートに..
by catalyticmonk at 03:26
さて、その上でここから先..
by catalyticmonk at 01:07
別にそういう事はいくらで..
by catalyticmonk at 01:06
大学4年男です。 自分..
by dai at 15:08
ありがとうございます! ..
by catalyticmonk at 11:13

メモ帳

最新のトラックバック

venushack.com
from venushack.com
venushack.com
from venushack.com
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
呪術師,寄合,メディア
from 哲学はなぜ間違うのか
シールズ関西のブログ記事
from 御言葉をください2

ライフログ

検索

ブログパーツ

最新の記事

服従させるための精神論の罠
at 2018-12-15 23:02
服従させるための精神論の罠
at 2018-12-15 23:02
超管理社会と人間性の屈折
at 2018-12-10 23:32
人はそれぞれの背景ごとに違う..
at 2018-12-06 00:37
ヤンキー VS オタク
at 2018-11-27 23:51
流通とアライアンス
at 2018-11-27 23:41
生き辛さと政治行動
at 2018-11-08 00:32
話にうわの空になるオトコ
at 2018-11-07 23:40
付きまといといじめ心理
at 2018-10-15 23:50
議論と寛容
at 2018-10-01 00:24
トラウマを乗り越えることにつ..
at 2018-09-30 23:08
トラウマを乗り越えることにつ..
at 2018-09-29 00:12
トラウマを乗り越えることつい..
at 2018-09-28 22:39
異なる正義のあなたと私が共に..
at 2018-09-25 00:26
協調性に満ちた吊し上げ社会
at 2018-08-28 00:50
エホバの証人
at 2018-08-16 23:02
信頼と絆の根
at 2018-08-16 12:36
このいじめ体験の告白動画、感..
at 2018-08-07 00:44
私がトンデモ情報に慎重な理由
at 2018-08-06 00:03
強い個性を求めない日本の大衆文化
at 2018-08-05 11:29

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

健康・医療
哲学・思想

画像一覧