差別を生む被害者意識と二分化の落とし穴

e0296801_14253853.jpg
エレベーターに先に乗り込んで、じっとしてる中高年の男性に対して、後から入った女性であるその方が「何階ですか?」と礼儀上聞いたら、「●階!」と当然のように横柄に答えるオジサマがいて頭に来た、エレベーターガールさん雇ってると思うんならギャラを下さい、というような内容の投稿を読みました。
横柄にふんぞり返っているのであれば何でも問題外です。人と人は平等だからです。この社会にある男尊女卑傾向から言っても、それがその男性の根拠なき優越意識の表れである可能性は高いと思います。

ただ、それとは別個にふと連想として思ったのですが、エレベーターの到着する前に並んでいた順番上、エレベーターに先に乗り込んだら、奥へ詰めなければならないですよね。で、操作ボタンまでは手が届かなかったりする。私はそうした時に別に性別関係なく仕方なく「すみません!○○階お願いできませんか?」と言う場合が現実にあります。
ああいう場合にもし仮に男女差別だとか思われると心外なのですが、そうした際には私の表情や声色で聴き分けてくれるのでしょうか?
何か類似の行き違いで私が威張っているように思い込んでいる様子の女性に会ったことが何度かあった気がします。たいていは直に話すと誤解は解けるのですが、誤解したまま、こっちの説明を嫌がって聞かない、という感じの相手も多いものです。

この社会において男尊女卑の傾向は根強いのは間違いないですし、そうしたことにはNOと言っていくべきです。
ただ、男女間のDVであっても、ちょっとしたことで男性と女性で攻撃対象となる関係が逆になることは十分あり得ると思います。
しかし、性的少数者の人々がストレートの男女と異なるジェンダーであったために、様々な差別が社会規模で行われて、80年代まで「精神障害」と同一視されてさえいたように、今でもちょっとでも定式から外れたパターンは様々な偏見対象とされがちです。

誰かが誰かを虐げたり支配することすべてに抵抗を感じる私の感性からすると、何かカテゴライズしやすい対立構造があると皆思い込みで行動して、不必要にひとを攻撃する群衆心理のようなものも根深く社会にある、とよく感じます。
今、私はたまたま性差に関する話題からこうしたことを書き始めてしまいましたが、一番主題として言いたいのは人々の勝手な思い込みの弊害そのものについてです。

そうした偏見は主に、良いか・悪いか、敵か味方か、といったように単純に二分化して早合点するところに大きな原因があるわけですが、そうしたことは議論や対話を正々堂々とし合うのではなくて、雰囲気や空気を読む忖度で物事を判断しようとする風潮が強い社会ほど頻発することとなるように感じます。

そして、その場の思い込みや刷り込まれた先入観で人々が善悪の判断を安易にしてしまう社会は、絶えずマイノリティーや社会的弱者の人々を迫害します。
さらにそれは全体主義を招きやすくして、過去に日本はそのことによる軍部の暴走と勝ち目のない無謀な戦争への突入、という悲劇を経験したわけですが、詰まる所、全体主義は限られた一部の人々による先制国家に行き着くので、ほとんど誰のためにもならない、というところはよくよく筋道立てて考えた方がいいと思います。

ですから私はウケが悪そうな、微妙なテーマの話題でも、可能であれば敢えて口にしてみるようにしています。
別に結論として私が間違っていようが正しかろうが、それはどちらでも構わないのです。ただ、ウケの悪い話題はいつも審議せず放置する、ということなかれ主義の風潮をよしとしてしまっていると、必ずマイノリティーや弱者の人の抑圧にそのうちつながる、という道理をよく知っているので、どうしても黙っていられなくなる時があるのです。
確実に正しいと思えるようなことだけを口にする、というのは、判断の放棄と思考の停止に他ならず、人間を理性と人権意識から遠ざけます。

話をありふれた人間関係の次元に戻しますと、例えば男女間に所謂「逆DV」と称されるような関係性があった場合、一般的にその場合の男性は女性よりはるかに社会的救援の手が届きにくい状況になります。
男性が女性から生爪を剥がされようが、虚言で自分の暴力を噂立てると脅迫されようが、何をされようが「そんな男性がだらしない」「そんな関係を継続させている男が悪い」であまりに簡単に片付けらがちなんですね。それが男女逆の立場であったら同じことはまず言われない、という風潮ではあると思います。
ですが、そこには相手が病気だからとか、誰かとの約束とか、当事者間にしか分からないいろんな事情があり得るのは性別関係なく同じであるはずであって、それは男であろうが女であろうが変わらないはずです。

あるいは、父親がいない、母親がいない、いたとしてもネグレクトや虐待の顕著な家庭であった、という生い立ちの人間は、確かにある部分で正常に機能している親子関係・家族関係を知らなかったりします。
ですが、それで人の心のない冷酷残忍な人格破綻者に必ずなるわけでもありませんし、一般的な親子関係論からだけで人間性の高い・低いを語られてもそうした家庭の子供は困るわけです。
別に大概は思いやりや優しさ、喜びや悲しみというものを他の人と同じように感じられる普通の人間なのです。ただ、人格形成の中身の経緯が多くの人と違うだけで、大半のものは人間という生き物の枠組みの中に詰まっているんです!
戦争孤児でもドイツの自由民主党党首を務めたフィリップ・レスラーのような政治家だっています。そんなものだけで人間の価値なんて測れないんです。

なのに、ちょっとレアなパターンだと周囲がすぐに定式に当てはめて決めつけを始める、世の浅はかさというものが実在するわけです。
逆に立派な家柄に生まれて、政府トップの閣僚になったって、下着泥棒かも知れない。その人に立派な地位や名声があれば、もう一生間違ったことなんてしない、なんて理屈であるはずがないのに、実際には我々はそういう前提でよく物事を捉えがちです。

何か思い込みで不必要に男女対立しているような場合だってあるとも思いますし、育ちの違いによる家族観の相違から悪意なく生まれる溝、なんてものもあるでしょう。
異性間不和や、単なる環境や習慣の違いに端を発する者同士の諍いに限らず、そうした目の前の状況を公平に見たり、相手の主張を慎重に聞くよりも先にイメージで判断してしまう行為を、人間はあまりにも頻繁にやらかします。

確かに一個一個の事情なんて測りえないのだから、ある程度は相場のイメージで想像し、判断をしていくのは仕方のない面もあります。
しかし、性差別であれ、人種や出自による差別であれ、何らかの差別体験をした人なら、世のそうした差別が「分からなかったから仕方がない」レベルで済むような差別ではまるでないことを痛感しているはずだ、と私は思います。
私も出自・生い立ちに関して、かなり厄介な問題を抱えていたので分かるのです。必死で、違うんだ、本当はこうなんだ、と説明しようとしても、端から聞き入れられないような困難と屈辱を、被差別経験者は皆人生で体験しているものなのです。

差別を再生産してしまう被害者意識や安易な二分化、という悪循環も現実には多々あるのであって、そういった態度では、せいぜいが一定の利益や条件を共有するものの間で党派意識を発生させるだけで、人権や個人の尊厳の尊重には少しもつながらない、その点を私はあらゆる機会に感じます。
ですから、そうした態度を改善していってこそ、みんなが幸福に近付いていけるんだという道理を、私は地道に言い続けたいと思います。
[PR]
by catalyticmonk | 2015-11-05 00:23 | 異端者を作り出し疎外する社会 | Comments(0)


溢れ出る部分を勝手にやっています。異端者のあなた、多分私はあなたの味方か仲間です。 河元玲太朗


by catalyticmonk

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
インド生活
貨幣経済
学校教育
チャップリン
経済開発と環境破壊
忘れ物
輪廻転生
言論の自由と情報リテラシー
自己経歴
名古屋及び尾張地方の土地柄
貧困差別・人権教育
不安夢
旅の糧
異端者を作り出し疎外する社会
瞑想センター
大量消費社会の本質
読書
Drawling Stone
ネアンデルタール人
盗作事件
プロパガンダ報道
ゆとり社会
皆影響され翻弄される
人間は必ず過ちを犯す
地球人
優越感の生物学的功罪
グローバリゼーションと全体主義
衆愚政治の回避と個の確立
季節の変わり目
ネグレクト、児童虐待
生と死のリテラシー
宗教の救済性と排他性
地元意識と首都
ブラック企業
反戦
湯宿ファンタジー
福島第一原発事故
陰謀論とオカルト
魔女狩り
性の分断
ジェンダー
依存症
ネオテニー論
ゲマインシャフト
希望社会
意思疎通
メディアリテラシー
個の尊重と人権
イスラエル
風俗業
集団的自衛権
嫌韓嫌中
サイコパス
ごみ屋敷
呪術
ファッション
食品添加物
ポジティブ思考
表現の自由
太鼓持ち芸人
無縁社会
経済と個人の実存
ヤンキー文化
精神医療
監視社会
相互抑圧
思想の自発的更新性
消費課税
高度情報化社会とSNSに感ずる諸々
草の根市民運動と選挙
マイノリティー差別
喫煙
人間の尊厳
支配構造
地震
食事
セクシャリティ
推敲
オトコ
アイドル
人権
医療問題
ハリウッド
ハイコンテクスト文化
神道とヒンドゥー教
いじめ問題
トンデモ情報
未分類

フォロー中のブログ

最新のコメント

私だったら、ストレートに..
by catalyticmonk at 03:26
さて、その上でここから先..
by catalyticmonk at 01:07
別にそういう事はいくらで..
by catalyticmonk at 01:06
大学4年男です。 自分..
by dai at 15:08
ありがとうございます! ..
by catalyticmonk at 11:13
どういう検索ワードか忘れ..
by a.o at 21:14
分かります。 ただ、ど..
by catalyticmonk at 13:03
 貴方の話は実によく解る..
by たちはくとものを at 05:55
https://www...
by catalyticmonk at 14:52
しかし、この内容でFac..
by catalyticmonk at 13:08

メモ帳

最新のトラックバック

venushack.com
from venushack.com
venushack.com
from venushack.com
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
呪術師,寄合,メディア
from 哲学はなぜ間違うのか
シールズ関西のブログ記事
from 御言葉をください2

ライフログ

検索

ブログパーツ

最新の記事

このいじめ体験の告白動画、感..
at 2018-08-07 00:44
私がトンデモ情報に慎重な理由
at 2018-08-06 00:03
強い個性を求めない日本の大衆文化
at 2018-08-05 11:29
忘れ物
at 2018-08-02 22:46
人間存在の自由尊厳と政治制度..
at 2018-07-30 00:17
公衆道徳の劣化と混乱②
at 2018-07-03 01:43
公衆道徳の劣化と混乱②
at 2018-07-03 01:43
照れずに自己アピールするか、..
at 2018-07-02 00:23
就活と異端者
at 2018-07-02 00:15
政治や文化環境が助長している..
at 2018-07-01 23:37
自分完全正義偉い!の人
at 2018-07-01 23:21
公衆道徳の劣化と混乱
at 2018-07-01 22:09
日本文化について日々思う諸々
at 2018-06-25 00:24
ムルガン様
at 2018-06-12 02:08
アブナイ世界の裏事情を少し
at 2018-06-12 00:57
神道とヒンドゥー教
at 2018-06-12 00:40
文化・生活環境と美意識の変動
at 2018-05-31 19:49
目的追求と和やかさの折り合い
at 2018-05-23 23:57
誰もが特別な存在だ。
at 2018-05-16 01:50
正直、準備はまだ出来ていない。
at 2018-05-16 01:36

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

健康・医療
哲学・思想

画像一覧