君付けとタメ口

e0296801_11225692.jpg国会議員は国会の本会議や委員会で、議長や委員長から「○○君」と呼ばれます。
国会議員を「君付け」で呼んだのは、明治23年に開催された第一回帝国議会が始まりです。当時のアメリカ議会では、議員の名前を呼ぶときには敬称として「Mr.」と付けていました。それを「君」と翻訳して、呼びかけの際に用いるようになりました。その時代にはどちらの国でも男性議員しかいなかったのです。
こうして議員への呼びかけを「君」と呼ぶのが習慣となった今、女性議員が誕生してもこの習慣が続いています。

ただ現代的な意識からすると特殊で、違和感を感じるのも事実です。こうした場所の四角四面な硬さ、融通の利かなさ、が伝わってこないでもなくて、この点は故土井たか子さんが総理大臣を「さん付け」したのが新鮮でした。

呼び方や敬語丁寧語は難しいけれども、そこに格付けの前提がある以上、慎重にありたいですね。気をつけないと他人を侮辱・軽視するニュアンスも生まれてしまいますから。
私は自分が丁寧語で話しているのに、年下の不動産業男性がタメ口で話すので、気に障って仕方ない(笑)。多分、私を若く思っているだけなのでしょうが。

そういう勘違いからその人の相手への格付け意識が伝わってくるのも事実で、差別・被虐体験を持っている人ほど、そこの部分を敏感に察知するものです。
ですが、私自身が海外生活が長かった時期、敬語や丁寧語の使い分けが分からなくなった体験もあるので、相手が単に言葉遣いに不慣れか、そういう慣習が誰に対しても公平にない、と感じられた時には一切気にしません。そう、「公平」ということが人間同士には大切なのです。
なので、私は自分が例えば年長者から呼び捨てにされたりする分には相手が必要以上に空威張りしていない限り構わないのですが、言葉遣いにはかなり慎重です。

逆に、あまりに横柄で相手の上下意識が垣間見えてくると、そうした階級意識への個人レベルでの「革命行為」を全身全霊で行ないます。直前まで丁寧な態度で自分がなめていた人物が、突如猛攻してくるので相手は驚くようです。でも、私も刀はそんなに簡単に抜かないのです。
人間はその時その場の誤解や思い込みもあるものなので、一々尖っている態度だと収拾のつかない事態となって無益な傷付け合いも増えてしまいます。思い込みやすれ違いのようなことでも最初にいきなり斬りつけるみたくしてしまうと、後から話し合いにもなかなかならないのです。野郎、敵討ちの出入りだ、と冗談の如くエスカレートしてしまう。そうならないための礼儀のはずです。

e0296801_1104576.jpgただ、私はこの社会の中の弱者や異端者の味方でありたいと願っています。いつまでも強い側を利するような形での無抵抗主義者ではない、ということです。差別はナアナアにする姿勢が助長する面もあります。
平和に暮らしてきて、自身の尊厳は自分で守るしかない、という状態を経験したことのない人は何を細かいことを、と思う方もいるようですが、これは重要な事柄です。平和に暮らしてきた普通の人が、相手の生まれ持った属性、身体的特徴や出自、思想信条・価値観を深く考えずに差別することこそ世に存在する迫害や抑圧の最大部分なのですから。

自分とは異なる多様な人々と共存共栄していくために一人ひとりの人権や尊厳を守り、だからこそ、その中での平等や自由を調停していく目的があって存在しているのが民主主義です。
その文脈で考えるのならば、やはり男性中心の立場で行なわれていた慣習を、そうした目的追求のために存在する民主主義国家の議会においていつまでも続けているのは如何にもおかしなことだ、と私は感じるのですがね。

馬鹿にしているつもりがなくても、その人に上下意識が強くあると、貧乏人は目下に扱って当然だ、お茶汲みは必ず女性がするものだ、と品行方正な人が考えてしまったりも儘します。ですから、その相手なり慣習なりがどのような基準なのか、といった点を見ていくことも肝心だと感じます。

差別や偏見は誰でも悪気なく犯してしまう面もあります。ですから、それを個人のせいと見なし過ぎないことも大切です。潔癖になり過ぎるとそれ自体が閉鎖的な異物排除の論理になり、そういったことがかつてソ連などでも起きたし、日本の市民運動も陥りがちな罠なのではないでしょうか。
自分は善良だ、と気分だけで思っていても、差別や抑圧は個人発でなく集合的な文化が生み出してしまう面もあって、そこには認識の光を当て続けていく必要があるのだと思います。
[PR]
by catalyticmonk | 2016-01-19 00:58 | 希望社会 | Comments(0)


溢れ出る部分を勝手にやっています。異端者のあなた、多分私はあなたの味方か仲間です。 河元玲太朗


by catalyticmonk

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
インド生活
貨幣経済
学校教育
チャップリン
経済開発と環境破壊
忘れ物
輪廻転生
言論の自由と情報リテラシー
自己経歴
名古屋及び尾張地方の土地柄
貧困差別・人権教育
不安夢
旅の糧
異端者を作り出し疎外する社会
瞑想センター
大量消費社会の本質
読書
Drawling Stone
ネアンデルタール人
盗作事件
プロパガンダ報道
ゆとり社会
皆影響され翻弄される
人間は必ず過ちを犯す
地球人
優越感の生物学的功罪
グローバリゼーションと全体主義
衆愚政治の回避と個の確立
季節の変わり目
ネグレクト、児童虐待
生と死のリテラシー
宗教の救済性と排他性
地元意識と首都
ブラック企業
反戦
湯宿ファンタジー
福島第一原発事故
陰謀論とオカルト
魔女狩り
性の分断
ジェンダー
依存症
ネオテニー論
ゲマインシャフト
希望社会
意思疎通
メディアリテラシー
個の尊重と人権
イスラエル
風俗業
集団的自衛権
嫌韓嫌中
サイコパス
ごみ屋敷
呪術
ファッション
食品添加物
ポジティブ思考
表現の自由
太鼓持ち芸人
無縁社会
経済と個人の実存
ヤンキー文化
精神医療
監視社会
相互抑圧
思想の自発的更新性
消費課税
高度情報化社会とSNSに感ずる諸々
草の根市民運動と選挙
マイノリティー差別
喫煙
人間の尊厳
支配構造
地震
食事
セクシャリティ
推敲
オトコ
アイドル
人権
医療問題
ハリウッド
ハイコンテクスト文化
神道とヒンドゥー教
いじめ問題
トンデモ情報
マイノリティー
ヤンキー文化とオタク文化
未分類

フォロー中のブログ

最新のコメント

また、それもよくありそう..
by catalyticmonk at 23:27
接客していても、買い物を..
by 通りすがり at 03:10
> 23さん 確かに、..
by catalyticmonk at 15:25
10代、20代の馬鹿女に..
by 23 at 11:22
管理人さんは「右翼思想犯..
by 脊髄反射を厭う右の人間より at 09:47
私だったら、ストレートに..
by catalyticmonk at 03:26
さて、その上でここから先..
by catalyticmonk at 01:07
別にそういう事はいくらで..
by catalyticmonk at 01:06
大学4年男です。 自分..
by dai at 15:08
ありがとうございます! ..
by catalyticmonk at 11:13

メモ帳

最新のトラックバック

venushack.com
from venushack.com
venushack.com
from venushack.com
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
呪術師,寄合,メディア
from 哲学はなぜ間違うのか
シールズ関西のブログ記事
from 御言葉をください2

ライフログ

検索

タグ

ブログパーツ

最新の記事

服従させるための精神論の罠
at 2018-12-15 23:02
服従させるための精神論の罠
at 2018-12-15 23:02
超管理社会と人間性の屈折
at 2018-12-10 23:32
人はそれぞれの背景ごとに違う..
at 2018-12-06 00:37
ヤンキー VS オタク
at 2018-11-27 23:51
流通とアライアンス
at 2018-11-27 23:41
生き辛さと政治行動
at 2018-11-08 00:32
話にうわの空になるオトコ
at 2018-11-07 23:40
付きまといといじめ心理
at 2018-10-15 23:50
議論と寛容
at 2018-10-01 00:24
トラウマを乗り越えることにつ..
at 2018-09-30 23:08
トラウマを乗り越えることにつ..
at 2018-09-29 00:12
トラウマを乗り越えることつい..
at 2018-09-28 22:39
異なる正義のあなたと私が共に..
at 2018-09-25 00:26
協調性に満ちた吊し上げ社会
at 2018-08-28 00:50
エホバの証人
at 2018-08-16 23:02
信頼と絆の根
at 2018-08-16 12:36
このいじめ体験の告白動画、感..
at 2018-08-07 00:44
私がトンデモ情報に慎重な理由
at 2018-08-06 00:03
強い個性を求めない日本の大衆文化
at 2018-08-05 11:29

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

健康・医療
哲学・思想

画像一覧