言葉の暴力と話す内容のタイミング

聞かれたまま答えたことで、自分が疲弊してしまう話、というのも人間には色々あります。私なら、昔の離婚話を人から聞かれるがまま喋らされるとイヤ〜な気持ちになります。
その質問内容自体が言葉を発した人自身の価値観を示していたりもして、じっくりこちらの話を聴く姿勢がある方ならまだしもいいのですが、自分の訊きたいことだけ訊いて、後は関心がない、というふうだと最悪です。

個々人のプライベートな事情の背景には、ある出来事で連想されそうな事柄、イメージ以外に、その話なら、もっとこちらの事実関係の方が重要、と当事者が思う内容も様々にあるものです。
世の中には、DV夫から逃げているから、多額の借金を抱えた家族がいたから等の込み入った理由で、自分の過去を簡単には明かせない人間だってたくさんいるのですが、自分たちは狭い世界の中で、そうした不安もなく、ぬくぬくと暮らしている人々ほど、未知の設定と存在の他者に排他的で不寛容、思い込みによる悪意や嫌がらせ、といった行為を連発したりしがちです。

e0296801_16451269.jpg考えてもみてください、それほど特殊なプライベートな事情でなくとも、一般的なイメージだけで推論して正確なところがすべて簡単に察しがつくこと自体がかなり器用と言うか特異な偶然の一致を必要としています。真の最大公約数的な「普通の人」という存在は、実はまれな人間なのです。
なので同調圧力の高い日本では、それほど奇異な事情があるのでもなくとも、本人がわざわざ周囲に理解されやすいように「配慮して」事実を捻じ曲げる、という事さえあり触れた日常的精神生活に含まれてしまっている面すらあります。

破産したのは取引先の倒産に伴なう不渡りのせいで、自身に落ち度があった訳でなくとも、その人が何故破産したかまできちんと知ろうともしないで、元の奥さんと娘の人生を狂わせたダメ男みたいな、ありもしない、せいぜいがまったく別の理由による嫉み発で生まれたステレオタイプの噂だったりするものを簡単に信じて、嬉々として悪態を吐く。
そんなふうであっては、元は真面目な人でも、中にはアルコール依存症になったり、うつ病にかかったり、といったさらなる悲惨につながっていく訳です。

あ、これは私の話ではありませんからね。あくまでたとえ話です。
ただ、その人の何かを知ろうとするのなら、相手自身の言葉に耳を傾けなければなりません。だけれど、それが必ずしも相手が苦痛なく話せる事柄とも限らないのです。

そういった訳で、自身の好奇心や思い込みを増強するのに都合のいい一方的な質問だけは興味本位にして、後は裏で口さがないことを勝手に言うような連中とは、最悪な会話のテロリストです。そういう連中こそが差別や偏見の元も生み出すのだと私は思います。


人間はロボットではないから、言葉で精神の質もやり取りしている訳です。でも、その事実がないかのように、相手を質問責めにして問い詰める権利が自分にあるかのような口ぶりをする威圧的な人物というのもいます。
よりによってそういう人が組織や会社の偉い人だったり、近所の御意見番の問い質し方・メディアの取材姿勢だったりもします。余計にたまったものではありませんね。

だからよく知りもしない他人の事柄を悪し様に話題にして盛り上がる、というのが私はどうしても好きになれません。
いつも斜に構えていて必要もないのにすぐ毒舌を吐く人もたくさんいますが、自分を守りたいからって、他人をムダに傷つけていいものでもない、とも感じます。
人は、自分が思ってもみなかった方向から誹謗中傷されると傷付くし、バッシングって、見当違いな内容でも先に言われた側が自己弁護しているみたいな形になって、悪くもない相手を酷く追い詰めることがあるんですよね。

バッシングは、それが大きな報道機関などからでなくとも、思い込みや確信犯的な嫌がらせ行為で誹謗中傷する側が、何かしらその環境の中で多数派であったり、権力を持っていた場合ほど強力な破壊力を持ちます。
その最小単位は、家庭内の暴君的な父親のような家族単位から始まることが多いでしょう。

私も鈍感ではあるので、決して器用に相手が何を聞かれたら嫌か察するのは得意でない方です。
でも人間は、聞くと咄嗟に答えてしまったり、話し出したら辛くても途中で中途半端にできないような内容の事柄もある、と自分で身をもって体験してきたので、昔ほど何でも考えもなく聞かないようにはなりました。
基本的に、当意即妙な会話ができるセンスと機転の速さは持ち合わせていなくて、思いが人に上手く伝えられないので、その分、文章を書く癖がついた、というのが私自身の実際です。


ただ、面倒を避けていてばかりでも、何も相手に伝えられなくなって、余計に自分が辛い、という心理も社会的動物であるヒトにはあります。
深夜疲れてクタクタな時にチャットが入って答えたりしていると、あまり話したくないネタでもペラペラ書いてしまって危険です。
が、その反面、先に相手の知りたいことを話した方が、こっちが本当に話したい話もしやすくなります。なので、付き合い上の通過儀礼だと思って諦める時もあります。

いきなり話したら重過ぎる実話というのも人それぞれ大なり小なりあるものなので、だからこそ悩みを打ち明けられる親しい相手も人間には大切なのだと感じます。
虐待家庭や性暴力の実態、誰しも気付かないうちにたまに遭遇しているボーダーなど人格障害の人物から受ける、職場や交友関係でのちょっと信じられないような仕打ちなど、リアルに話していくとダーク過ぎてしまう話は実際たくさんあるんですよね。

ところがどういう訳か、そんな体験は自分はまったく体験した事がない、あなたがおかしいんじゃないの?くらいの反応をする相手も世の中には多い訳です。ですが現実にはこの社会はそんな素晴らしい理想社会でもない。
だから各人の置かれた立場境遇なりに、そのまま話すと聞く人がぎょっとするだろうし、相手が信じてくれないかもなあ、という思いがあって言い出しにくい事柄も少なくないでしょう。

重過ぎる話をする際は、その前振りに相手が関心持ったり喜ぶ話をした方がいいですね。
重過ぎる話、なかなか相手に理解されないかも知れなくて面倒なので黙っている話、実益上慎重に考えないと結局お人好しにペラペラ話した分だけ損する話、色々ありますが、とにかく効果的に伝える順番も肝心のようです。
私自身、それが未だに上手にはできないのですがね。

話って、人間にとってコミュニケーションそのものだけれど、受け取り方は人それぞれ違いますから、人を傷付けもするし、励ましたり救いもします。その人が持って生まれた言葉のセンスの限界すらある。
だから本当に難しいですよ。
e0296801_16465058.jpg

[PR]
by catalyticmonk | 2016-02-16 16:56 | Comments(0)


溢れ出る部分を勝手にやっています。異端者のあなた、多分私はあなたの味方か仲間です。 河元玲太朗


by catalyticmonk

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
インド生活
貨幣経済
学校教育
チャップリン
経済開発と環境破壊
忘れ物
輪廻転生
言論の自由と情報リテラシー
自己経歴
名古屋及び尾張地方の土地柄
貧困差別・人権教育
不安夢
旅の糧
異端者を作り出し疎外する社会
瞑想センター
大量消費社会の本質
読書
Drawling Stone
ネアンデルタール人
盗作事件
プロパガンダ報道
ゆとり社会
皆影響され翻弄される
人間は必ず過ちを犯す
地球人
優越感の生物学的功罪
グローバリゼーションと全体主義
衆愚政治の回避と個の確立
季節の変わり目
ネグレクト、児童虐待
生と死のリテラシー
宗教の救済性と排他性
地元意識と首都
ブラック企業
反戦
湯宿ファンタジー
福島第一原発事故
陰謀論とオカルト
魔女狩り
性の分断
ジェンダー
依存症
ネオテニー論
ゲマインシャフト
希望社会
意思疎通
メディアリテラシー
個の尊重と人権
イスラエル
風俗業
集団的自衛権
嫌韓嫌中
サイコパス
ごみ屋敷
呪術
ファッション
食品添加物
ポジティブ思考
表現の自由
太鼓持ち芸人
無縁社会
経済と個人の実存
ヤンキー文化
精神医療
監視社会
相互抑圧
思想の自発的更新性
消費課税
高度情報化社会とSNSに感ずる諸々
草の根市民運動と選挙
マイノリティー差別
喫煙
人間の尊厳
支配構造
地震
食事
セクシャリティ
推敲
オトコ
アイドル
人権
医療問題
ハリウッド
ハイコンテクスト文化
神道とヒンドゥー教
いじめ問題
トンデモ情報
マイノリティー
ヤンキー文化とオタク文化
未分類

フォロー中のブログ

最新のコメント

また、それもよくありそう..
by catalyticmonk at 23:27
接客していても、買い物を..
by 通りすがり at 03:10
> 23さん 確かに、..
by catalyticmonk at 15:25
10代、20代の馬鹿女に..
by 23 at 11:22
管理人さんは「右翼思想犯..
by 脊髄反射を厭う右の人間より at 09:47
私だったら、ストレートに..
by catalyticmonk at 03:26
さて、その上でここから先..
by catalyticmonk at 01:07
別にそういう事はいくらで..
by catalyticmonk at 01:06
大学4年男です。 自分..
by dai at 15:08
ありがとうございます! ..
by catalyticmonk at 11:13

メモ帳

最新のトラックバック

venushack.com
from venushack.com
venushack.com
from venushack.com
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
呪術師,寄合,メディア
from 哲学はなぜ間違うのか
シールズ関西のブログ記事
from 御言葉をください2

ライフログ

検索

ブログパーツ

最新の記事

服従させるための精神論の罠
at 2018-12-15 23:02
服従させるための精神論の罠
at 2018-12-15 23:02
超管理社会と人間性の屈折
at 2018-12-10 23:32
人はそれぞれの背景ごとに違う..
at 2018-12-06 00:37
ヤンキー VS オタク
at 2018-11-27 23:51
流通とアライアンス
at 2018-11-27 23:41
生き辛さと政治行動
at 2018-11-08 00:32
話にうわの空になるオトコ
at 2018-11-07 23:40
付きまといといじめ心理
at 2018-10-15 23:50
議論と寛容
at 2018-10-01 00:24
トラウマを乗り越えることにつ..
at 2018-09-30 23:08
トラウマを乗り越えることにつ..
at 2018-09-29 00:12
トラウマを乗り越えることつい..
at 2018-09-28 22:39
異なる正義のあなたと私が共に..
at 2018-09-25 00:26
協調性に満ちた吊し上げ社会
at 2018-08-28 00:50
エホバの証人
at 2018-08-16 23:02
信頼と絆の根
at 2018-08-16 12:36
このいじめ体験の告白動画、感..
at 2018-08-07 00:44
私がトンデモ情報に慎重な理由
at 2018-08-06 00:03
強い個性を求めない日本の大衆文化
at 2018-08-05 11:29

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

健康・医療
哲学・思想

画像一覧