言葉の暴力と思いや祈りの力

e0296801_54834.jpg
〈事故に遭い、不幸にも片足を切断してしまった方が。止血の処置をし、救急隊の到着を待っていたのでしょう。「大丈夫だよ」と応急処置をした人は、怪我した人に声をかけて励まし続けていました。

しかしそのあと、悲劇が…。

事故現場を通りかかった、一般の人が驚いてこんな言葉を口にしてしまいます。

「うわ、足ちぎれてるよ」

しかも大きな声で…。

怪我をした人は、まさか、自分の足が切断されてしまったとは思っていなかったのでしょう。処置を受け、なんとか生きようと痛み・苦しみをこらえていたはずです。

そのさなかに聞いてしまった言葉…。

助かったかもしれない命が…

その後、怪我した人は震えはじめてパニック状態に。止血の処置をし、体を動かしていないはずなのに足から血が止まらなくなり、最後には亡くなってしまったそうです。

病院に搬送されて、適切な処置をすれば助かった命かもしれません。

それが最悪なことに、事故現場で命を落とす結果になってしまいました。〉

http://grapee.jp/231808


これ、よく分かるな。
事故や病気で肉体が緊急な事態の時って、人の言葉がモロに体調に響いたりするんだよね。びっくりするくらい。

で、そういう時に響くサイテーな発言を、不思議なほど特定の同じ人物が繰り返し連発したりする。その人と自分の人間関係や相性もあるだろうけど、そんなのほとんど関係ないようにも思える場合も多い。
だから、身体の余力がギリギリの時には、どんなに普段表向き愛想が良かったり、通り一辺倒な正論しか話していない風な相手でも、その人の実質的な波動みたいなものから受ける直接の負荷を、人間の生命装置ははっきり感知する、ということだと個人的には解釈しているんだけど。

逆に普段は、なんか野暮ったくて、さほど気が利いているとも思えない、こちらで大して関心も持っていなかった相手が、実は強力な癒しパワーの持ち主だって分かったりもするものなんだよね。

だけれど、そういう次元の微妙な実感のうちで困らされる部分は、口にしてもなかなか伝わるものじゃないし、自分が余計に疲れるだけだろうから、うまく自身で深く関わらず巻き込まれないよう心掛けた方がベターだと思う。

そして、やっぱり、肝心な時にデリカシーのない発言をする人間はたまたまの言葉のチョイスだけではなくて実質的なその人の中身の問題も大きいから、本人に言ってもすぐには変わらないよ、まず。
だけれど、それでも今その場が肝心な状況ってある訳だから、周囲からたしなめられても仕方ないのだと感じるし、やはり救助が必要な状況にある当事者以外の周りの人間で注意していくべきことだと思う。
まさに社会的なエチケットが重要になってくる次元で、そこまで感性の違いという自己正当化で済まして一切反省しない人間もいるけどね、それは本当に罪深いよ。

あと、ショックな言葉がそれくらい生死を左右するんだから、怪我や病気も、本人が、どう思っているかで物凄く治癒力が変わってくる、という、反対の事柄の証明でもあると改めて感じるな。「言葉の威力」が作用するということは、「思いや祈りの力」が与える影響も大きい、という意味でもある。
なんか発熱と痛みで苦しい真夜中に、ある人から来た連絡の短い言葉を境に嘘みたいに好転した、なんて経験も実際にあるし、人の言葉以上に自分自身でどう明るく希望を持っているかが一番効くのも当然だと思うんだよね。


e0296801_5272213.jpgちなみに「発熱と痛みで苦しい真夜中に、ある人から来た連絡の短い言葉」というのは、直接面識もないアメリカに住んでいる方のごく短いメッセージだったけどね。
前々回の抗がん剤投与の晩は高熱を出して、ショック状の痙攣もあったから、夜中に救急車を呼ぼうかどうか迷っていた。その次の前回の投与では即日入院だったから、本当にギリギリめな時だったと思うのだけど、そのタイミングで、大して知りもしない相手から「心配だ」というだけで、チャットで短いメッセージが届いたんだよね。相手の、なんて言葉を掛けたらいいかも分からない様子で戸惑っている感までなぜかダイレクトに伝わってくる気がした。

客観的に考えたら、肉体的に弱っている瞬間だからこそ、そういうのが受け取るこちら側でもいつもより繊細に感じられた、ということだったのだろうけど、ただ純粋に他人を労わる善意だけで、わざわざ遠くアメリカから連絡をくれた、というのが、全然知り合いじゃないからこそ、一人で部屋の中で熱に震えている晩には効いたんだよ。そこから汗がガンガン出て熱が下がっていったから。
相手と自分の人間関係の密度も関係なく、何よりまず世の中に遍在する善意みたいなものを感じて、なんか物凄く励まされたんだよね。

そんなふうに、言葉って、喋る内容の饒舌さや相手との親しさとかさえ関係なく、免疫機能を強化させる鍵になったりすることがある。それくらい、普段日常生活で考えている以上に微妙なものだ、と改めて痛感させられたな。

人間て健康な時には、逆に人から受け取る感覚も大味で、華美な言葉や表面上の美辞麗句、調子のいい話や刺激的な内容の方に関心が向きがちだと思うんだけれども、少なくとも本質的なものはそこにはない。
でも同時に、世を生き抜くために、多少デリカシーのない言葉や悪意が近寄ってきても跳ね返すくらいじゃないと、特に東京みたいな大都会では生きていけない訳で、そういう必然性もあって、ちょっと繊細な感性を横に置いている面もあるんだよね。

ベタベタした直接自分にメリットのある人付き合いばかり重んじて、公平性に欠けやすくなってしまうのも、そういう実際の生存競争が影響している。
感情とセットで打算的な人間関係に目が向いてしまうから、余計に考えが整理し難くなってドロドロもしてくるんだと思うけど。
でもやっぱり、そればかりでも何が大切な事か、よく見えなくなっちゃう面もあると感じる。

それがその人にとって普段よりよく見えるようになる、という意味ではね、病気や怪我という一見マイナスに思える体験も、人を霊性みたいな部分に触れさせてくれる、得難いチャンスなんだとも感じるんだよね。
[PR]
by catalyticmonk | 2016-09-25 17:24 | 忘れ物 | Comments(0)


溢れ出る部分を勝手にやっています。異端者のあなた、多分私はあなたの味方か仲間です。 河元玲太朗


by catalyticmonk

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
インド生活
貨幣経済
学校教育
チャップリン
経済開発と環境破壊
忘れ物
輪廻転生
言論の自由と情報リテラシー
自己経歴
名古屋及び尾張地方の土地柄
貧困差別・人権教育
不安夢
旅の糧
異端者を作り出し疎外する社会
瞑想センター
大量消費社会の本質
読書
Drawling Stone
ネアンデルタール人
盗作事件
プロパガンダ報道
ゆとり社会
皆影響され翻弄される
人間は必ず過ちを犯す
地球人
優越感の生物学的功罪
グローバリゼーションと全体主義
衆愚政治の回避と個の確立
季節の変わり目
ネグレクト、児童虐待
生と死のリテラシー
宗教の救済性と排他性
地元意識と首都
ブラック企業
反戦
湯宿ファンタジー
福島第一原発事故
陰謀論とオカルト
魔女狩り
性の分断
ジェンダー
依存症
ネオテニー論
ゲマインシャフト
希望社会
意思疎通
メディアリテラシー
個の尊重と人権
イスラエル
風俗業
集団的自衛権
嫌韓嫌中
サイコパス
ごみ屋敷
呪術
ファッション
食品添加物
ポジティブ思考
表現の自由
太鼓持ち芸人
無縁社会
経済と個人の実存
ヤンキー文化
精神医療
監視社会
相互抑圧
思想の自発的更新性
消費課税
高度情報化社会とSNSに感ずる諸々
草の根市民運動と選挙
マイノリティー差別
喫煙
人間の尊厳
支配構造
地震
食事
セクシャリティ
推敲
オトコ
アイドル
人権
医療問題
ハリウッド
ハイコンテクスト文化
神道とヒンドゥー教
いじめ問題
トンデモ情報
マイノリティー
ヤンキー文化とオタク文化
未分類

フォロー中のブログ

最新のコメント

また、それもよくありそう..
by catalyticmonk at 23:27
接客していても、買い物を..
by 通りすがり at 03:10
> 23さん 確かに、..
by catalyticmonk at 15:25
10代、20代の馬鹿女に..
by 23 at 11:22
管理人さんは「右翼思想犯..
by 脊髄反射を厭う右の人間より at 09:47
私だったら、ストレートに..
by catalyticmonk at 03:26
さて、その上でここから先..
by catalyticmonk at 01:07
別にそういう事はいくらで..
by catalyticmonk at 01:06
大学4年男です。 自分..
by dai at 15:08
ありがとうございます! ..
by catalyticmonk at 11:13

メモ帳

最新のトラックバック

venushack.com
from venushack.com
venushack.com
from venushack.com
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
呪術師,寄合,メディア
from 哲学はなぜ間違うのか
シールズ関西のブログ記事
from 御言葉をください2

ライフログ

検索

ブログパーツ

最新の記事

服従させるための精神論の罠
at 2018-12-15 23:02
服従させるための精神論の罠
at 2018-12-15 23:02
超管理社会と人間性の屈折
at 2018-12-10 23:32
人はそれぞれの背景ごとに違う..
at 2018-12-06 00:37
ヤンキー VS オタク
at 2018-11-27 23:51
流通とアライアンス
at 2018-11-27 23:41
生き辛さと政治行動
at 2018-11-08 00:32
話にうわの空になるオトコ
at 2018-11-07 23:40
付きまといといじめ心理
at 2018-10-15 23:50
議論と寛容
at 2018-10-01 00:24
トラウマを乗り越えることにつ..
at 2018-09-30 23:08
トラウマを乗り越えることにつ..
at 2018-09-29 00:12
トラウマを乗り越えることつい..
at 2018-09-28 22:39
異なる正義のあなたと私が共に..
at 2018-09-25 00:26
協調性に満ちた吊し上げ社会
at 2018-08-28 00:50
エホバの証人
at 2018-08-16 23:02
信頼と絆の根
at 2018-08-16 12:36
このいじめ体験の告白動画、感..
at 2018-08-07 00:44
私がトンデモ情報に慎重な理由
at 2018-08-06 00:03
強い個性を求めない日本の大衆文化
at 2018-08-05 11:29

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

健康・医療
哲学・思想

画像一覧