IT時代の個人とゲマインシャフト

e0296801_4141014.jpg
最近のエアリプブームが、私には穏やかならぬものに感じる。
実際、今の社会は国家と市場によって、家族と地域共同体が縮小・破壊され、横のつながりが薄くなっている。
つまり、近代社会は相互不信と疑心暗鬼の時代でもある。

逆を言えばコミュニティや親族関係による個人への拘束が緩まることによって、自由恋愛や自由な職業選択、帰属していた共同体からの離脱や移動、個人を基盤とした幸福選択の幅・人生設計の権利が拡大した、とも言える。
ただし、「個」になった一人の人間存在は、一人で市場や国家というものに向き合わされ、結局、そうした形の社会構造や権力の前で非力ともなりやすい。

だから、私は社会主義が唱えてきた資本主義発生以降の時代の個人の在り方として、権力の前に分断された非力な個人存在の弱さの補強となるような新しい別の連帯の模索の可能性について、今も一定の評価はしている。

だけれど未だに歴史上、その個人とゲマインシャフト(共同社会)の代用となる形態のバランスの取れた社会的な在り方は、明瞭に見つけ出されていない。
この、解決策のないままに現れたIT社会は、疑心暗鬼の時代にさらなる複雑化と波紋を投げ掛けているように思える。

例えばインターネット上のSNSなどで、不特定多数の人が見ることを前提条件に発せられた暗に特定の個人に宛てた、主に批判的な言葉は、フィジカルに個人対個人が接し対話する以上に、その主張に情緒的な暴力要素を付け加えてしまいがちだ。これを昨今では「エアリプ」と呼ぶ。
返事を当てにしないけれど、空であてつけがましい言葉を不特定多数の前に公開か、公開に近い形で曝す。だから、当然より多くの波紋が生じやすく、当事者同士で何かの意見や感じ方の相違を話し合うよりも、より深く相手の胸に忸怩たる思いを作り出しやすい。
私のこうした主張自体も「エアリプだ」と人々に憤慨され得るのだけれども、そこまで気にしていたら、もはや誰も何も意見を言えない、ということになり兼ねない点も、こうした問題の境界線の難しいところだと感じる。

私たちは皆、個人とゲマインシャフト、相互扶助・相互連帯の在り方に、安定した解決策が欠如した不安の時代の申し子で、その傷と警戒心や緊張を、一人一人がその胸の内に抱えている。
だからこそ、このIT文化が生み出した新しいコミュニケーション形態は、利便性の一方で、さらにその時代精神とも言える社会不安を強く刺激してしまう。憎しみが、恐怖と緊張が、さらに強化されやすいのだと思う。

そして、国家や市場以外の枠組みによる、新たなる相互扶助の試みをしている宗教共同体や政党組織、その他の連帯が、いや、そもそも国家主義や国家主義を標榜した偽の市場経済の覇者たちが、挙ってこの新しい文化を利用し、また自らの利益に有利になるよう利用しようと試みているのだけれども、その規模や数が大きく多いほど、個人情報への抑圧として自動的に機能してしまう。

曖昧な根拠による個人へのバッシングの過熱が頻繁に起こり、それぞれの主張があるにせよ、少数派の意見や感覚・趣好を、群衆心理的に攻撃してしまって、多様な価値観を認め合いながら個人の存在と活動を認めるという、近代が発展させてきた流れに逆行するような閉塞的な風潮や状況を容易く生み出し、増強してしまう。

また、そうしたことが常態化しているので、誰かに当てつけたのではない断片的な言葉のインターネット上での発信さえもが、しばしばまるで中世の魔女狩りのように人々の猜疑心を煽る。
ここで標的にされやすいのも中世の状況と酷似している。魔女狩りで社会的な弱者や少数派であったユダヤ人やハンセン氏病患者が故なき迫害を受けたように、マイノリティーや、個人的な事情や感性を持つ個人が、疑心暗鬼と被害妄想に駆られた不特定多数からの集団圧力を受けやすい。
そうした意識・無意識にかかわらず起きた働きによって、様々な側面から個人個人が自由にその創造性と生命力を発揮し謳歌する可能性を狭めてしまい、誰もが息苦しい、勝つか負けるか、征服するか隷従するかの社会環境が促されてしまう。

私たちが助け合いを必要としているのは疑いない。
人間は社会的な動物であり、狩猟採集の時代であれば余計に家族やコミュニティの存在を必要としていたのも知られている。また、この文明社会で永きに渡って暮らしてきた現代人が、今さら自給自足の時代に戻れるはずもない。

だけれども、同時に、社会は個人個人が自由に活動できることによって発展してきたのも事実であって、結局のところ、その両方を保障する形態は、個々人のおおらかな態度とともに、思慮深く幅広い視野を持つ訓練にある、と想定するのが順当なはずだ。それを社会全体で柔軟に継続していける環境を求めていく必要がある。

それには、まずは安易な個人攻撃を慎む事と、極端に敵対的な態度を個人が取らない事、といった態度の試みから始まるのではないだろうか。同調圧力と罵倒主義はファシズムや弱肉強食の世界しか連れて来ない気が私はする。
制度的にそれを整えていくのは、まずそういった慎重で融和的な空気があった上でなければ難しく、おそらくは同時進行を模索すべきテーマなのだと思う。それが民主主義を求めていく土台でもある。
e0296801_41447100.jpg

e0296801_4133322.jpg

[PR]
by catalyticmonk | 2016-11-14 00:04 | ゲマインシャフト | Comments(0)


溢れ出る部分を勝手にやっています。異端者のあなた、多分私はあなたの味方か仲間です。 河元玲太朗


by catalyticmonk

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
インド生活
貨幣経済
学校教育
チャップリン
経済開発と環境破壊
忘れ物
輪廻転生
言論の自由と情報リテラシー
自己経歴
名古屋及び尾張地方の土地柄
貧困差別・人権教育
不安夢
旅の糧
異端者を作り出し疎外する社会
瞑想センター
大量消費社会の本質
読書
Drawling Stone
ネアンデルタール人
盗作事件
プロパガンダ報道
ゆとり社会
皆影響され翻弄される
人間は必ず過ちを犯す
地球人
優越感の生物学的功罪
グローバリゼーションと全体主義
衆愚政治の回避と個の確立
季節の変わり目
ネグレクト、児童虐待
生と死のリテラシー
宗教の救済性と排他性
地元意識と首都
ブラック企業
反戦
湯宿ファンタジー
福島第一原発事故
陰謀論とオカルト
魔女狩り
性の分断
ジェンダー
依存症
ネオテニー論
ゲマインシャフト
希望社会
意思疎通
メディアリテラシー
個の尊重と人権
イスラエル
風俗業
集団的自衛権
嫌韓嫌中
サイコパス
ごみ屋敷
呪術
ファッション
食品添加物
ポジティブ思考
表現の自由
太鼓持ち芸人
無縁社会
経済と個人の実存
ヤンキー文化
精神医療
監視社会
相互抑圧
思想の自発的更新性
消費課税
高度情報化社会とSNSに感ずる諸々
草の根市民運動と選挙
マイノリティー差別
喫煙
人間の尊厳
支配構造
地震
食事
セクシャリティ
推敲
オトコ
アイドル
人権
医療問題
ハリウッド
ハイコンテクスト文化
神道とヒンドゥー教
いじめ問題
トンデモ情報
マイノリティー
未分類

フォロー中のブログ

最新のコメント

接客していても、買い物を..
by 通りすがり at 03:10
> 23さん 確かに、..
by catalyticmonk at 15:25
10代、20代の馬鹿女に..
by 23 at 11:22
管理人さんは「右翼思想犯..
by 脊髄反射を厭う右の人間より at 09:47
私だったら、ストレートに..
by catalyticmonk at 03:26
さて、その上でここから先..
by catalyticmonk at 01:07
別にそういう事はいくらで..
by catalyticmonk at 01:06
大学4年男です。 自分..
by dai at 15:08
ありがとうございます! ..
by catalyticmonk at 11:13
どういう検索ワードか忘れ..
by a.o at 21:14

メモ帳

最新のトラックバック

venushack.com
from venushack.com
venushack.com
from venushack.com
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
呪術師,寄合,メディア
from 哲学はなぜ間違うのか
シールズ関西のブログ記事
from 御言葉をください2

ライフログ

検索

ブログパーツ

最新の記事

生き辛さと政治行動
at 2018-11-08 00:32
話にうわの空になるオトコ
at 2018-11-07 23:40
付きまといといじめ心理
at 2018-10-15 23:50
議論と寛容
at 2018-10-01 00:24
トラウマを乗り越えることにつ..
at 2018-09-30 23:08
トラウマを乗り越えることにつ..
at 2018-09-29 00:12
トラウマを乗り越えることつい..
at 2018-09-28 22:39
異なる正義のあなたと私が共に..
at 2018-09-25 00:26
協調性に満ちた吊し上げ社会
at 2018-08-28 00:50
エホバの証人
at 2018-08-16 23:02
信頼と絆の根
at 2018-08-16 12:36
このいじめ体験の告白動画、感..
at 2018-08-07 00:44
私がトンデモ情報に慎重な理由
at 2018-08-06 00:03
強い個性を求めない日本の大衆文化
at 2018-08-05 11:29
忘れ物
at 2018-08-02 22:46
人間存在の自由尊厳と政治制度..
at 2018-07-30 00:17
公衆道徳の劣化と混乱②
at 2018-07-03 01:43
公衆道徳の劣化と混乱②
at 2018-07-03 01:43
照れずに自己アピールするか、..
at 2018-07-02 00:23
就活と異端者
at 2018-07-02 00:15

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

健康・医療
哲学・思想

画像一覧