政党や宗教の共同体について

e0296801_21231791.jpg
宗教や政党といった共同体についてよく思うこと。
一般的に今の時代は疑心暗鬼の時代だと感じます。結局他人だし、バーチャルな世の中で対人関係の距離感が混乱している、という現実もあります。だから、他人を用心せざるを得ないんですよね。

ところが、宗教や政党組織といった単位の共同体は、その内部の人々にとってムラ社会的な信頼関係がある。
大きな部分では信条を共有しているし、そこの一員として自分が存在している、という選択をしている時点で仲間に守ってもらえる、ある程度までは個人的な事情にも付き合ってもらえる。
そこの部分で、私が子供時代に愛知県尾張地方の農村部で体験したような、素朴に相手を信じられる安心感みたいなものがあるのだな、とよく感じます。

ただ、私の育った家庭環境は複雑でしたし、預けられていた地主農家である母方の実家も、名古屋市近郊の工場城下町として新興の流入者人口が爆発的に増えていく中で、地元の何百年と続いてきた伝統社会が衰退していく真っ只中にあったので、理想郷であるかのように美化する過去の憧憬を私が持っている訳でもありません。

それでもやはり田舎育ちの素朴な人間性が私にも色濃く刷り込まれているので、割合と政党組織や瞑想センターの中の比較的仏教シンパの共同体、といった枠組みの交流に接すると、すんなり馴染む面もあります。結構ぱっと相手に心を開くし、無担保に相手を信用してみよう、と取り敢えずはしてみる習性があるからです。

ただ、そこの中だけに完結する訳でもない複雑さが今の時代には存在する点も強く感じているので、自分自身の感覚や着眼点に正直であろうとすると、どこかのそうしたサークルの中に浸り切ってしまおう、というほどのモチベーションも保てない、といったところです。
痛い目にもたくさん遭ってきているので、しばらく相手を観察して、この人は信用できない、となると、とてもドライに相手を見限る落差の激しさも私にはあって、まさに田舎の人間の型かも知れません。

ところで、日本人と並んで、人との付き合いが内向的である、と言われているドイツ人も、意外と初対面ではオープンに自分の事を語ります。ところが調子いい訳では決してない。
そこのあたりを面白く感じてどうしてなのか尋ねたことがあるのですが、彼らの答えはこうでした。
「初めて知らない人に会ったら、その人がどんな価値観で、どんな社会的・宗教的背景を持つ相手かは分からない。
だから、極力自分自身について語り、相手の言葉も引き出す。
その上で馴染む相手だと感じられれば順々に仲良くなっていけるのだし、そうでなければそれなりの距離をお互いに築いていけばいい」

政党や宗教の共同体などといった既存のサークルに対しても、最初から色眼鏡で毛嫌いしていても理解が深まるものでもないですし、互いの適切な距離も見定め難い。
ですから、そういった異質な未知のものへの接し方としては、その時にドイツ人から聞いた態度はなかなか建設的で妥当なのではないか、と今でも思っています。
日本人の場合は、異質なものと共存しようと言うよりも、可能なら極力同じ方向を「協調性」という美徳の名の下に向いて、不可能そうなテーマとなりやすい政治や宗教については、極力話題にしない、無関心を装う、若しくは本気で関心を持とうとしない、といった姿勢が今に至るまで濃厚な気がします。
by catalyticmonk | 2016-12-26 21:24 | ゲマインシャフト | Comments(0)


溢れ出る部分を勝手にやっています。異端者のあなた、多分私はあなたの味方か仲間です。 河元玲太朗


by catalyticmonk

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
インド生活
貨幣経済
学校教育
チャップリン
経済開発と環境破壊
忘れ物
輪廻転生
言論の自由と情報リテラシー
自己経歴
名古屋及び尾張地方の土地柄
貧困差別・人権教育
不安夢
旅の糧
異端者を作り出し疎外する社会
瞑想センター
大量消費社会の本質
読書
Drawling Stone
ネアンデルタール人
盗作事件
プロパガンダ報道
ゆとり社会
皆影響され翻弄される
人間は必ず過ちを犯す
地球人
優越感の生物学的功罪
グローバリゼーションと全体主義
衆愚政治の回避と個の確立
季節の変わり目
ネグレクト、児童虐待
生と死のリテラシー
宗教の救済性と排他性
地元意識と首都
ブラック企業
反戦
湯宿ファンタジー
福島第一原発事故
陰謀論とオカルト
魔女狩り
性の分断
ジェンダー
依存症
ネオテニー論
ゲマインシャフト
希望社会
意思疎通
メディアリテラシー
個の尊重と人権
イスラエル
風俗業
集団的自衛権
嫌韓嫌中
サイコパス
ごみ屋敷
呪術
ファッション
食品添加物
ポジティブ思考
表現の自由
太鼓持ち芸人
無縁社会
経済と個人の実存
ヤンキー文化
精神医療
監視社会
相互抑圧
思想の自発的更新性
消費課税
高度情報化社会とSNSに感ずる諸々
草の根市民運動と選挙
マイノリティー差別
喫煙
人間の尊厳
支配構造
地震
食事
セクシャリティ
推敲
オトコ
アイドル
人権
医療問題
ハリウッド
ハイコンテクスト文化
神道とヒンドゥー教
いじめ問題
トンデモ情報
マイノリティー
ヤンキー文化とオタク文化
未分類

フォロー中のブログ

最新のコメント

また、それもよくありそう..
by catalyticmonk at 23:27
接客していても、買い物を..
by 通りすがり at 03:10
> 23さん 確かに、..
by catalyticmonk at 15:25
10代、20代の馬鹿女に..
by 23 at 11:22
管理人さんは「右翼思想犯..
by 脊髄反射を厭う右の人間より at 09:47
私だったら、ストレートに..
by catalyticmonk at 03:26
さて、その上でここから先..
by catalyticmonk at 01:07
別にそういう事はいくらで..
by catalyticmonk at 01:06
大学4年男です。 自分..
by dai at 15:08
ありがとうございます! ..
by catalyticmonk at 11:13

メモ帳

最新のトラックバック

venushack.com
from venushack.com
venushack.com
from venushack.com
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
呪術師,寄合,メディア
from 哲学はなぜ間違うのか
シールズ関西のブログ記事
from 御言葉をください2

ライフログ

検索

ブログパーツ

最新の記事

服従させるための精神論の罠
at 2018-12-15 23:02
服従させるための精神論の罠
at 2018-12-15 23:02
超管理社会と人間性の屈折
at 2018-12-10 23:32
人はそれぞれの背景ごとに違う..
at 2018-12-06 00:37
ヤンキー VS オタク
at 2018-11-27 23:51
流通とアライアンス
at 2018-11-27 23:41
生き辛さと政治行動
at 2018-11-08 00:32
話にうわの空になるオトコ
at 2018-11-07 23:40
付きまといといじめ心理
at 2018-10-15 23:50
議論と寛容
at 2018-10-01 00:24
トラウマを乗り越えることにつ..
at 2018-09-30 23:08
トラウマを乗り越えることにつ..
at 2018-09-29 00:12
トラウマを乗り越えることつい..
at 2018-09-28 22:39
異なる正義のあなたと私が共に..
at 2018-09-25 00:26
協調性に満ちた吊し上げ社会
at 2018-08-28 00:50
エホバの証人
at 2018-08-16 23:02
信頼と絆の根
at 2018-08-16 12:36
このいじめ体験の告白動画、感..
at 2018-08-07 00:44
私がトンデモ情報に慎重な理由
at 2018-08-06 00:03
強い個性を求めない日本の大衆文化
at 2018-08-05 11:29

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

健康・医療
哲学・思想

画像一覧