私と閉鎖的環境の因縁

e0296801_10455631.jpg
まあ、珍しくもないだろうけど、退院時、他の患者を見ていると会計の催促と、最後の荷物の置き忘れチェック済ませたら迎えに来た家族なんかと患者が勝手にパラパラ帰って行くのが入院していた病棟の通常で、それは入院が長かったり、投薬治療で長年何度も入院治療している人でも同じだった。だから、自分もそうだろうと思っていたら、医師や看護師長、看護師、事務員らが6、7人どやどや病室に来て私の退院の挨拶に来てくれて嬉しかった。
今の病院に入院するのが3度目で、スタッフに顔を覚えられているし、私が病棟内でも明らかに特に社交的な患者なのに(少なくとも男性患者の中で他人に話し掛ける頻度は、私が断トツでトップだったと思う)、毎回誰も見舞い客が来ないので、とにかくインパクトがあったんじゃないか。病院の院長が毎朝様子を見に来てくれていたので、それも理由のうちかも知れない。

私は子供時代から母の実家の居候で、自分の部屋もなく、田舎の地主農家であるその家の敷地内の川や田んぼで遊び、でも家にはあまり同級生が来る事もなくて、母の実家に法事や何かの用事で集まる大人たちによく構ってもらっていた。
祖父母と曽祖母と叔母、叔母の婿、従兄妹、たまに訪れる実母、といった感じの大家族だった。でも半分は母の子供として膠原病だった彼女が住む別宅にも所属していて、そこに時折恐ろしい父が帰って来た。
そしてネグレクトと虐待しかないその空間こそ、どうやら自分の本来の帰属先であると決まっていて、私には何の得もないのにそこでも寝泊まりしなければならない、という厳然とした家族間の「法」があった。

この「法」を子供時代の私が気持ちの上で受け入れるには、実の両親の虐待やネグレクトはあまりにも問題外だったのだけれど、とにかくこういう生育環境が、私に帰属意識の薄さの反面、どこでも自分の居場所と勘違いしてしまうような図々しさと、閉鎖空間における集団生活への意外な高い順応性を身に付けさせたようだ。
病院の入院生活とか、一定期間外部と接触を断って修行する瞑想センターや留学生活に伴ったヒマラヤ地方での山奥の暮らしなど、閉鎖的な狭い隔離された環境に置かれると、しばしば水を得た魚のように居心地良く感じてしまう時がある。
その自分の奇妙な性質を実感する時、私が自然と思い出すのは、あの記憶だ。学校も両親も周囲の社会も、どれも楽しくない要素ばかりだった少年期に、束の間でしかなくとも唯一自分が守られて安全な場所が母の実家の環境だった、という部分がどうしたって思い浮かんでくる。

私は、高校を卒業してから数年間放浪生活をしていた時期もあったのだけれど、放浪生活に順応できたのも、自分の決まった部屋も居場所もない中で、一晩限りでも居心地のいい空間を見つけたい、という感覚が根付いていたのと無関係ではなかった気がする。
その場所が外部にはあまり知られていない、母の実家で納屋や蔵の中に安らぎを感じた時のような恍惚の瞬間を齎してくれるのなら、そういう発見をしてみたい、という意欲が私にはあった。たとえすぐには誰かと共有できなくて、むしろ孤独にならなければいけないような種類の行動や選択であったとしても。
だから、アジアの田舎町や森、南の島、日本の萎びた山奥の村や温泉、といったものに強い魅力を感じたし、そうしたものに目が向きやすかった。若くて健康な間は。

それで、そういう部分で趣味の合う女性と他の考え方や性格は合わなくても結婚して、病気になると同時に離婚したのは、一つ私の人生の中で象徴的な出来事だったと感じている。
なので、やはり、もっと束の間でない価値や喜びを見い出す方向にシフトして行きたい、という動機が強まった事も、政治やカメラといった外向きなものへの関心が高まった理由の一因な気はする。
e0296801_1045552.jpg

by catalyticmonk | 2017-02-01 00:42 | 忘れ物 | Comments(0)


溢れ出る部分を勝手にやっています。異端者のあなた、多分私はあなたの味方か仲間です。 河元玲太朗


by catalyticmonk

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
インド生活
貨幣経済
学校教育
チャップリン
経済開発と環境破壊
忘れ物
輪廻転生
言論の自由と情報リテラシー
自己経歴
名古屋及び尾張地方の土地柄
貧困差別・人権教育
不安夢
旅の糧
異端者を作り出し疎外する社会
瞑想センター
大量消費社会の本質
読書
Drawling Stone
ネアンデルタール人
盗作事件
プロパガンダ報道
ゆとり社会
皆影響され翻弄される
人間は必ず過ちを犯す
地球人
優越感の生物学的功罪
グローバリゼーションと全体主義
衆愚政治の回避と個の確立
季節の変わり目
ネグレクト、児童虐待
生と死のリテラシー
宗教の救済性と排他性
地元意識と首都
ブラック企業
反戦
湯宿ファンタジー
福島第一原発事故
陰謀論とオカルト
魔女狩り
性の分断
ジェンダー
依存症
ネオテニー論
ゲマインシャフト
希望社会
意思疎通
メディアリテラシー
個の尊重と人権
イスラエル
風俗業
集団的自衛権
嫌韓嫌中
サイコパス
ごみ屋敷
呪術
ファッション
食品添加物
ポジティブ思考
表現の自由
太鼓持ち芸人
無縁社会
経済と個人の実存
ヤンキー文化
精神医療
監視社会
相互抑圧
思想の自発的更新性
消費課税
高度情報化社会とSNSに感ずる諸々
草の根市民運動と選挙
マイノリティー差別
喫煙
人間の尊厳
支配構造
地震
食事
セクシャリティ
推敲
オトコ
アイドル
人権
医療問題
ハリウッド
ハイコンテクスト文化
神道とヒンドゥー教
いじめ問題
トンデモ情報
マイノリティー
ヤンキー文化とオタク文化
未分類

フォロー中のブログ

最新のコメント

また、それもよくありそう..
by catalyticmonk at 23:27
接客していても、買い物を..
by 通りすがり at 03:10
> 23さん 確かに、..
by catalyticmonk at 15:25
10代、20代の馬鹿女に..
by 23 at 11:22
管理人さんは「右翼思想犯..
by 脊髄反射を厭う右の人間より at 09:47
私だったら、ストレートに..
by catalyticmonk at 03:26
さて、その上でここから先..
by catalyticmonk at 01:07
別にそういう事はいくらで..
by catalyticmonk at 01:06
大学4年男です。 自分..
by dai at 15:08
ありがとうございます! ..
by catalyticmonk at 11:13

メモ帳

最新のトラックバック

venushack.com
from venushack.com
venushack.com
from venushack.com
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
呪術師,寄合,メディア
from 哲学はなぜ間違うのか
シールズ関西のブログ記事
from 御言葉をください2

ライフログ

検索

ブログパーツ

最新の記事

服従させるための精神論の罠
at 2018-12-15 23:02
服従させるための精神論の罠
at 2018-12-15 23:02
超管理社会と人間性の屈折
at 2018-12-10 23:32
人はそれぞれの背景ごとに違う..
at 2018-12-06 00:37
ヤンキー VS オタク
at 2018-11-27 23:51
流通とアライアンス
at 2018-11-27 23:41
生き辛さと政治行動
at 2018-11-08 00:32
話にうわの空になるオトコ
at 2018-11-07 23:40
付きまといといじめ心理
at 2018-10-15 23:50
議論と寛容
at 2018-10-01 00:24
トラウマを乗り越えることにつ..
at 2018-09-30 23:08
トラウマを乗り越えることにつ..
at 2018-09-29 00:12
トラウマを乗り越えることつい..
at 2018-09-28 22:39
異なる正義のあなたと私が共に..
at 2018-09-25 00:26
協調性に満ちた吊し上げ社会
at 2018-08-28 00:50
エホバの証人
at 2018-08-16 23:02
信頼と絆の根
at 2018-08-16 12:36
このいじめ体験の告白動画、感..
at 2018-08-07 00:44
私がトンデモ情報に慎重な理由
at 2018-08-06 00:03
強い個性を求めない日本の大衆文化
at 2018-08-05 11:29

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

健康・医療
哲学・思想

画像一覧