人気ブログランキング |

日常の中にある談合的恭順

e0296801_10232638.jpg
たまにキレた方がいいのは確実です。バーチャルでも現実でも。
ただ、私が一回キレると破壊力があり過ぎるみたいなんで、結構ギリギリまでいつも我慢しています。

やっぱり虐待家庭で育っているので、一回そこを解放すると濃度が高過ぎるようで、実際に戦争に行っている兵役上がり直後のイスラエル人の若者たちともインドの瞑想センターで寝食を共にしましたが、「レイタローは他の日本人と違う、怖い」と言われるほどでした。彼らの多くが非常に粗野だったので、一緒に暮らす上で、自分のストッパーを取り払って接していたのです。

でも、彼らとはそれで仲良くなれて、彼らの戦争体験までリアルに聞けたので良かったし、彼らが問題を起こした時に地元のマフィアと掛け合ったりして助けたので、集団意識の強いイスラエル人の間で、あっと言う間にヒーロー扱いになって、「ああ、同胞意識が強い人々との関係ってこんなに気持ちのいいものなんだなあ」と、人生で初めて実感したりしました。ま、イスラエル人とは一般的に相性が合わないイタリア人のグループとも私は仲良かったので、そこで変な軋轢が生じた時もありましたがね。
後からガチで「あなたは私たちのヒーローよ」とか、「Only Ray is real good person.(レイタローだけが本当のいい奴だ)」なんて言われたので、単にすっかり気を良くした、という単純な側面も否定しません。馬鹿みたいだ、と思われるかも知れませんが、一度でも真顔で他人にそう言われてみてください。どんなひねくれた人間でも一瞬で人生観が変わりますから。

e0296801_1048153.jpg自分のために怒って、自分のために楽しんで、でもそうした中で本当に中身のある他者との関わり合いをして、議論し、そういった事を通じてお互いの程良い距離や協力関係が生まれてくるのが、本来の社会であり共同体であるはずです。

ですが、日本では表面的に、いわゆる建前やエチケットとして「だけ」、礼儀正しく温厚に振る舞う態度が立派な姿勢とされていて、怒るべき時にも怒りません。
後で親しい者同士で集まって相手の陰口を言ったり、力のある人に根回しをして気に入らない人物を吊るし上げたり日常的にしますが、それを普通の善良な人間が、少しもやましい行為をしているという自覚もなしに、自然とやっていたりします。

だけれど人間同士には思い込みがあるので、そういう手法だと誤解によるフライングが頻発しやすいし、疑心暗鬼になりやすく、実際、日本人はそういうのが普通だと思い込んで暮らしている面があります。
そこは、一旦日本社会の外側で暮らしてみると明瞭に分かります。だから帰国子女の子が日本に帰ってくるとノイローゼになったりするケースが多いんですがね。

最初に「たまにはキレた方がいい」と書きましたが、すべて本音だけで生きていたら、それはそれでボケて理性を失ってしまうのと同じになりかねない、というのも一面の真実としてあるとは思います。
なので、そんな極端から極端を目指す必要もないでしょうが、日本人は自殺率が高いだけの理由があると言うか、やっぱり極端なんですよね。
本来であれば、たまに本気で怒ったりするのもコミュニケーションの一部であって健全な人間のあり方なのだけれど、日本でそういう事をすれば職を失うかも知れない。職を失っても次のスキルが続くとは限らない。そもそもそんな選択の余地もないほどギリギリな線で暮らしている人も大勢いるのです。
だけれど、それが私たち自身の幸福につながっているのか。

ある意味、日本は談合型社会な訳ですが、そういった構造で回っている世界であると、どうしても一方的な押しつけがましい態度を相手にしてしまいやすくなります。やはりこの社会の現実ありのままがそうである通り、あまり人と変わった事を独自な判断ではしないで、数の多いものに合わせて事なかれ主義で生きるのが無難であり、堅実である、という話に向かって行きがちだと感じます。

でも、それで失われるものは、建設的な議論や風通しのいい意見交換と、自身がどうしても「真ん中ら辺の当たり障りのない標準」からこぼれ落ちたり、一般的でない立場や境遇に置かれた時の、周囲の柔軟な理解や相互扶助です。
また、賄賂がなぜいけないか、といった部分ともつながってくる話ですが、こうした仕組みで回っている社会だと、必然的に弱者や少数者が理不尽な搾取や不利益を被りやすくなります。

そういった諸々の現実が、この日本社会を隠蔽体質や封建的ないじめ体質に留め置いて、そこに近代化の波が共同体や家族の枠組みを破壊したのでさらに緩衝材となる部分も薄くなり、このような息苦しい世の中になっているのだと考えられます。
元々、地縁・血縁で回っている封建的談合型社会だったのが、さらにそこに経済至上主義が加わった、といったところでしょう。

だけれど、今でもこの国の本当の支配層は、主に地縁・血縁に基づいて構成されている部分が大きいと考えられます。
政財界、大企業の幹部にもそうした層が多い訳ですが、その層とそれよりは一段下の自由競争的な経済活動で勝ち残ってきた一部の勝ち組だけが、他の大衆と分離した特権的な社会の決定権を握っています。どんどん富と利権がそこに集約される取り決めをして、結果、当然の如く格差と貧困が広がっている、といった非民主的な図式があります。

また、そうした構造が継続し、そんな政治をする為政者が国のトップに立ててしまうのも、すべてこの談合的恭順の姿勢を私たち自身が率先して受け入れてしまっている習性あっての事だ、と社会心理学的な視点からは捉えられると思います。
ですから、私たち一人一人の意識が変わらない限り変化は起きないし、変われば、それは変わるのです。
e0296801_10503285.jpg

by catalyticmonk | 2017-02-16 00:02 | 希望社会 | Comments(0)


溢れ出る部分を勝手にやっています。異端者のあなた、多分私はあなたの味方か仲間です。 河元玲太朗


by catalyticmonk

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
インド生活
貨幣経済
学校教育
チャップリン
経済開発と環境破壊
忘れ物
輪廻転生
言論の自由と情報リテラシー
自己経歴
名古屋及び尾張地方の土地柄
貧困差別・人権教育
不安夢
旅の糧
異端者を作り出し疎外する社会
瞑想センター
大量消費社会の本質
読書
Drawling Stone
ネアンデルタール人
盗作事件
プロパガンダ報道
ゆとり社会
皆影響され翻弄される
人間は必ず過ちを犯す
地球人
優越感の生物学的功罪
グローバリゼーションと全体主義
衆愚政治の回避と個の確立
季節の変わり目
ネグレクト、児童虐待
生と死のリテラシー
宗教の救済性と排他性
地元意識と首都
ブラック企業
反戦
湯宿ファンタジー
福島第一原発事故
陰謀論とオカルト
魔女狩り
性の分断
ジェンダー
依存症
ネオテニー論
ゲマインシャフト
希望社会
意思疎通
メディアリテラシー
個の尊重と人権
イスラエル
風俗業
集団的自衛権
嫌韓嫌中
サイコパス
ごみ屋敷
呪術
ファッション
食品添加物
ポジティブ思考
表現の自由
太鼓持ち芸人
無縁社会
経済と個人の実存
ヤンキー文化
精神医療
監視社会
相互抑圧
思想の自発的更新性
消費課税
高度情報化社会とSNSに感ずる諸々
草の根市民運動と選挙
マイノリティー差別
喫煙
人間の尊厳
支配構造
地震
食事
セクシャリティ
推敲
オトコ
アイドル
人権
医療問題
ハリウッド
ハイコンテクスト文化
神道とヒンドゥー教
いじめ問題
トンデモ情報
マイノリティー
ヤンキー文化とオタク文化
嫉妬
浅草
ストレス社会
犯罪
江戸川区小岩
闘病
鉄道
ネグレクト
未分類

フォロー中のブログ

最新のコメント

おはようございます。お返..
by tomo1979 at 08:05
なるほど。お話は分かりま..
by catalyticmonk at 14:07
今晩は、夜分遅く失礼致し..
by tomo1979 at 00:15
世の中に女性へのセクハラ..
by catalyticmonk at 05:04
そのような正義感がよりあ..
by けつあご at 17:59
痴漢や暴力を女性に働いた..
by catalyticmonk at 15:44
売ってる本よりおもしろい..
by けつあご at 22:13
若い女はあなたの想像以上..
by けつあご at 21:46
あなたの文章は経験が根に..
by けつあご at 21:41
また、それもよくありそう..
by catalyticmonk at 23:27

メモ帳

最新のトラックバック

venushack.com
from venushack.com
venushack.com
from venushack.com
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
呪術師,寄合,メディア
from 哲学はなぜ間違うのか
シールズ関西のブログ記事
from 御言葉をください2

ライフログ

検索

ブログパーツ

最新の記事

ネグレクト
at 2019-06-13 00:17
全世界鉄道乗降者数ランキング
at 2019-06-12 23:28
小岩時代
at 2019-06-12 22:17
犯罪社会の入り口にあるような..
at 2019-06-11 22:09
闘病を通して感じた事柄
at 2019-06-10 23:23
相性と巡り合わせ
at 2019-06-02 14:22
共依存的な文化
at 2019-06-01 22:17
セクシズムが殺伐とさせるもの
at 2019-06-01 21:07
鬱病大量生産社会
at 2019-06-01 05:03
魂の気高さと子供騙し
at 2019-05-30 22:20
どんな人生も失敗じゃない
at 2019-05-24 22:23
自己肯定感
at 2019-05-19 22:39
他者との融合的関わり方と付和雷同
at 2019-05-19 22:10
精神世界の理想化と妥当なリス..
at 2019-05-18 22:23
性善説かどうかについて
at 2019-05-15 00:21
ポップな百鬼夜行
at 2019-05-11 11:13
洗脳とムラ社会
at 2019-05-10 21:25
宗教と帰属願望
at 2019-05-03 14:35
自立心のない集団は崇拝する相..
at 2019-05-03 14:10
信じる事の熱狂と不安
at 2019-04-09 23:53

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

健康・医療
哲学・思想

画像一覧