自由からの逃走と管理社会

e0296801_21315336.jpg
厚生労働省は2月14日、保育所に通う3歳以上の幼児に対し、国旗や国歌に親しむことを求める文言を初めて盛り込む保育所保育指針改定案を公表したそうです。
保育所は学校教育法に基づく施設ではなく、保護者から幼児を預かる福祉施設であるのに、そこにさえこうした特定の価値観を強要しようとするのは、もはやこの国は道徳は国民ではなく国家権力が決めるのだ、と言っているようなものです。主権者は国民なのに。
ま、主権在民を謳った最高法規であるはずの憲法が、時の為政者である一内閣によって堂々と蔑ろにされている世の中ではこんな話も進行してしまいますよね。
自分たちの権利や、何より尊厳と自由が奪われつつある、と我々はもっと危機感を持たなければなりません。

社会の公的福利のために、対等に話し合って納得して初めて積極的な秩序は生まれるのであって、まだ判断力もない幼い頃からこういうものが正しいのです、と押し付けられた価値観は、そうやって育てられた人間が大きくなった時に、それだけ融通の利かない先入観や偏見となって、他の多様な価値観や考え・生き方を一方的・支配的なやり方で排斥しようとするようになるだけです。

e0296801_21323947.jpg大切なのは、自分の基準でおかしいと感じたとしても、自分の感覚や予想と同じでないと奇妙だ、と決めつけないことですよね。
で、少なくとも、自分と違う他人であっても、当人の願わない事を勝手にしない。その時その場その相手毎の発想が肝心だと思います。弁証法って言うんですけどね、そういうの。
何かぶつけたい疑問や議論したいテーマがあっても相手が病気だとか、怪我をしているとか、その人が明らかに大変な時にはそれを気遣って遠慮する程度の礼儀は相手に示してみて、その上でようやく対話の糸口が自然に開けてくるんじゃないですかね。
相手の尊厳を認めた一連の人間的な順序があって、違う存在を違う存在なりに対等に扱う、というのが最初の第一歩にあって、初めて何事かが始まるんじゃないですか。そういう部分が全般的に雑ですよね、この国の社会って。
とことん個人の尊厳とか個人主義、ってところが分かっていない社会全体に蔓延する空気が、日本の大きな歪みだと私は感じています。

だいたい、愛国心が、思想が、と言う以前に、私は誰かに指図されたり、こうでなければいけない、なんて命令されるのが大嫌いなんです。
だから、思想信条なんかではなくて、そういうこの社会に生きる一個人の実感として語らせてもらいますね。それが、ここに存在する私の、実存的な一票だからです。
そして、それを一人一人が持っていると思い出して欲しいと願っています。シソーシンジョーなんて硬いものが、私たちの生の人生と別個にある訳じゃあないんだ、というところを、私はいつも感じています。

私は喧嘩両成敗なんて綺麗事は言わないんです。手を上げたら両方が悪い、という建前の元に、先に手を上げた強くて数の多い連中が結局得をする、というこの社会の偽善を、いじめられっ子だった子供時代から見てきたからです。
そうではなくて、理不尽な理由で、一方的な押し付けで、誰かが誰かを抑圧する時に、必然的に争いが起きるのです。

つまり、こういう事です。
レイ君が愛知県なのに親が関東人で標準語の坊ちゃん言葉でキモいから、とマサ君が彼のパンツに水槽の水毎金魚を入れたから喧嘩になったのに、加勢してきた数人に一人で必死で抵抗するうちにコー君の肩に怪我を負わせたレイ君だけが悪者に。徒党を組んでいじめた連中が口裏を合わせてレイ君だけを乱暴者扱いして、ホームルームの時間にレイ君が教室の黒板の前にみんなの席を背にして立たされて、担任教師が「今学期、レイにいじめられた人、手を挙げて」と言ったら、後ろで全員の手が上がった時に静かに服が擦れる音がして、でもレイ君はいじめられこそしていても誰もいじめた記憶なんてなくて、むしろバイキンごっこでいじめられていたサッちゃんを助けたし、エホバの証人の家の子で布教活動で親と一緒に地域の家庭を回っていていじめられていたツヨシ君も庇った。
小学3、4年生だったレイ君にはなんだか分からず途方に暮れるばかりでしたが、大人の頭で考えたら、コー君の一件(本当は学級ぐるみの陰湿な集団いじめ事件)でコー君の母親と、PTAと、学校の先生と、レイ君の親全員がレイ君の敵に回って、彼がコテンパンにやられているのを他の多くの子供たちも見ているうちに「アイツを悪者にしておくと面白い」みたいな群衆心理になったに決まっているんですよ。

分かりやすく端折ってはいますが、ほぼ全部が私の子供時代の実体験です。そういう育ち方をしたから、私は基本的に学校も、PTAによくいる教育ママタイプも、大大大嫌いで、逆にみんなに理不尽に虐げられている人たちがいると、それが自分とは違う在日外国人だろうが、キョーサントーだろうが、カルト教団の子だろうが庇いました。
ですが、同時に支配されるのが大嫌い、誰かに媚びを売るのが心底嫌いなんで、高校生の時の親友は在日コリアンだったけど韓国びいきではないし、仲間を求めてどこかの宗教や政党に入るなんてなかったのです。
むしろ、それまで好意的に接していた相手が自分に越権行為的に何かの判断や価値観を彼らの所属する集団の基準で押し付けてくると、昨日まで親しかった人と今日は氷のように冷めた気持ちで距離を感じる、といったふうでした。

e0296801_21354867.jpgでも、それが私が特別ひねくれているからでも、エキセントリックだからでもない、と分かっているので、信念を持ち続けられるのですね。
立場や考え方、感覚が違う相手であっても、その人を対等な存在として扱う事がすべての人対人の基本であって、定まった法や宗教道徳、〇〇主義といった思想が勝手に相手の生き方を規定できるなんて思っていないだけなのです。

子供の頃からこうじゃないといけない、ダメだ、といった形で愛国心なるものを教え込むのは、国中がそういう一方的な正義しか考えない排外主義的で 無思慮な世界に向かっていく事なんだ、というのを、私は肌実感で理解把握できるのです。
話になりませんよ、こんな方向に教育なんてしていては。何か大きなものに従うといった形で社会的な協調と秩序を保つ、という社会風土を日本の学校教育もそのまま取り入れていますが、それでは何か問題が起きた時にも事なかれ主義で隠蔽体質になるし、解決に向けたオープンな議論なんて進む訳がありません。
社会全体が封建的な権威主義やいじめ体質から未だに脱却できていない訳ですが、それで苦しむのは日本人自身、得をするのはほんの一握りの支配する権限を握った特権層だけです。

まあ、私は一応、常に「希望のある言葉」を発していようと心掛けています。まず、明るい希望を持たないと始まらない事は多いし、そういう気分自体が幸福の動力源だからです。
でも、フィジカルな要素や現実の構造も直視しないと、空理空論の歪んだ姿勢にもなりやすいでしょう。
そして、地域の共同体や家族の枠組みが希薄化し、大量消費社会、管理社会、IT化社会が進行する中で、みんなが商業広告や、価値観の押し売り的なマスメディアからのプロパガンダ、仮想現実のイメージに、その自らの意識を大きく左右される傾向が強まっています。

だから「希望のある言葉」も間違った受け入れ方・使い捨て的な消費の方向に流されやすく、気持ちのいいイメージだけを表面的に歓迎して、実際の酷さを見ない、過小評価したがる人間があまりにも多くなっています。
こういう時代だからこそ、「いや、自分たちの立っている場所は本当はこうだし、気付かなきゃいけない現実もあるんだよ」と言う必要もまた増してきている気がします。
e0296801_21343776.jpg

by catalyticmonk | 2017-02-15 21:10 | 希望社会 | Comments(0)


溢れ出る部分を勝手にやっています。異端者のあなた、多分私はあなたの味方か仲間です。 河元玲太朗


by catalyticmonk

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
インド生活
貨幣経済
学校教育
チャップリン
経済開発と環境破壊
忘れ物
輪廻転生
言論の自由と情報リテラシー
自己経歴
名古屋及び尾張地方の土地柄
貧困差別・人権教育
不安夢
旅の糧
異端者を作り出し疎外する社会
瞑想センター
大量消費社会の本質
読書
Drawling Stone
ネアンデルタール人
盗作事件
プロパガンダ報道
ゆとり社会
皆影響され翻弄される
人間は必ず過ちを犯す
地球人
優越感の生物学的功罪
グローバリゼーションと全体主義
衆愚政治の回避と個の確立
季節の変わり目
ネグレクト、児童虐待
生と死のリテラシー
宗教の救済性と排他性
地元意識と首都
ブラック企業
反戦
湯宿ファンタジー
福島第一原発事故
陰謀論とオカルト
魔女狩り
性の分断
ジェンダー
依存症
ネオテニー論
ゲマインシャフト
希望社会
意思疎通
メディアリテラシー
個の尊重と人権
イスラエル
風俗業
集団的自衛権
嫌韓嫌中
サイコパス
ごみ屋敷
呪術
ファッション
食品添加物
ポジティブ思考
表現の自由
太鼓持ち芸人
無縁社会
経済と個人の実存
ヤンキー文化
精神医療
監視社会
相互抑圧
思想の自発的更新性
消費課税
高度情報化社会とSNSに感ずる諸々
草の根市民運動と選挙
マイノリティー差別
喫煙
人間の尊厳
支配構造
地震
食事
セクシャリティ
推敲
オトコ
アイドル
人権
医療問題
ハリウッド
ハイコンテクスト文化
神道とヒンドゥー教
いじめ問題
トンデモ情報
マイノリティー
ヤンキー文化とオタク文化
未分類

フォロー中のブログ

最新のコメント

また、それもよくありそう..
by catalyticmonk at 23:27
接客していても、買い物を..
by 通りすがり at 03:10
> 23さん 確かに、..
by catalyticmonk at 15:25
10代、20代の馬鹿女に..
by 23 at 11:22
管理人さんは「右翼思想犯..
by 脊髄反射を厭う右の人間より at 09:47
私だったら、ストレートに..
by catalyticmonk at 03:26
さて、その上でここから先..
by catalyticmonk at 01:07
別にそういう事はいくらで..
by catalyticmonk at 01:06
大学4年男です。 自分..
by dai at 15:08
ありがとうございます! ..
by catalyticmonk at 11:13

メモ帳

最新のトラックバック

venushack.com
from venushack.com
venushack.com
from venushack.com
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
呪術師,寄合,メディア
from 哲学はなぜ間違うのか
シールズ関西のブログ記事
from 御言葉をください2

ライフログ

検索

ブログパーツ

最新の記事

服従させるための精神論の罠
at 2018-12-15 23:02
服従させるための精神論の罠
at 2018-12-15 23:02
超管理社会と人間性の屈折
at 2018-12-10 23:32
人はそれぞれの背景ごとに違う..
at 2018-12-06 00:37
ヤンキー VS オタク
at 2018-11-27 23:51
流通とアライアンス
at 2018-11-27 23:41
生き辛さと政治行動
at 2018-11-08 00:32
話にうわの空になるオトコ
at 2018-11-07 23:40
付きまといといじめ心理
at 2018-10-15 23:50
議論と寛容
at 2018-10-01 00:24
トラウマを乗り越えることにつ..
at 2018-09-30 23:08
トラウマを乗り越えることにつ..
at 2018-09-29 00:12
トラウマを乗り越えることつい..
at 2018-09-28 22:39
異なる正義のあなたと私が共に..
at 2018-09-25 00:26
協調性に満ちた吊し上げ社会
at 2018-08-28 00:50
エホバの証人
at 2018-08-16 23:02
信頼と絆の根
at 2018-08-16 12:36
このいじめ体験の告白動画、感..
at 2018-08-07 00:44
私がトンデモ情報に慎重な理由
at 2018-08-06 00:03
強い個性を求めない日本の大衆文化
at 2018-08-05 11:29

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

健康・医療
哲学・思想

画像一覧