人気ブログランキング |

「神」という言葉の両価性

e0296801_16213840.jpg
思いきってカッコつけてみる。B級SF風コラージュ写真といったところかな。
他人がどう感じるかは別として、これが自分なんだ、と変態度むき出しにして作らないと、中途半端な自己主張じゃつまらない。

ドン引きされ兼ねないテーマの抱き合わせで、私が数日来書いても秘蔵していていた手記を出してみる(笑)。
神に関する独白だったので、出しても唐突で個人的過ぎると思われて、誰かに絡まれるのが関の山かな、と思い、表に出していなかった。

ま、そんな大した作品を構えて作ったつもりもないけど、今は私がすぐにこういうコラージュ写真を作ってしまう内的世界観の根拠の説明にもつながる。
対象物の素材は結構ランダムだけれど、こういう生命の息吹きや流れを体感しているのは事実で、ある部分、宗教的な次元とも言える。だけれど、それは私が日常的に身近に感じている感覚を出しているだけで、大それた意図もない。ユーモアとだって同居可能なものだ。

だから精神錯乱でもデタラメでもないのだけど、神秘思想を拙い表現力で振りかざしている訳でもない、といったところの説明はあっていい。
その意図で出すのであれば誰かと議論するつもりはない、という意思も明示しやすくて好都合だ。フロイト学派かぶれの精神分析オタクなら、とっても意地悪な解釈をしてくれそうだけど。

無神論を押し付けてくる人も時折いて、それが自分にとってなんだかな、と感じさせられるところから、なんとなく想いをまとめてみた。

まず最初に明確にしておくと、私はどんな信仰や価値観があってもいいと考えていて、自分自身で特定の宗教団体に入信した事は一度もない。
だけれど、理詰めに神なんていないから無神論になれとか、唯物論になれ、と言われると困る部分がある。

特に仏教のお坊さんの中にそういう事を押し付けがましく説教してくる人がいる。またインドでも仏教徒系の人脈に接続していると、神を信じるなど問題外だ、という強い論調があった。
別に仏教の価値体系を否定するつもりはないのだけれど、仏教徒と無宗教の人間が多い日本だと、そういう考えも少なくない。
あれを私に向かって言われるのは、実際時間のムダだ。だって何を言われたところで、私自身が神を感じているからだ。

私は最初から信じる・信じない、といった観念的な次元でない部分が強固だったので、神を否定する事はなかった訳だけれども、実は通常の人間社会の信頼関係の方がずっと観念的で、多分に迷信的だと思っている。

虐待家庭で育ったのも手伝って、人間を信用していない面が自分にはある。そう言ってしまうと人聞きがよろしくないのだけど、私は政治的・宗教的・商業的なプロパガンダや勧誘に人一倍疑念を抱く方だし、最初の時点で他人の言う言葉を慎重に吟味する基準が、大多数の世の人と随分違う。
だけれど、それは友愛の精神や同情心がないのとは違うんだな。
人間なんてそんなものだ、という次元で、自分とは異なる他者に絶対的な何かに求めたり押し付けたりしないし、だからこそ人への共感や温情も感じられるんだ。
私の中に父権的権威として何かを崇める気持ちはない。

自身の頭でしっかり考えないで、誰か何かの権威が正しいと言ったものなら正しい、悪い噂を信じてもう即他者を吊るし上げたり虐げる、なんて態度の方がよっぽど迷信的だ。悪しき宗教のイメージの源泉もそうしたところにあると思う。

私の場合は、現実の肉親に父親からは直接的な暴力と精神的虐待を受け、ネグレクトの母親からは母なる愛を求められない、母の実家の祖父母や叔母の存在によってなんとか育ったけれど、その保護も中途半端なもので、基本は自分自身を信じるしかない、という独特な環境で育った。
多分、生き物として生まれ持った母なる愛を求める気持ちそのものが、神の光を直接体感する、という回路に繋がったのだと感じている。

そこの中身について誰かと討論する気はさらさらない。
もし、普通の家庭で育った人が他人から両親を愛してはいけない、と説教されたら不快に思うだけなはずだ。
やっぱり、フロイトかぶれが残酷な解釈をしたがりそうな部分だと思うけれど、彼らの犯しがちなそうした躁的解釈みたいな態度こそ、ある種の病気だ。

神を感じる感性というものは、考える行為によって分かりにくくなる面がある。カテゴライズや様々な疑念が神を見えにくくする。
しかし私の実感からすると、神は神なんて言葉すらなくても存在するもので、人間だけが神を感じている、というのは、実は嘘だと思っている。
人間は「神」と言葉で呼んだ事によって、逆に他の言葉でその原初的な感覚を撹乱され兼ねない状態に自分たちを追いやってもいる。

ある意味、だからこそ本能を超える事ができたとも言えるのだろうけど、神と呼んだ事で、神がいろんなご都合主義な意味合いを持ち過ぎるようにもなった。
ニーチェが「神は死んだ」と言って、近代的自我に目覚めた一般社会に反響を与えたのは、彼自身の思想よりもそうした次元でだろう。

神とは、命の根源と繋がった理法そのものだと感じる。
それを無意識と呼ぶか、本能と呼ぶか、或いは神秘的な力とするか、といった議論は枝葉末節であって、ただ感じられる人間にとっては理屈抜きに感じられるものだ。
by catalyticmonk | 2017-03-02 00:19 | 忘れ物 | Comments(0)


溢れ出る部分を勝手にやっています。異端者のあなた、多分私はあなたの味方か仲間です。 河元玲太朗


by catalyticmonk

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
インド生活
貨幣経済
学校教育
チャップリン
経済開発と環境破壊
忘れ物
輪廻転生
言論の自由と情報リテラシー
自己経歴
名古屋及び尾張地方の土地柄
貧困差別・人権教育
不安夢
旅の糧
異端者を作り出し疎外する社会
瞑想センター
大量消費社会の本質
読書
Drawling Stone
ネアンデルタール人
盗作事件
プロパガンダ報道
ゆとり社会
皆影響され翻弄される
人間は必ず過ちを犯す
地球人
優越感の生物学的功罪
グローバリゼーションと全体主義
衆愚政治の回避と個の確立
季節の変わり目
ネグレクト、児童虐待
生と死のリテラシー
宗教の救済性と排他性
地元意識と首都
ブラック企業
反戦
湯宿ファンタジー
福島第一原発事故
陰謀論とオカルト
魔女狩り
性の分断
ジェンダー
依存症
ネオテニー論
ゲマインシャフト
希望社会
意思疎通
メディアリテラシー
個の尊重と人権
イスラエル
風俗業
集団的自衛権
嫌韓嫌中
サイコパス
ごみ屋敷
呪術
ファッション
食品添加物
ポジティブ思考
表現の自由
太鼓持ち芸人
無縁社会
経済と個人の実存
ヤンキー文化
精神医療
監視社会
相互抑圧
思想の自発的更新性
消費課税
高度情報化社会とSNSに感ずる諸々
草の根市民運動と選挙
マイノリティー差別
喫煙
人間の尊厳
支配構造
地震
食事
セクシャリティ
推敲
オトコ
アイドル
人権
医療問題
ハリウッド
ハイコンテクスト文化
神道とヒンドゥー教
いじめ問題
トンデモ情報
マイノリティー
ヤンキー文化とオタク文化
嫉妬
浅草
ストレス社会
犯罪
江戸川区小岩
闘病
鉄道
ネグレクト
未分類

フォロー中のブログ

最新のコメント

おはようございます。お返..
by tomo1979 at 08:05
なるほど。お話は分かりま..
by catalyticmonk at 14:07
今晩は、夜分遅く失礼致し..
by tomo1979 at 00:15
世の中に女性へのセクハラ..
by catalyticmonk at 05:04
そのような正義感がよりあ..
by けつあご at 17:59
痴漢や暴力を女性に働いた..
by catalyticmonk at 15:44
売ってる本よりおもしろい..
by けつあご at 22:13
若い女はあなたの想像以上..
by けつあご at 21:46
あなたの文章は経験が根に..
by けつあご at 21:41
また、それもよくありそう..
by catalyticmonk at 23:27

メモ帳

最新のトラックバック

venushack.com
from venushack.com
venushack.com
from venushack.com
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
呪術師,寄合,メディア
from 哲学はなぜ間違うのか
シールズ関西のブログ記事
from 御言葉をください2

ライフログ

検索

ブログパーツ

最新の記事

ネグレクト
at 2019-06-13 00:17
全世界鉄道乗降者数ランキング
at 2019-06-12 23:28
小岩時代
at 2019-06-12 22:17
犯罪社会の入り口にあるような..
at 2019-06-11 22:09
闘病を通して感じた事柄
at 2019-06-10 23:23
相性と巡り合わせ
at 2019-06-02 14:22
共依存的な文化
at 2019-06-01 22:17
セクシズムが殺伐とさせるもの
at 2019-06-01 21:07
鬱病大量生産社会
at 2019-06-01 05:03
魂の気高さと子供騙し
at 2019-05-30 22:20
どんな人生も失敗じゃない
at 2019-05-24 22:23
自己肯定感
at 2019-05-19 22:39
他者との融合的関わり方と付和雷同
at 2019-05-19 22:10
精神世界の理想化と妥当なリス..
at 2019-05-18 22:23
性善説かどうかについて
at 2019-05-15 00:21
ポップな百鬼夜行
at 2019-05-11 11:13
洗脳とムラ社会
at 2019-05-10 21:25
宗教と帰属願望
at 2019-05-03 14:35
自立心のない集団は崇拝する相..
at 2019-05-03 14:10
信じる事の熱狂と不安
at 2019-04-09 23:53

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

健康・医療
哲学・思想

画像一覧