もののはっきり言えない日本人

e0296801_05343780.jpeg
日本人の生きにくい性格は、その場で話を解決させない、感情や考えを言えないことが一番の問題な気がする。
それが、無用な憶測や疑心暗鬼、ストレスを生み、根拠のない軋轢をこの社会の中で増やしている。

協調性の美徳が忖度や付和雷同といった変な方向に進んでいってしまっている風潮や文化・教育なままである点が、やはり大きな問題なのだと思う。

その場で話を解決させない、感情や考えを言えないから、そういった事を、別の場で盛り上げ同調させて、話を大きくしたり、ただの勘違いや愚痴みたいな話が社会問題になってしまったりする。
「小学生の女子みたいに、トイレに行くのも誰かと一緒で、一人で物事を考えないまま、行動しないまま大人になっているような社会だ」と私に言った友人女性もいる。

みんな、それで空回りしたり徒労感を味わって、自殺率も高かったりするストレス社会で変だなとは感じているのだろう。
だけれど、なんかいつまでたっても島国、井の中の蛙のような考え方が続いているのが不思議だ。一つの話題だけで盛り上げようとする情報番組の質の低さも、それを普通だと思っちゃう大人も。

イジメがなくならないのも、そんな狭い考え方で大人が子供にちゃんと注意出来なかったりするからなのではないのか。

ちょっと社会全体の閉塞感が凄くて、インド、特に市民社会の公平化も進んでいる3400万人が住んでいる南インドの自治州ケーララなんかが好きで、緩やかな共生社会みたいなのが理想像の自分からすると、おかしな方向に進んでいるな、と日本人は損をしている気がして、逆に可哀想だなって思ってしまう。
もっと自分のやりたいように、周囲を気にしないで生きれたら楽なのに。
なんか日本人や日本の文化って、もっとその辺を自身で掘り下げて整理して、行動や思考様式を根本からアナライズした方がいいと思う。

e0296801_05390926.jpeg
「人権問題」や「公共社会の公平性」に敏感なはずの人々も、大半は日本的な錯覚の内側に飲まれている。
自分の価値基準や好みと違うもの全てを否定的に捉えて正当化する変な風潮が異常発達している印象を受ける。

例えば最近の流行りの言葉に「マウンティング」というのがあって、男性が女性に自慢話や押しつけがましい教える行為をしたがる、というものだ。
そういうのは、男性優位の傾向が顕著で人権後進社会の日本ではたくさんあったと思うし、公平でないものは平等にしたいし、失礼なものは失礼と言い、また互いの意識差を話し合って解決していかなければならない。

でも、そういうのでも、何かおかしな方向に話が進んでいく。
ある種の流行りの見方になった途端、拡大解釈でなんでもかんでも「マウンティング」扱いして、ただ、その人自身が内気だったり人間不信・男性不信だったりするのを、そうやって被害妄想的に捉えているだけなんじゃないか、って話が急に激増して。

別にマウンティングに関しては私個人はまだ直接言われた事がないけれど、日常の話題で出されている使われ方を聞いていると、ゾッとするような内容も増えていて。中には「憶測に基づく誤爆」「被害妄想」だったりする場合も多々あるんじゃないか、と。

それはマウンティングじゃなくて、たまたま知っている相手と鉢合わせした時に会話の潤滑油として自分の持ちネタの話題をしただけだったかも知れない。
話題や興味の対象が違って相手の知らない事だったりした場合に、全部自慢だとか、マウンティングだとか悪意に捉えているだけかも知れない。

でも、そのあたりを問い質してみると、「私が」そういうふうに不快に感じた事なら、すべて被害実態がある、「相手がどういうつもりだったか」は人権問題に関係ない、被害実態に対する見識があなたは甘過ぎる、もっと勉強し直しなさい、くらいな事を言うのが日本風の「意識高い系」の人々にありがちな言説で、そこに物凄く歪んだバイアスを私は感じてしまう。

不思議なところは他にも諸々ある。
盗撮が、女性車両が、と言うのはそれだけの危険もあるからだろう。だけれど、普通に道を聞いただけでも女性に身構えられてショックだった、と言っている中年男性の話もよく聞く。
その割に多摩地方の駅だと毎年若い女の子が夏の暑い日にホームでパンツ丸出しで向かいホームでずらっと並んで座り込んでいたり、どこに基準があるの??と、よくなる。

別に男性の側だって「見ず知らずの女性のそんなもの見たくない」若しくは「目のやり場に困るけど、目を逸らさないでいて、たまたま目が合うと騒がれるのは理不尽だ」等々といった様々なパターンの感性、不満もあると思う。

e0296801_05410881.jpeg
女性の被害が多かったら、そうやって悪意のない相手にまで世知辛い思いにさせる部分に対して、「仕方ない」で済ませていたら、人権なんて他人に主張する根拠や正当性を失ってしまって、ただの抑圧や脅迫行為になるだけだ。
ばっさり「自分が不快に感じた事なら、すべて被害実態がある、相手がどういうつもりだったか、は人権問題に関係ない」と言って切り捨ててしまうと、また別の差別や偏見が再生産されるのだし、論理的に矛盾している。
気にするべきところでユルくて、明らかに必要ないところで疑心暗鬼に過剰になっている、という現象が、普通の会話なんかの次元でもよくある。

例えばアメリカ人なら、マウンティングや痴漢の問題も、女の子がパンツ丸見えで座っているのも、その場で自分が不快だったり、不愉快だったりしたら、多分、アメリカ人は年齢や性別関係なく声に出して気持ちを伝えられるし、分からないことに対しハッキリさせようとするんじゃないかな、と思う。
そういうのは、実のところ、日本以外、大概の国で当たり前の事だ。アメリカよりは伝統文化の影響もあるヨーロッパでも大概はそうだろうし、ロシア人でもインド人でも韓国人でも中国人でも、大体はそうだった。

いくらお互いに気持ちを察し合う気配りの精神が発達している文化だからと言って、時代はどんどん多様化してきているし、察し合えるのはある程度似た者同士の間だけだから、どうしても自分達と違う者の多様性の排除、主張する力の弱い者への冷遇、といったところに向かってしまう。

私達は人間だ。人間は言葉がなければ分からない。
言っても分かり合えない事もたくさんあるけれど、その違いを冷静に見極めて、事前に無用な軋轢を減らしていくより他ない。
気持ちや考えを相手に直接伝え合える文化の創生が必要とされている。
e0296801_05360312.jpeg


[PR]
by catalyticmonk | 2017-09-23 05:36 | 意思疎通 | Comments(0)


溢れ出る部分を勝手にやっています。異端者のあなた、多分私はあなたの味方か仲間です。 河元玲太朗


by catalyticmonk

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
インド生活
貨幣経済
学校教育
チャップリン
経済開発と環境破壊
忘れ物
輪廻転生
言論の自由と情報リテラシー
自己経歴
名古屋及び尾張地方の土地柄
貧困差別・人権教育
不安夢
旅の糧
異端者を作り出し疎外する社会
瞑想センター
大量消費社会の本質
読書
Drawling Stone
ネアンデルタール人
盗作事件
プロパガンダ報道
ゆとり社会
皆影響され翻弄される
人間は必ず過ちを犯す
地球人
優越感の生物学的功罪
グローバリゼーションと全体主義
衆愚政治の回避と個の確立
季節の変わり目
ネグレクト、児童虐待
生と死のリテラシー
宗教の救済性と排他性
地元意識と首都
ブラック企業
反戦
湯宿ファンタジー
福島第一原発事故
陰謀論とオカルト
魔女狩り
性の分断
ジェンダー
依存症
ネオテニー論
ゲマインシャフト
希望社会
意思疎通
メディアリテラシー
個の尊重と人権
イスラエル
風俗業
集団的自衛権
嫌韓嫌中
サイコパス
ごみ屋敷
呪術
ファッション
食品添加物
ポジティブ思考
表現の自由
太鼓持ち芸人
無縁社会
経済と個人の実存
ヤンキー文化
精神医療
監視社会
相互抑圧
思想の自発的更新性
消費課税
高度情報化社会とSNSに感ずる諸々
草の根市民運動と選挙
マイノリティー差別
喫煙
人間の尊厳
支配構造
地震
食事
セクシャリティ
推敲
オトコ
アイドル
人権
医療問題
ハリウッド
ハイコンテクスト文化
神道とヒンドゥー教
いじめ問題
トンデモ情報
マイノリティー
ヤンキー文化とオタク文化
未分類

フォロー中のブログ

最新のコメント

また、それもよくありそう..
by catalyticmonk at 23:27
接客していても、買い物を..
by 通りすがり at 03:10
> 23さん 確かに、..
by catalyticmonk at 15:25
10代、20代の馬鹿女に..
by 23 at 11:22
管理人さんは「右翼思想犯..
by 脊髄反射を厭う右の人間より at 09:47
私だったら、ストレートに..
by catalyticmonk at 03:26
さて、その上でここから先..
by catalyticmonk at 01:07
別にそういう事はいくらで..
by catalyticmonk at 01:06
大学4年男です。 自分..
by dai at 15:08
ありがとうございます! ..
by catalyticmonk at 11:13

メモ帳

最新のトラックバック

venushack.com
from venushack.com
venushack.com
from venushack.com
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
呪術師,寄合,メディア
from 哲学はなぜ間違うのか
シールズ関西のブログ記事
from 御言葉をください2

ライフログ

検索

ブログパーツ

最新の記事

服従させるための精神論の罠
at 2018-12-15 23:02
服従させるための精神論の罠
at 2018-12-15 23:02
超管理社会と人間性の屈折
at 2018-12-10 23:32
人はそれぞれの背景ごとに違う..
at 2018-12-06 00:37
ヤンキー VS オタク
at 2018-11-27 23:51
流通とアライアンス
at 2018-11-27 23:41
生き辛さと政治行動
at 2018-11-08 00:32
話にうわの空になるオトコ
at 2018-11-07 23:40
付きまといといじめ心理
at 2018-10-15 23:50
議論と寛容
at 2018-10-01 00:24
トラウマを乗り越えることにつ..
at 2018-09-30 23:08
トラウマを乗り越えることにつ..
at 2018-09-29 00:12
トラウマを乗り越えることつい..
at 2018-09-28 22:39
異なる正義のあなたと私が共に..
at 2018-09-25 00:26
協調性に満ちた吊し上げ社会
at 2018-08-28 00:50
エホバの証人
at 2018-08-16 23:02
信頼と絆の根
at 2018-08-16 12:36
このいじめ体験の告白動画、感..
at 2018-08-07 00:44
私がトンデモ情報に慎重な理由
at 2018-08-06 00:03
強い個性を求めない日本の大衆文化
at 2018-08-05 11:29

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

健康・医療
哲学・思想

画像一覧