日本人の個人の自由に対する観念への果たし状

e0296801_03502067.jpg
インドで、パソコンのデスクトップ画像を、自分がどこかで盛り上がっている時の記念写真にしていたイスラエル人女性がいて、日本人女性が「なぜ、あなたの写真を飾っているの?」と笑いながら訊いているのを耳にした事がある。
イスラエル人女性の答え。「それは、このラップトップが私のものだからよ」。怒らずフラットに返事しただけ立派だと思ったね、その時。

日本人だったら、こういう言葉を子供の頃からずっと聞いてきているので、そこで少しプレッシャーを感じるだろう。
でも、本当は、そんな事は自嘲気味に言う必要もない話で、自分の子供や恋人の写真がオンパレードで飾られていても構わないはずだ。

自撮りどころか、自分の恋人や子供の写真に至るまで濃淡はあれど、それを前提条件として「かまってちゃんだから」「目立ちたがりだから」、という次元の理由で、社会的な体裁は自分達の側にあるかのように非難がましく言う。何か批判する道徳的根拠があるみたいに。でも、そんなものはない訳だ。

だって、西洋人なり韓国人なり、インド人でも中国人でも、そうやって互いに楽しんでいるからね。それを何故もっともらしい理由をつけて揶揄したがるのか、意味が分からない。
問題なのは「こうじゃなきゃいけない」という同調圧力がこの社会で色濃い部分だ。
子供同士の喧嘩でも、そういうどうでもいい理由で不器用めな子に因縁をつけては集団で吊し上げ、いじめる。どうもニュースの記事などを色々と読んでいると、そういうところも私の子供時代と未だに変わっていないようだ。
だから、これは、私から日本社会への40年越しの果たし状だ。

「そんなの知らないわ、私は私の好きにするの」という次元で、昔の世代は感じないはずのないストレスを自分の内側に抱え込んで、ちょっとはねっかえりめな生き方を選択してきたし、今なお少なくない数の若者がそうしている。悲壮な思いを胸に秘め、私は私で好きにしているからいいんだ、と意地を張りながらね。
しかし、そんな社会は個人を尊重した上での自由があるとは言えない。

さらに、そういうある種の無頼派みたいな選択をさせる事で、そういう人の中の少なくない数の人を人権問題や社会問題に対して無関心な人間にもさせている。
社会問題に関心を抱いたとしても、ベーシックな部分で自分自身の自我が実体験しているストレスや違和感を正面から捉えようとしていないものだから、特定の事柄では思考が停止して歪んでいるのが分かる。いわゆるコンプレックス、「心のしこり」として。

ストレートに「何故そんな事を言われなければいけないんだ!」という形の反発にならないのは、日本社会で伝統的に吹聴されてきた様々な「精神論」が、そういった自由に生きたい願望を持つ個々人の中にも内面化されていて、邪魔をしているからに他ならない。

「空気を読んで」「忖度で」「協調性を重んじて」「自分は我慢して」「根性で」みんなのためになる事をしているんだ、という意識。また、そういう刷り込み。
それらが「人間はまず自分の意見や感じている事を言うところからしか、互いの妥協点を合議しようもない」という道理を抑圧している。


アンドリュー・キーンの本を読んでいたら、イギリスの14歳から21歳までの若者がインスタグラムに投稿する写真のほぼ50%が自撮りだそう。別にたまたまあるデータがイギリスなだけで、西洋社会で自撮りは普通らしい。
私がインスタ投稿の半分を自撮りにしたら総スカンだな。

日本人が如何に自己アピールには消極的で、妬みの心に満ちているか、改めて痛感させられる話に感じた。
多分、普通の日本人の多くはそういう話を聞いても「イギリス人や西洋人て、なんて自惚れ屋さんなんだ」と笑うくらいな話なんじゃないか。

もちろん、写真自体に凝っている人なら自撮りが一番のテーマになる訳ない。
でも、そうでもない一般人がスマホや簡易カメラを使って写真SNSに投稿する第一が「やあ、僕だよ!」になるのはとても自然な事だと思う。
それを日本人だと、いろんなプレッシャーが働いて素直に出来ないんだろう。

私は少なくとも投稿の半分を自撮りにするには相当な努力が必要なレベルだ、とは断言出来るので、自撮りなんて実際大してしていないのだが、たまにやったら意外な人々から反応があったので、以前よりは増やした程度の事だ。
モデルの20代の女の子や人生を謳歌していそうなムキムキの海好きの青年からメッセージをもらうなんて、私が長い間ブログを書いていても全くなかった現象で、単純にそれが嬉しかった。

でも、そこで自分でも少なからず抵抗感があったし、日本じゃなければこんなプレッシャーを感じない、というのは経験上はっきり分かっているので、改めて「これはなんだ?!」と考え出した訳だ。
もっと、根底にある文化的な部分への疑問や追及が何故これほどまでに少なくてスルーされがちなのか。そこの部分は私が子供時代から一貫して抱いている、この社会への疑問に通底する。


別に西洋人じゃなくても、例えば韓国人の若い子でも友達同士で撮りあっこしているのを眺めていると、「私ってどう?」的なキメのモデルポーズを作る。
日本人は、今でもそういうの自体を一々笑い物にする傾向が強い。本当は自分でもカッコつけたいし、他人を見下す気持ちと同じ分だけ優越感を感じたい競争心もあったりするのに。平均的な基準からして歪んでいると感じる。
それは「謙虚な文化だから」という次元の話では済まない。他人に干渉しているからだ。

ただ、西洋人でも結局若い世代の自撮り投稿の方が多いらしい。つまり、やはり相対的に若くて輝いている時の自分を積極的にアピールするか、しないかの違いみたいだ。
でも、私みたいに中年のくたびれたおじさんの写真でもインスタグラムへアップしていると、私よりずっと若い世代のモデルの子とかが真っ先にいいね!とかフォローとかしてきて、彼ら彼女らの投稿写真を見てみると、世間的な美醜の基準なんか関係なく、自身の人生を謳歌し、愛している人々だと伝わってくる。

そういう若者にとっても、この社会のプレッシャーは脅威で苛立ちでストレスフルなんだと思うんだね。でも、冴えないおじさんもまだまだ自分を写している。若いうちだけで萎縮しなくてもいいんだ、多分そういう気持ちも含めて反応してくれるんだと思う。直接そんな感じの話をしてくれた若者もいた。

結局、好みは人それぞれ、美醜の基準もまちまちな中で、自分の憎悪や妬みを、他人に強要するかしないか、の違いなんだ。
でも、そういう形の同調圧力を個人にかけている社会のあり方が無罪放免になったままで、個人がそれを引き受けるような精神論に持っていくのも根の深いねじれを感じる。
私が問題にしているのはそこだ。


多分、日本人の多くは、未だに本気で個人が自身の尊厳に基づいて自由に生きていいんだ、と堂々と主張出来ないんだと思う。
大きな社会的大義がありそうであれば、それを「みんなのためになる事だから」「私の私心で主張行動しているのではないから」と言って自己を正当化し、他者にもその正義を「従わなければいけないもの」として声高に主張し出すのだけれど、ここが私からすると全くのナンセンスで、日本の左翼や市民運動の文化的トーンの多くにも共感出来ない部分。

「みんなのためになる」と誰の主観や実感情があった上で、それに恭順しているのか?
私・本人だ。
その人が好ましいと感じ思う事があって、それを他の人も一定数同じように感じていると分かったので、それに同調する事が出来ただけだ。

他の人に「こうした方がいい」と主張する時にも、それは絶対的正義なんかじゃない。なんかその辺りが激しく混乱したままで社会の公正とか民主主義とか言っているから、やはりそういう特殊な人種がいる、という扱いで終わりがちになる。
自由ってなんなんだ、という根本的な問いかけ、今ある常識とされているものへの筋道立てた反論、というものも重要だと感じる。

[PR]
by catalyticmonk | 2018-01-05 01:44 | 表現の自由 | Comments(0)


溢れ出る部分を勝手にやっています。異端者のあなた、多分私はあなたの味方か仲間です。 河元玲太朗


by catalyticmonk

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
インド生活
貨幣経済
学校教育
チャップリン
経済開発と環境破壊
忘れ物
輪廻転生
言論の自由と情報リテラシー
自己経歴
名古屋及び尾張地方の土地柄
貧困差別・人権教育
不安夢
旅の糧
異端者を作り出し疎外する社会
瞑想センター
大量消費社会の本質
読書
Drawling Stone
ネアンデルタール人
盗作事件
プロパガンダ報道
ゆとり社会
皆影響され翻弄される
人間は必ず過ちを犯す
地球人
優越感の生物学的功罪
グローバリゼーションと全体主義
衆愚政治の回避と個の確立
季節の変わり目
ネグレクト、児童虐待
生と死のリテラシー
宗教の救済性と排他性
地元意識と首都
ブラック企業
反戦
湯宿ファンタジー
福島第一原発事故
陰謀論とオカルト
魔女狩り
性の分断
ジェンダー
依存症
ネオテニー論
ゲマインシャフト
希望社会
意思疎通
メディアリテラシー
個の尊重と人権
イスラエル
風俗業
集団的自衛権
嫌韓嫌中
サイコパス
ごみ屋敷
呪術
ファッション
食品添加物
ポジティブ思考
表現の自由
太鼓持ち芸人
無縁社会
経済と個人の実存
ヤンキー文化
精神医療
監視社会
相互抑圧
思想の自発的更新性
消費課税
高度情報化社会とSNSに感ずる諸々
草の根市民運動と選挙
マイノリティー差別
喫煙
人間の尊厳
支配構造
地震
食事
セクシャリティ
推敲
オトコ
アイドル
人権
医療問題
ハリウッド
ハイコンテクスト文化
神道とヒンドゥー教
いじめ問題
トンデモ情報
未分類

フォロー中のブログ

最新のコメント

接客していても、買い物を..
by 通りすがり at 03:10
> 23さん 確かに、..
by catalyticmonk at 15:25
10代、20代の馬鹿女に..
by 23 at 11:22
管理人さんは「右翼思想犯..
by 脊髄反射を厭う右の人間より at 09:47
私だったら、ストレートに..
by catalyticmonk at 03:26
さて、その上でここから先..
by catalyticmonk at 01:07
別にそういう事はいくらで..
by catalyticmonk at 01:06
大学4年男です。 自分..
by dai at 15:08
ありがとうございます! ..
by catalyticmonk at 11:13
どういう検索ワードか忘れ..
by a.o at 21:14

メモ帳

最新のトラックバック

venushack.com
from venushack.com
venushack.com
from venushack.com
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
呪術師,寄合,メディア
from 哲学はなぜ間違うのか
シールズ関西のブログ記事
from 御言葉をください2

ライフログ

検索

ブログパーツ

最新の記事

付きまといといじめ心理
at 2018-10-15 23:50
議論と寛容
at 2018-10-01 00:24
トラウマを乗り越えることにつ..
at 2018-09-30 23:08
トラウマを乗り越えることにつ..
at 2018-09-29 00:12
トラウマを乗り越えることつい..
at 2018-09-28 22:39
異なる正義のあなたと私が共に..
at 2018-09-25 00:26
協調性に満ちた吊し上げ社会
at 2018-08-28 00:50
エホバの証人
at 2018-08-16 23:02
信頼と絆の根
at 2018-08-16 12:36
このいじめ体験の告白動画、感..
at 2018-08-07 00:44
私がトンデモ情報に慎重な理由
at 2018-08-06 00:03
強い個性を求めない日本の大衆文化
at 2018-08-05 11:29
忘れ物
at 2018-08-02 22:46
人間存在の自由尊厳と政治制度..
at 2018-07-30 00:17
公衆道徳の劣化と混乱②
at 2018-07-03 01:43
公衆道徳の劣化と混乱②
at 2018-07-03 01:43
照れずに自己アピールするか、..
at 2018-07-02 00:23
就活と異端者
at 2018-07-02 00:15
政治や文化環境が助長している..
at 2018-07-01 23:37
自分完全正義偉い!の人
at 2018-07-01 23:21

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

健康・医療
哲学・思想

画像一覧