旅の糧(7)

e0296801_18342849.jpg
この話の後、時系列で書くなら二度目のロサンゼルスでの思い出も色々書かなきゃいけないんだけど、まあ、それはまた長くなるから、とにかくこの時期の後で日本に帰国したらどうだったか、を久しぶりに少しだけ書いてみる。

ここまでに書いてきた「旅の糧」シリーズ(全体:https://catalytic.exblog.jp/i21/)は、18~19歳の頃の話だ。だから、本当に小さな子供みたいだったな。特に大柄な西洋人に囲まれていると自分でもそんな気分になっていたね。
ところが日本へ帰ってくると、もう一人で2年も放浪した後だから日本人の同世代が幼く見えちゃって、私は元々特別童顔なんだが周囲の大人にも25歳か27歳くらいに思われて、変な感じだったなあ。

例えば、20歳で東京に居つくでしょ。もう最初から標準語が話せているんだけど、それは東京で覚えたんじゃない。海外でたまに会う日本人との会話から吸収したもので、普通に地方出身の若い子が東京に憧れて出てきた、なんて感覚もないんだよ。そこが日本の海外の窓口だったから、まだ向こうで会った友達のつながりもあったんで、日本だとここしかない、みたいな感じだった。田舎に行くと、それこそ化石みたいに古い固まった世界があるように感じて、一瞬でこりゃダメだ、と当時の私は思った。

それで、今度は東京で同世代の美大生の若者たちと仲良くなったりするんだけど、それは彼らが同世代の集団の中では一番自由で、感性的にも進んでいて、会話が合ったので、そうすると向こうが勝手にこちらを同類と認識して遊びに誘ってくれたから。

でも、やっぱり滅茶苦茶子供に感じちゃうんだよ。普通の日本社会の大衆文化的な流行とか通念に染まっていないだけ、ずっと付き合いやすかったんだけど、なんだか子供みたいなコンプレックスを持っていて会話が急に理性的・論理的でない進行をしたり、感情的な拗ね方や人前で泣き出すなんて事があった。
そういう部分は、もう異国の地で一人で生きていなきゃいけなかったから、20歳の頃の私には全くなかったんだな。いや、今よりもサバイバルのために気を張らなきゃ、っていう思いが標準設定で根付いていて気が強かったかも知れない。

気が強い、という意識すらないんだけど、日本へ帰国して同年代の若い子を相手にしていると、気付くとそんな形になっている場合が多かった。やはり、日本人の積極的に自分の意思表示をしない、必要と思えば本気で問題に立ち向かわなければいけないシビアなシチュエーションを滅多に体験しない環境が、日本人特有の幼さを形成している印象があった。

ロックバンドやってるぜ、って同世代の若者でもね、やっぱり日本の平和な社会の中で大学進学で上京したり、社会のステイタスや既定路線の文化に従って友達と競い合ったり、冗談言い合ったり、女の子を口説こうとしていたりして、そういう中でのちょっと突っ張っている態度だったり、カッコつけている感じだったから、別にこちらに張り合う気がなくても、そこが自然に透けて見えてきちゃって。
そうすると何も言わないでも若くて繊細で、特にアートとか音楽とか志している感性の鋭い若者には怖いものがあったみたいで、そういう事を何度も言われた。その意味が何か、具体的に見えてくるのはもっと後年で、当時は周囲の反応で理解出来ない事だらけだったけどね。

だから、子供から大人への過渡期が、私の場合は丸々日本文化の文脈が欠落していて、そこら辺が日本人的な感覚で見た場合に等身大の人間像が掴みにくい正体不明な印象を与える雰囲気につながった気もする。
私の事を何か分かりやすいイメージで捉える人もいるんだけど、聞いてみると何か随分思い込みで知らない部分を想像で埋めているものだから、モンスターか人格者か、流石にそれはないんじゃないの、と私が感じるような極端な毀誉褒貶に分かれやすい。
e0296801_18345841.jpg
e0296801_18352443.jpg

[PR]
by catalyticmonk | 2018-05-10 00:02 | 旅の糧 | Comments(0)


溢れ出る部分を勝手にやっています。異端者のあなた、多分私はあなたの味方か仲間です。 河元玲太朗


by catalyticmonk

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
インド生活
貨幣経済
学校教育
チャップリン
経済開発と環境破壊
忘れ物
輪廻転生
言論の自由と情報リテラシー
自己経歴
名古屋及び尾張地方の土地柄
貧困差別・人権教育
不安夢
旅の糧
異端者を作り出し疎外する社会
瞑想センター
大量消費社会の本質
読書
Drawling Stone
ネアンデルタール人
盗作事件
プロパガンダ報道
ゆとり社会
皆影響され翻弄される
人間は必ず過ちを犯す
地球人
優越感の生物学的功罪
グローバリゼーションと全体主義
衆愚政治の回避と個の確立
季節の変わり目
ネグレクト、児童虐待
生と死のリテラシー
宗教の救済性と排他性
地元意識と首都
ブラック企業
反戦
湯宿ファンタジー
福島第一原発事故
陰謀論とオカルト
魔女狩り
性の分断
ジェンダー
依存症
ネオテニー論
ゲマインシャフト
希望社会
意思疎通
メディアリテラシー
個の尊重と人権
イスラエル
風俗業
集団的自衛権
嫌韓嫌中
サイコパス
ごみ屋敷
呪術
ファッション
食品添加物
ポジティブ思考
表現の自由
太鼓持ち芸人
無縁社会
経済と個人の実存
ヤンキー文化
精神医療
監視社会
相互抑圧
思想の自発的更新性
消費課税
高度情報化社会とSNSに感ずる諸々
草の根市民運動と選挙
マイノリティー差別
喫煙
人間の尊厳
支配構造
地震
食事
セクシャリティ
推敲
オトコ
アイドル
人権
医療問題
ハリウッド
ハイコンテクスト文化
神道とヒンドゥー教
いじめ問題
トンデモ情報
未分類

フォロー中のブログ

最新のコメント

接客していても、買い物を..
by 通りすがり at 03:10
> 23さん 確かに、..
by catalyticmonk at 15:25
10代、20代の馬鹿女に..
by 23 at 11:22
管理人さんは「右翼思想犯..
by 脊髄反射を厭う右の人間より at 09:47
私だったら、ストレートに..
by catalyticmonk at 03:26
さて、その上でここから先..
by catalyticmonk at 01:07
別にそういう事はいくらで..
by catalyticmonk at 01:06
大学4年男です。 自分..
by dai at 15:08
ありがとうございます! ..
by catalyticmonk at 11:13
どういう検索ワードか忘れ..
by a.o at 21:14

メモ帳

最新のトラックバック

venushack.com
from venushack.com
venushack.com
from venushack.com
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
呪術師,寄合,メディア
from 哲学はなぜ間違うのか
シールズ関西のブログ記事
from 御言葉をください2

ライフログ

検索

タグ

ブログパーツ

最新の記事

付きまといといじめ心理
at 2018-10-15 23:50
議論と寛容
at 2018-10-01 00:24
トラウマを乗り越えることにつ..
at 2018-09-30 23:08
トラウマを乗り越えることにつ..
at 2018-09-29 00:12
トラウマを乗り越えることつい..
at 2018-09-28 22:39
異なる正義のあなたと私が共に..
at 2018-09-25 00:26
協調性に満ちた吊し上げ社会
at 2018-08-28 00:50
エホバの証人
at 2018-08-16 23:02
信頼と絆の根
at 2018-08-16 12:36
このいじめ体験の告白動画、感..
at 2018-08-07 00:44
私がトンデモ情報に慎重な理由
at 2018-08-06 00:03
強い個性を求めない日本の大衆文化
at 2018-08-05 11:29
忘れ物
at 2018-08-02 22:46
人間存在の自由尊厳と政治制度..
at 2018-07-30 00:17
公衆道徳の劣化と混乱②
at 2018-07-03 01:43
公衆道徳の劣化と混乱②
at 2018-07-03 01:43
照れずに自己アピールするか、..
at 2018-07-02 00:23
就活と異端者
at 2018-07-02 00:15
政治や文化環境が助長している..
at 2018-07-01 23:37
自分完全正義偉い!の人
at 2018-07-01 23:21

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

健康・医療
哲学・思想

画像一覧