日本文化について日々思う諸々

e0296801_12015746.jpg
【男共に言いたい伝言】

命に対して思う事全般の話や考え方に、やはり自分が大病してからそれ以前よりもずっと関心を持つようになって気付いた事がある。
そういった日常の体のケアや命を大切にしようと言うリアリティーや、そこへの真摯な関心の部分が、まだまだね。女性は十分理解している人が多いのだけど、男が全然ダメ。

がんをしてからこういう事に気付くようになった、もっとこういうところにも制度改善や意識を変える必要がある、みたいな話をしただけで「同情されたいのか」とか、「弱音を吐いている」とか、同様の意味合いをまたチクチクと遠回しで皮肉な物言いで匂わせたがったりね。
こっちが自分の体験を通して重要だと思うようになった社会の福祉環境やホスピタリティーについて語っていても、まるで違う方向に解釈する馬鹿が本当に大勢いるんだ。

いや、私自身はそんな態度を取られたって負けていないから平気だ。そんな、人畜無害な優男じゃ生きていけないしね。
でも実際に、それほど自分では健康や病気・福祉・医療に関する大きな体験をしていない男社会の中で生きる多くの男性の意識が、世の中がそうした方向に向くのを大きく妨げている、とはっきり分かるから腹立たしい。

e0296801_12031979.jpg都合のいいところでだけ観念論を持ち出してきて、カッコつけた事を言うのだけれど、同じ人物が病気やトラブルに遭った事後まで観察していると全然ダメで。ただその場で粋がって自分が立派な人物であるかのように吹聴するために、「根性が」とか、「明るい事だけ考えて生きるんだ」とか言っていたのだと分かる。
薄っぺらに見栄を張る事こそカッコ悪い、と私は思うのだけど、違うのかね?

中には、自分でも病気をしたり、家族に問題があった人でさえ、何故かそういう事柄に粗雑なままだったりする人物もいて、まあ、そういう人は余程頑丈か健康な暮らしを出来る環境にない限り、いずれ自分自身でそのツケを払う事になると思う。
弱肉強食の強者の論理みたいな物差しを、自分が強者でもない社会の底辺にいる男まで自分の美学として受け入れちゃっている傾向があって、そうやって弱い立場の人を無自覚かつ粗野に苦しめているのが許せない。
馬鹿で粗忽な奴はひと迷惑だから、全然カッコよくない。それを男らしさと勘違いしている輩を真性の馬鹿と呼ぶ。

この社会でホスピタリティーや医療制度、福祉社会の実現を妨げているのは、男性社会の変な意地、という形で継続されてしまっているオトコ文化だね。
そこは、本当に全面的に改められた方がいいと思う。


【名前に便乗した優越感と反知性主義】

名前に便乗するコマーシャリズムや権威主義に怒りを持つのに、自分の変な虚栄心やプライドが基準になっていたらもっと陳腐だ。

例えば、ワールドカップで「ニッポン!ニッポン!」と叫んで高揚するのも個人の自由ではあるのだけど、オリンピックのスケート競技の盛り上がりとセットで、事あるごとに韓国人選手を感情的に馬鹿にしている人がいるのも見た。そういうのは要らない感情だ。

昔、東京の下町育ちの奴が、私が路上販売の口上でインチキ下町言葉を使ったら、特に間違った言い方でもなかったのに、こんな文句を言ってきた事もある。
「江戸っ子でもないのに、そういう事を言うのは不愉快だ」と。別に人形に調子のいい能書き言わす台詞として言っただけで、東京生まれを詐称した訳でもないのに、だ。
そんなに東京に生まれ育った事が偉えのかよ、って思ったね。

ちなみに私は父親・父方の祖父母が東京生まれだったり、途中まで東京育ちだったりして、それで愛知県出身でも家庭内では標準語で育ったものだから、「坊ちゃん言葉だ」って馬鹿にされて、田舎の工場城下町の粗野なガキ共に小学校入る頃くらいまでいじめられていたんだ。
愛知県では坊ちゃん言葉だといじめられ、東京生まれの奴からはよそ者が東京の言葉を知ったかぶって使うな、と言われたら、じゃあ、私自身の自由はどうなる?
人の権利が、何か育った土地とか、家柄とか、特定の評判・地位に依拠するという誤った思い込みがあるから、そういう発想が出てくるんだ、と私には分かる。

名前に便乗した優越感、みたいなのは反知性主義の大きなサインでもあって、考える力が低下してくると自ずと拡大してしまうものだとも思う。狭量なナショナリズムも、結局そうした社会的土壌が強いほど広まりやすい。それが今の時代だ。

この国は教育やメディアの情報発信が、そもそも自主的な判断力や思索の成長を妨げているところがあって、最近ではそこにインターネット文化の影響も絡んできている気がする。
政府からの払い下げ土地に大手新聞社の社屋を建てているから、彼らの権力への追及は本気ではない。そういう出来試合から抜け出すためにインターネットと読書だ、と言う人も増えてきている。

e0296801_11512001.jpgただ、ネットの情報は不十分で浅い事が多いし、いい本屋が減っている。身近にある程度ジャーナリズム精神のあるメディアの情報が有ると無いとでは大違いだろう。
本当に、今の若い子、言葉を知らない。日本語しか知らない上に、自分の母国語もよく分からない、というのは、考える能力の土台そのものを損なうので非常に危うい。
その意味では、新聞文化世代の方が言葉をよく知っている。情報は偏るかも知れないが、日常生活に近い場所にある活字文化、しかもそれが日々アップデートされる価値、と言うのは、やはりインターネット文化では弱い。

一人一人がきちんと考えていく文化、というのは、やはり制度的に教育が変わっていかないと難しいのか。


e0296801_12040916.jpg
【なぜ政治に興味を持つか】

若い奴に、
「河元さんは、なんで政治っぽい事に興味あるんすか?そんなのだるいじゃないっすか。自分は自分でいいんじゃないですかね。
俺、嫌いなんすよ。自分の不満を社会のせいにしてギャーギャー騒いでいるような連中が。ああいうのウザいじゃないっすか。河元さんはまるでそういうタイプにも見えないんで、不思議なんですけど」
と、割と直球勝負な質問を投げかけられた。

金にがんじがらめだと人生に何もない訳よ。やっぱり、そこの虚しさを埋めるために政治に目が向く、というのは多いと思う。

大した金にならない労働でも「遣り甲斐を持て」とか奴隷労働を強いられるでしょ。それが馬鹿馬鹿しくなった人が、自営業始めたり、職人でもない底辺の日雇い肉体労働者になったり、テキヤやギャンブラー、犯罪社会の人間になる。
社会の外側で金もないんだから孤独だよ。それでまた、無理してサラリーマンになったり、職人、ヤクザになったりする。

そう、私の頭の中の分類では、職人、ヤクザ、サラリーマンは集団主義の社会に埋没して安定と所属を確保する、という意味に於いて同種だ。
最近は、ヤクザは絶滅危惧種になってきて、安定もないけど。でも、ヤクザとチンピラの境目って、やっぱり組織に身を置くかどうか、が大きい訳だ。

で、まあ、大概の庶民はそうやって生きていくのに精一杯。
なので、大雑把には二択になるのさ。
①社畜・労働奴隷になるのと引き換えに少しの収入安定と社会的地位、居場所を得るか、
②それを嫌って多少の自由の代償に、孤独でさらに貧困だったり日々が賭けだったりする安定とは無縁な暮らしを選択するか、
どちらも結局楽じゃないから、みんな、その瀬戸際で行ったり来たりする。

e0296801_12022966.jpgでも、そういうのは結局、政治や文化の問題なんだね。個人が自分の人生の中で解決しようとして、精神論に行ったり、直接的に経済的成功を求めようとするんだけど、堂々巡りになる部分は多いからさ。

精神的な理想を求めてどっかの島に移住して、地元の人の狭い村社会意識にやられて失望して帰ってきた奴とかもいたし、それで、なんとか居場所を見つける人もいるけど、選択肢が狭い中で視野狭窄気味になって保守化する人が多いのも知っている。

じゃあ、なんでそこまであがいているのか、ってなった時に、そこには既に出来上がっている社会の文化の問題だったり政治の構造というものが厳然と立ちはだかっている訳さ。
そこで直接政治って部分に目を向け出すと、自分が人生に感じている虚しさや胸のつかえが軽くなる、そういう事が多いんだよね。
e0296801_12025710.jpg

[PR]
by catalyticmonk | 2018-06-25 00:24 | 希望社会 | Comments(0)


溢れ出る部分を勝手にやっています。異端者のあなた、多分私はあなたの味方か仲間です。 河元玲太朗


by catalyticmonk

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
インド生活
貨幣経済
学校教育
チャップリン
経済開発と環境破壊
忘れ物
輪廻転生
言論の自由と情報リテラシー
自己経歴
名古屋及び尾張地方の土地柄
貧困差別・人権教育
不安夢
旅の糧
異端者を作り出し疎外する社会
瞑想センター
大量消費社会の本質
読書
Drawling Stone
ネアンデルタール人
盗作事件
プロパガンダ報道
ゆとり社会
皆影響され翻弄される
人間は必ず過ちを犯す
地球人
優越感の生物学的功罪
グローバリゼーションと全体主義
衆愚政治の回避と個の確立
季節の変わり目
ネグレクト、児童虐待
生と死のリテラシー
宗教の救済性と排他性
地元意識と首都
ブラック企業
反戦
湯宿ファンタジー
福島第一原発事故
陰謀論とオカルト
魔女狩り
性の分断
ジェンダー
依存症
ネオテニー論
ゲマインシャフト
希望社会
意思疎通
メディアリテラシー
個の尊重と人権
イスラエル
風俗業
集団的自衛権
嫌韓嫌中
サイコパス
ごみ屋敷
呪術
ファッション
食品添加物
ポジティブ思考
表現の自由
太鼓持ち芸人
無縁社会
経済と個人の実存
ヤンキー文化
精神医療
監視社会
相互抑圧
思想の自発的更新性
消費課税
高度情報化社会とSNSに感ずる諸々
草の根市民運動と選挙
マイノリティー差別
喫煙
人間の尊厳
支配構造
地震
食事
セクシャリティ
推敲
オトコ
アイドル
人権
医療問題
ハリウッド
ハイコンテクスト文化
神道とヒンドゥー教
いじめ問題
トンデモ情報
マイノリティー
ヤンキー文化とオタク文化
未分類

フォロー中のブログ

最新のコメント

また、それもよくありそう..
by catalyticmonk at 23:27
接客していても、買い物を..
by 通りすがり at 03:10
> 23さん 確かに、..
by catalyticmonk at 15:25
10代、20代の馬鹿女に..
by 23 at 11:22
管理人さんは「右翼思想犯..
by 脊髄反射を厭う右の人間より at 09:47
私だったら、ストレートに..
by catalyticmonk at 03:26
さて、その上でここから先..
by catalyticmonk at 01:07
別にそういう事はいくらで..
by catalyticmonk at 01:06
大学4年男です。 自分..
by dai at 15:08
ありがとうございます! ..
by catalyticmonk at 11:13

メモ帳

最新のトラックバック

venushack.com
from venushack.com
venushack.com
from venushack.com
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
呪術師,寄合,メディア
from 哲学はなぜ間違うのか
シールズ関西のブログ記事
from 御言葉をください2

ライフログ

検索

ブログパーツ

最新の記事

服従させるための精神論の罠
at 2018-12-15 23:02
服従させるための精神論の罠
at 2018-12-15 23:02
超管理社会と人間性の屈折
at 2018-12-10 23:32
人はそれぞれの背景ごとに違う..
at 2018-12-06 00:37
ヤンキー VS オタク
at 2018-11-27 23:51
流通とアライアンス
at 2018-11-27 23:41
生き辛さと政治行動
at 2018-11-08 00:32
話にうわの空になるオトコ
at 2018-11-07 23:40
付きまといといじめ心理
at 2018-10-15 23:50
議論と寛容
at 2018-10-01 00:24
トラウマを乗り越えることにつ..
at 2018-09-30 23:08
トラウマを乗り越えることにつ..
at 2018-09-29 00:12
トラウマを乗り越えることつい..
at 2018-09-28 22:39
異なる正義のあなたと私が共に..
at 2018-09-25 00:26
協調性に満ちた吊し上げ社会
at 2018-08-28 00:50
エホバの証人
at 2018-08-16 23:02
信頼と絆の根
at 2018-08-16 12:36
このいじめ体験の告白動画、感..
at 2018-08-07 00:44
私がトンデモ情報に慎重な理由
at 2018-08-06 00:03
強い個性を求めない日本の大衆文化
at 2018-08-05 11:29

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

健康・医療
哲学・思想

画像一覧