私がトンデモ情報に慎重な理由

e0296801_12093391.jpg
私もがんになった時に思ったが、ああいう最先端医療って、要するにギリギリな事をやって、それでも完治出来ないから、患者も藁をもすがる気持ちになる訳だ。

そういうところに、良かれと思ってだろうが、いろんな人が民間療法の色々とそれぞれ矛盾する方法の話を持ってきて勧めるものだから、それで大金を使ったり、かえって判断を誤って必要な治療を遅らせたりする場合があるんだよね。がん病院なんかに入ると、みんな正規の病院選びですらそれぞれ処置方法が違うところに混乱させられる話を知り合いが持ってくるから、散々右往左往してきた、という話が多かった。

そういう体験があるので、私は民間療法の中にも一定効果があったり、特定の症状と体質の人に効く方法も多々あるだろう面は認めた上で、定かでない話にはかなり慎重でいる。
その人自身が試してもいない話を勧めてきて、乗らないと明らかに不機嫌になる人までいた。トンデモ情報を簡単に信じる人ほど知的に冷静でなく、思い込みの激しい傾向があるので、そうした理不尽な態度につながりやすいようだ。

また、勧めてきた相手が仮にがん経験者であっても、それぞれの治療法が矛盾している中でたまたまその人に効果があっただけであって、やはり効かない人もいる話を強く勧められると、罪作りな面もあると思う。ただでさえ気力のいる選択判断を、病状で消耗している中で必死にしている時に、相当迷惑な時があるものなのだ。

そういう一切合切が、他人の善意なんだから、ぞんざいに扱うな、と当事者でない人の基準で語られる空気も日本社会にはあって、がん患者が治療中に自分から外の世界の情報を遮断する事につながる場合もある。
私はがん治療の専門病院にいて、病棟でいろんな他の患者さんと話したが、みんな、ほとほと困り果てていたのが強烈な印象として残っている。

また、私がトンデモ情報に慎重な理由全体は、個人的な育ちから受けた影響も小さくない。
母親は、私の子供時代にカルト宗教に入っていた事でも分かるように、かなり眉唾モノの精神論や迷信に振り回される人で、父親もドラッグなんかにも手を出していた癖に60年代後半にヨーロッパやアフリカ、インドに行ってヒッピーのような事をしていた人物で、オカルトがかった話に惹かれやすい人だった。

母は膠原病という免疫不全の難病に罹っており、救いを求めていたのだろう、とにかく嫌な事は意識したり口にしなければ物事が良い方向に転ぶ、という観念論を信じていた。
それで実際の態度はどうかと言うと、例えば自分が新興宗教に勧誘した事により私の幼馴染の両親が仲違いして離婚した事に関しても、それは他人の家庭の事だから、と一切気に留めている様子がなかったり、困った事があっても具体的に解決策を模索せずにすぐに現実逃避をする、という呪術的な対応の域で、結果非力な感じでどんどん追い詰めれていくのだった。

夫の実子への暴力に対しても自分でもおかしいと思っているのにただ黙認服従、自分がきちんと子育て出来ない事にも強いコンプレックスがあったようで、私が母の住む平屋に来ている間に自分の体調が悪くなって寝込み出しても、母方の実家から祖父や叔母が心配して訪問して来るまで幼い我が子に食事も与えず、また私が一人で勝手に祖父母の家まで行くのを禁じる、といった感じで、私も早くから彼女に母親らしい庇護を期待するのを諦めていた。

彼らは人間的には虐待ネグレクトの破綻した親で、私の面倒も母方の実家に依存していたし、父親に関しては実家の家業を継いでから保守化と横暴な支配性が高まって、最後は母親に慰謝料も払わずに愛人と再婚していった。
だいたいが、父がヒッピーだったと言っても、彼は最初空手の指導員としてヨーロッパに行って、そこで向こうのチンピラと喧嘩に明け暮れながら時代の風潮でドラッグに手を出し、ヒッピー文化にも自然に触れていた、という人物で、高尚な理念なんて端からなかったのだと思う。だけれど、受け売りで中途半端に様々な観念論を母に吹き込んでしまったよう。
つまり、私には彼らの唱えていた精神論が徹底追尾説得力がなかった訳だ。

でも同時に、そうした子供時代から、神を信じていた事が私の精神をギリギリのところで支え続けてきていた。
だから私は無神論者でも唯物論の立場でもなく、長年の屈折した思いを見極めるためにもインドまで行って東洋の精神伝統を文化学校や瞑想センターなどで学んだ。その中で私の中では解消された葛藤や確信もある。

だから、現時点で知られている、または正しいと多数の人が思っている情報や常識のみが必ず正解であるとは決して考えないのだが、そういった自らの諸々の体験と実感の総合として、すぐに刺激的でワクワクするような情報を確証もないままに信じ込むという、所謂陰謀論、トンデモ発想には慎重で懐疑的なのだ。
e0296801_12100214.jpg

[PR]
by catalyticmonk | 2018-08-06 00:03 | トンデモ情報 | Comments(0)


溢れ出る部分を勝手にやっています。異端者のあなた、多分私はあなたの味方か仲間です。 河元玲太朗


by catalyticmonk

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

カテゴリ

全体
インド生活
貨幣経済
学校教育
チャップリン
経済開発と環境破壊
忘れ物
輪廻転生
言論の自由と情報リテラシー
自己経歴
名古屋及び尾張地方の土地柄
貧困差別・人権教育
不安夢
旅の糧
異端者を作り出し疎外する社会
瞑想センター
大量消費社会の本質
読書
Drawling Stone
ネアンデルタール人
盗作事件
プロパガンダ報道
ゆとり社会
皆影響され翻弄される
人間は必ず過ちを犯す
地球人
優越感の生物学的功罪
グローバリゼーションと全体主義
衆愚政治の回避と個の確立
季節の変わり目
ネグレクト、児童虐待
生と死のリテラシー
宗教の救済性と排他性
地元意識と首都
ブラック企業
反戦
湯宿ファンタジー
福島第一原発事故
陰謀論とオカルト
魔女狩り
性の分断
ジェンダー
依存症
ネオテニー論
ゲマインシャフト
希望社会
意思疎通
メディアリテラシー
個の尊重と人権
イスラエル
風俗業
集団的自衛権
嫌韓嫌中
サイコパス
ごみ屋敷
呪術
ファッション
食品添加物
ポジティブ思考
表現の自由
太鼓持ち芸人
無縁社会
経済と個人の実存
ヤンキー文化
精神医療
監視社会
相互抑圧
思想の自発的更新性
消費課税
高度情報化社会とSNSに感ずる諸々
草の根市民運動と選挙
マイノリティー差別
喫煙
人間の尊厳
支配構造
地震
食事
セクシャリティ
推敲
オトコ
アイドル
人権
医療問題
ハリウッド
ハイコンテクスト文化
神道とヒンドゥー教
いじめ問題
トンデモ情報
マイノリティー
ヤンキー文化とオタク文化
未分類

フォロー中のブログ

最新のコメント

また、それもよくありそう..
by catalyticmonk at 23:27
接客していても、買い物を..
by 通りすがり at 03:10
> 23さん 確かに、..
by catalyticmonk at 15:25
10代、20代の馬鹿女に..
by 23 at 11:22
管理人さんは「右翼思想犯..
by 脊髄反射を厭う右の人間より at 09:47
私だったら、ストレートに..
by catalyticmonk at 03:26
さて、その上でここから先..
by catalyticmonk at 01:07
別にそういう事はいくらで..
by catalyticmonk at 01:06
大学4年男です。 自分..
by dai at 15:08
ありがとうございます! ..
by catalyticmonk at 11:13

メモ帳

最新のトラックバック

venushack.com
from venushack.com
venushack.com
from venushack.com
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
呪術師,寄合,メディア
from 哲学はなぜ間違うのか
シールズ関西のブログ記事
from 御言葉をください2

ライフログ

検索

ブログパーツ

最新の記事

服従させるための精神論の罠
at 2018-12-15 23:02
服従させるための精神論の罠
at 2018-12-15 23:02
超管理社会と人間性の屈折
at 2018-12-10 23:32
人はそれぞれの背景ごとに違う..
at 2018-12-06 00:37
ヤンキー VS オタク
at 2018-11-27 23:51
流通とアライアンス
at 2018-11-27 23:41
生き辛さと政治行動
at 2018-11-08 00:32
話にうわの空になるオトコ
at 2018-11-07 23:40
付きまといといじめ心理
at 2018-10-15 23:50
議論と寛容
at 2018-10-01 00:24
トラウマを乗り越えることにつ..
at 2018-09-30 23:08
トラウマを乗り越えることにつ..
at 2018-09-29 00:12
トラウマを乗り越えることつい..
at 2018-09-28 22:39
異なる正義のあなたと私が共に..
at 2018-09-25 00:26
協調性に満ちた吊し上げ社会
at 2018-08-28 00:50
エホバの証人
at 2018-08-16 23:02
信頼と絆の根
at 2018-08-16 12:36
このいじめ体験の告白動画、感..
at 2018-08-07 00:44
私がトンデモ情報に慎重な理由
at 2018-08-06 00:03
強い個性を求めない日本の大衆文化
at 2018-08-05 11:29

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

健康・医療
哲学・思想

画像一覧