カテゴリ:瞑想センター( 1 )

紙一重

e0296801_09250213.jpg

e0296801_14262593.jpgネパールの首都カトマンドゥの某瞑想センターで、私と私のセンター内で同室のドイツ人がそこで赤痢になったのは2005年のことだった。同じ年に別のドイツ系ポーランド人の友人もそこでツツガムシ病になった。
私とルームメイトはコース後すぐに発症したので、そこで感染したことは間違いない。ドイツ系ポーランド人の友人は10日間の瞑想コース中に容態急変、地元の病院に行っても原因が特定されず、飛行機でガールフレンドの住む日本にまで行き東京の病院でようやくツツガムシ病と判明した。

そのワールドワイドな瞑想センターのカトマンドゥ道場には、コース中にこれまた世界的有名人である高齢のセンター創始者自身も生徒の前に現れることもあったし、経験豊かな古参の大変風格ある指導者の先生方が多くいらっしゃったから、そのセンター施設そのものの風光明媚さも相まってとても評判の場所だった。
が、たて続いて自分自身と身近な知り合いが結構な伝染病を患ったのは事実だから、そうした一般的に参加者にとって魅力的な要素とは当然分けて視ていくべきだ。

私とルームメイトの感染した病気は、アメーバ赤痢若しくは細菌性赤痢だった。
腸内にガスがたまり、痙攣性の腹痛。全身の倦怠感、悪寒を伴う高熱。長雨の続くカトマンドゥの安宿でがたがた震えながら悶絶することとなった。

大腸・直腸・肝臓に潰瘍を生じ、いちごゼリー状の粘液血便を一日数回~数十回します。量はあまり多くなく、粘液や膿状物に新鮮血が線状・点状に付着し精液臭がある。
私の場合はまさに一日二十数回ほど膿粘血便が出て、毎日水を買いに外に出るのも冷や汗もので、十日間ほどは完全な絶食状態だった。一時は真剣に自分は死ぬんだろうか、とさえ思ったのだが、目の前にある病気の苦しさの方が先で不思議と恐怖心はまったくなかった。
回復後の私はまさに骨皮筋エモンで、やや下腹が中年太りした今からすると夢のような話なのだが、それでも二度と体験したいとは思わない。

治療方法としてはメトロニダゾール、テトラサイクリンなどを投与する。放って置くと慢性化し、再発しやすくなる。
通常は発症しても軽症だが、衰弱により死亡することもある。原虫が門脈を経由し肝臓に達し腸外アメーバ症を発症する。
感染源は回復期患者、サル、ネズミ、シストに汚染された飲食物などであり、感染経路はシストの経口感染。ハエ、ゴキブリによる機械的伝播も起こるそうだ。

コース直後に飛行機に乗ってバンコクへ行ったルームメイトはタイ到着直後に発症し、タイ訪問の直接の目的でもあった同瞑想センターのタイの某道場でコースを受ける予定をキャンセルして緊急入院、私はというと三週間目くらいから薬局で処方された薬を飲んで治しただけだが、これはインド・ネパールの医療事情を書かないと理解出来ない話かも知れない。
インド・ネパールは病院などにはいけない貧困層が圧倒的多数なので、大多数のひとがただの薬局をすべての病気に対する頼りとしている。なので、薬局が簡単な問診と診断、薬の処方までしてくれるのだ。
私も薬局でアメーバ赤痢と診断され、メトロニダゾール、テトラサイクリンなどを飲んだら事実それまでの猛烈な症状が徐々に収まり回復していった訳だ。恐るべし、ネパールの薬局。しかし、この「頼りになる薬屋さん」現象はその後インドでも度々経験することになる。

私自身コース自体は良い経験だったし、別の多くの知り合いも同じセンターでコースを受け、大変歓喜極まる様子で語るのを幾度となく直接耳にした。しかし、私達のそうした感染症事件を語ると、「それはあなた達のカルマが体の表に出たんじゃないの?センターのご飯も最高においしかったよ」などといった調子の反駁をされること度々だったので閉口した。

ところで、瞑想に関心を持ったことのない人に「瞑想」なんて言うと、何かとても精神的な、ある種気の持ちようのような次元の話のように想像する方もいるようだが、実際ある種の瞑想は生理学的なテクニックであり、身体感覚の上でも劇的な特異体験を呼び起こします。それが意識ならば意識状態を変え価値観に影響を与えるのはなおのことだ。
そうした事前には想像だにしなかった強烈な体験が、瞑想体験者の中でそれを与えてくれた技法や組織に対する熱烈な信奉・崇拝につながりやすい。

e0296801_14322758.jpgそれらの出来事は2005年頃で、今は当地の瞑想センターに問題はなくなっているかも知れない。しかし刑務所から直接送られてくるネパール人受刑者のコース参加者を受け入れていたこともあり、不可測に何らかのウィルスが度々持ち込まれていた可能性も否定出来ない気がする。
そうした衛生問題に具体的に警鐘を鳴らそうとしたところ、前述のようなコミュニテーの壁にぶち当たり、私自身が一ヶ月ほど赤痢の闘病で疲弊したこともありセンターそのものへ掛け合う前にネパールのビザ期間も終わり、出国せざるを得なかった。

さらに後に先述のポーランド人の友人の出来事を知るに至り、彼の件を周囲がなんて言っているかをネパールからインドに戻ってから私は第三者として聞けたのだが、気の毒にも彼の病気もヒッピー然とした彼の「カルマのせい」であるという風評がほとんどだった。しかも本人がいないところでのコース経験者の意見は、彼の容体を気遣うどころかかなり非難めいた・しかし何故か軽やかな口調で論評しており、それを目の当たりにした私は、
「こうしたことは公平な態度ではないし、人倫にもとる薄情さは、この一見善良な様子の人々になぜ引き起こされるのだろう?
このように新たな偏見を持った集団を生み出すためのコースだったのだろうか?
それほどまでに何かを理想化したい彼らの中にこそ大きな不安や自信のなさがあるんじゃないだろうか?
等々と思わざるを得なかった。

私もインドとネパールでその瞑想センターの共同体の中に一年間ほどいたのだが、雰囲気や事情は地域や時期、そしてもちろん体験する個人ごとにもまちまちのようだった。

こういう話になるとどうしても私一個人の体験談に際限なく終始していきがちで恐縮なのだけれども、身近にたて続いてウィルス性感染が起こった事実が、最後までそれが門下生の間で「普通に生活してても赤痢だ肝炎だってそこらじゅうで感染する機会のあるインドやネパールにいるのだから」、そんなエピソードは取るに足らないという強引な理屈まで用いて済まされていった経緯は、今でも非常に危惧すべき出来事の未解決体験として記憶に残っている。
たとえインド周辺国の衛生事情が元来悪くウィルスが巷にあふれているにしろ、センターの中に入ったら一定期間参加者はそこから出れないし、赤子のように無防備な状態で身を預けるのだから、それを仕方ないことのように言って看過するのは次元の違う話だということくらい分別のある大人ならば分かるはずだ。
それがコミュニティー内でどうしても「その人間のカルマが表面化するということはフィジカルにはそういうものだ」とか、「そのようなことを意識するあなたの世界観の投影が問題を作り出していることに気付くべきです」などといった観念論や個人攻撃に極めて速やかに結び付けられ、転化されていき、もっともらしく集団内で正当化される過程を目の当たりにして、私は瞑想技法により得られた経験そのものは非常に素晴らしいものだったにも関わらず、そうしたサークルと次第に距離を置くようになっていく。非常に苦渋の選択だったが、私はいつでも付和雷同を嫌う人間なのだった。

考えても見て欲しい。いったい医療面など現実的な問題にさえ一切他からの批判や疑念を受け付けない集団とは、どのような自浄作用や責任ある管理能力を持ち得るものなのだろうか?
e0296801_2332956.jpg 日本でのオウム真理教や他のカルト宗教、さらには仲間に自己総括を強いては粛清していった連合赤軍などの全共闘世代の過激派と奇異なほど類似した姿がすぐ目の前にある気がした。しかし、それはそんな特別な場所や人間に限って起こる現象ではないのかも知れない。
自分の理想像や希望的観測を現実認識と混同することこそ、あらゆる偏見や愚行の源であり、事実をありのままに受け入れその場その場で判断していく勇気こそ難しくとも本当の知恵というものなのではないだろうか?
しかしまた、私も含め、それがなかなか出来ないのが人間というものなのかも知れない。
そうした自律した判断の不在の危険と重要性が、東日本大震災の後にも起きたし、今もってこれから先に向け試されているようにも思える。

つまりオウムや連合赤軍なども実は我々と紙一重の隣人のような存在なのではないか?
だからこそ自分は過ちを犯さないなんて思い込むべきではないと私は思う。
人間は本能の壊れた生き物であるから本能が自分の行動を自動的に導いてくれるということはなく、すべての物事を一瞬一瞬の自身の判断・責任によって選択していくしかない存在であり、だからこそ誰も完全無欠などではない。
何かの過ちを自分は絶対犯すはずのない他人事のように思い込むのは結局無理な相談であって、日々切磋琢磨して生き続けていくことこそ大切なのだと自戒しつつ私は考える。

e0296801_09251958.jpg

[PR]
by catalyticmonk | 2014-02-15 00:40 | 瞑想センター | Comments(0)


溢れ出る部分を勝手にやっています。異端者のあなた、多分私はあなたの味方か仲間です。 河元玲太朗


by catalyticmonk

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
インド生活
貨幣経済
学校教育
チャップリン
経済開発と環境破壊
忘れ物
輪廻転生
言論の自由と情報リテラシー
自己経歴
名古屋及び尾張地方の土地柄
貧困差別・人権教育
不安夢
旅の糧
異端者を作り出し疎外する社会
瞑想センター
大量消費社会の本質
読書
Drawling Stone
ネアンデルタール人
盗作事件
プロパガンダ報道
ゆとり社会
皆影響され翻弄される
人間は必ず過ちを犯す
地球人
優越感の生物学的功罪
グローバリゼーションと全体主義
衆愚政治の回避と個の確立
季節の変わり目
ネグレクト、児童虐待
生と死のリテラシー
宗教の救済性と排他性
地元意識と首都
ブラック企業
反戦
湯宿ファンタジー
福島第一原発事故
陰謀論とオカルト
魔女狩り
性の分断
ジェンダー
依存症
ネオテニー論
ゲマインシャフト
希望社会
意思疎通
メディアリテラシー
個の尊重と人権
イスラエル
風俗業
集団的自衛権
嫌韓嫌中
サイコパス
ごみ屋敷
呪術
ファッション
食品添加物
ポジティブ思考
表現の自由
太鼓持ち芸人
無縁社会
経済と個人の実存
ヤンキー文化
精神医療
監視社会
相互抑圧
思想の自発的更新性
消費課税
高度情報化社会とSNSに感ずる諸々
草の根市民運動と選挙
マイノリティー差別
喫煙
人間の尊厳
支配構造
地震
食事
セクシャリティ
推敲
オトコ
アイドル
人権
医療問題
ハリウッド
ハイコンテクスト文化
神道とヒンドゥー教
いじめ問題
トンデモ情報
マイノリティー
未分類

フォロー中のブログ

最新のコメント

接客していても、買い物を..
by 通りすがり at 03:10
> 23さん 確かに、..
by catalyticmonk at 15:25
10代、20代の馬鹿女に..
by 23 at 11:22
管理人さんは「右翼思想犯..
by 脊髄反射を厭う右の人間より at 09:47
私だったら、ストレートに..
by catalyticmonk at 03:26
さて、その上でここから先..
by catalyticmonk at 01:07
別にそういう事はいくらで..
by catalyticmonk at 01:06
大学4年男です。 自分..
by dai at 15:08
ありがとうございます! ..
by catalyticmonk at 11:13
どういう検索ワードか忘れ..
by a.o at 21:14

メモ帳

最新のトラックバック

venushack.com
from venushack.com
venushack.com
from venushack.com
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
呪術師,寄合,メディア
from 哲学はなぜ間違うのか
シールズ関西のブログ記事
from 御言葉をください2

ライフログ

検索

ブログパーツ

最新の記事

生き辛さと政治行動
at 2018-11-08 00:32
話にうわの空になるオトコ
at 2018-11-07 23:40
付きまといといじめ心理
at 2018-10-15 23:50
議論と寛容
at 2018-10-01 00:24
トラウマを乗り越えることにつ..
at 2018-09-30 23:08
トラウマを乗り越えることにつ..
at 2018-09-29 00:12
トラウマを乗り越えることつい..
at 2018-09-28 22:39
異なる正義のあなたと私が共に..
at 2018-09-25 00:26
協調性に満ちた吊し上げ社会
at 2018-08-28 00:50
エホバの証人
at 2018-08-16 23:02
信頼と絆の根
at 2018-08-16 12:36
このいじめ体験の告白動画、感..
at 2018-08-07 00:44
私がトンデモ情報に慎重な理由
at 2018-08-06 00:03
強い個性を求めない日本の大衆文化
at 2018-08-05 11:29
忘れ物
at 2018-08-02 22:46
人間存在の自由尊厳と政治制度..
at 2018-07-30 00:17
公衆道徳の劣化と混乱②
at 2018-07-03 01:43
公衆道徳の劣化と混乱②
at 2018-07-03 01:43
照れずに自己アピールするか、..
at 2018-07-02 00:23
就活と異端者
at 2018-07-02 00:15

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

健康・医療
哲学・思想

画像一覧